通信教育・通信講座SARAスクールジャパン

講座で学ぶ知識

和菓子のはじまり


日本に菓子が伝えられたのは、大和時代のことです。その後、さまざまな書物に餅の名称が多く見られますが、蜂蜜、蔗糖の名が登場したのは、奈良時代後期になってからでした。平安期になり、唐より帰国した最澄が砂糖をもたらしたことで、日本の菓子は新たな局面を迎えます。唐菓子の輸入が増え、貴族の間で唐菓子を食べられるようになりました。源氏物語や宇津保物語にも、椿餅や唐菓子をあらわす唐果物の名前が記されています。同時に「水菓子」「干菓子」が朝廷へ献上されています。加工しない果物などは「水菓子」、加工するものは「干菓子」として呼ばれました。現代でも、水菓子が果物をさすように、当時の言い方がそのまま残っています。鎌倉時代になると茶の湯の流行により、中国からもたらされた点心も発展をとげます。中華料理にある点心のように、肉をつかった肉まんやスープなども点心と言われていましたが、日本の僧は肉食ができない決まりがあったため、代用として小豆が利用されました。これが羊羹の元になったという説もあります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ