ハウスクリーニングのプロが実際に使用している道具とは?

 

普段の掃除で落ちない汚れがあると、とても気になりますよね。そんな汚れであっても、ハウスクリーニングのプロに依頼すると、見違えるようにきれいにしてもらえるから不思議です。ハウスクリーニングのプロは、一体どのような道具を使用しているのでしょうか。

ハウスクリーニングのプロと同じ道具を使用することができれば、普段の掃除でも家の中をピカピカにすることができる可能性が高まります。もちろん専門的な道具もありますが、基本の道具は家庭にあるものと変わりません。今回は、プロが使用する道具について紹介します。

ハウスクリーニングに使用する道具は?

ハウスクリーニングのプロが実際に使用している道具とは?

 

ハウスクリーニングのプロはどのような道具を使用しているのでしょうか。プロはより効率的にしっかり掃除を行うため、高い効果のある道具をそろえています。まずはプロが使用する道具の概要について確認しておきましょう。

一般家庭でそろえられるものが多い

プロが行うハウスクリーニングといえども、基本的な考え方は一般家庭での掃除と同じです。そのため、プロが使用する道具としては、一般家庭でもそろえられるようなものがほとんどであるといえます。プロは一般的な道具であってもより効果的な使用方法を知っているため、自分たちで掃除するよりもきれいに仕上げることができるのです。

最善の道具を選択してできるだけ簡単に掃除する

ハウスクリーニングのプロは簡単に手に入る道具を使用していることも多いですが、その中から最善の道具を選択することに重きを置いています。同じ道具であっても素材やかたちによって、掃除の効果は驚くほど異なる場合があります。プロはそういった点をしっかりと考慮し、汚れの具合に合わせて効果的な道具を選ぶことが可能です。最善の道具を選ぶことにより、できるだけ簡単に短時間で掃除を完了させることができます。

専門業者でないと手に入らないものある

ハウスクリーニングに使用される道具の中には、専門業者でないと手に入らないものもあります。ハウスクリーニングを依頼すれば、一般家庭向けには製造されていない強力な洗剤や機械を使用して掃除をしてもらうことができます。そのため、きれいにならないとあきらめていた汚れであっても、プロに依頼すれば見違えたようにきれいになる場合も少なくありません。

プロが使うそうじ道具は?

ハウスクリーニングのプロが実際に使用する道具としては、どのようなものがあるのでしょうか。まずは、一般家庭でも手に入る一般的な道具について確認してみましょう。

スポンジ

プロは汚れや場所に合わせてさまざまなスポンジを使い分けています。こする場所の材質がステンレス、アルミ、スチール、陶器、プラスチックのうちどれにあたるのかといった違いを見極めて、もっとも適したスポンジを選びます。掃除によって傷をつけることがないよう、細心の注意を払って道具選びをしているのです。

ブラシ

ハウスクリーニングでは掃除の際にブラシもよく使用します。スポンジと同じように、たくさんの種類のブラシの中から1番合ったものを選びます。たとえば、網戸などには先が割れているブラシ、サッシには先がとがった固いブラシなどそれぞれに適したものを使います。そのため、プロは洗車ブラシから歯ブラシまでさまざまな大きさのブラシを用意しています。

ぞうきん

掃除の際にぞうきんが欠かせないのはプロも同じです。ぞうきんの布地には、さまざまな種類があります。一般的なタオル地のぞうきんはもちろん、水をすぐに吸い取ってくれるマイクロファイバーなどを用途に合わせて使用しています。

ヘラ類

こびりついた汚れをこそぎ取るときは、ヘラを活用します。ヘラにも金属製やプラスチック製など種類があります。傷をつけたくないフローリングに使用するときは、プラスチック製のヘラを選ぶと安心です。

スプレー

ハウスクリーニングのプロは、洗剤をスプレーボトルに入れていることが多いです。洗剤をスプレーに入れておくだけで掃除の作業効率はかなり向上します。掃除したい部分にまんべんなく洗剤を行きわたらせるのにも役立つため、スプレーはぜひ活用したいところです。スプレーボトルは100円ショップなどでも販売されており、簡単に手に入れることができます。

ティッシュペーパー・クッキングペーパー

ハウスクリーニングのプロは、掃除の際にティッシュペーパーやクッキングペーパーを使用することもあります。細かい部分のふき取りには、ティッシュペーパーやクッキングペーパーがとても役立ちます。また、汚れがひどい部分に洗剤をつけ、ティッシュペーパーやクッキングペーパーを湿布のように貼り付けて洗剤を浸透させる方法を用いる場合もあります。

サンドペーパー

サンドペーパーは、紙ヤスリのことです。トイレの便器やセラミック系の素材であれば、落ちにくい汚れを落とす際に使用することができます。ただし、サンドペーパーを使用すればほぼ確実に傷がついてしまうので、なるべく目の細かいタイプを使用します。掃除用としては耐水性のヤスリが適しています。

ハウスクリーニング専用のプロ道具

ハウスクリーニングのプロは専用の道具を使用することもあります。家庭ではきれいにし切れない汚れでも、強力な道具を使用することでピカピカに仕上げることが可能です。

業務用高温スチームクリーナー

スチームクリーナーは、高温のスチームを出すことで頑固な汚れを落とすことができる優れものです。とくに業務用の高温スチームクリーナーは、家庭用に販売されているスチームクリーナーよりも温度の高いスチームを出すことができます。そのため、より強力に汚れを落とすことが可能です。こびりついた汚れのほかにも、焦げ付きやカビに対して効果を発揮します。高温のため、殺菌の効果も期待できるので、自分で掃除するよりも清潔感をアップさせることができるでしょう。

角サンダー

各サンダーは浴室やキッチン、窓などの掃除の際に使用します。クリーニングを行いたい場所に合わせて、パッドを取り替えます。効果的に振動が加わるため、なかなか取れない汚れもしっかりと剥がすことができます。

ポリッシャー

浴室の鏡などについたウロコ汚れを落とす際に使用します。大きさや威力によって複数の種類があり、汚れの種類に合わせてブラシやパッドなどの付け替えを行うことも可能です。

ファイバースコープ

エアコンや洗濯機、レンジフードなどを掃除したあと、細かい部分まできれいになっているか確認するために使用します。モニターがついているので、隅々まできれいになったか確認することが可能です。

ハウスクリーニングのプロが使用する道具にはさまざまなものがある

ハウスクリーニングのプロが使用する道具にはさまざまなものがある

 

ハウスクリーニングのプロは、とてもたくさんの道具を活用して掃除を行っています。頑固な汚れに対しては、一般家庭では手に入らないような専用の道具を使用している場合が多いです。とはいえ、基本的に使用している道具は一般家庭にあるものと変わりません。道具の特徴や使用する場所の特徴をしっかり把握することで、効果的に汚れを落とすことができます。徹底的に掃除をしたいという場合はより専門的な道具を使用するのもアリですが、まずは身近なものの使い方を考慮することで掃除の効果を高める工夫をしてみてはいかがでしょうか。

掃除に関する記事一覧

 

 

掃除についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ