収納をおしゃれなインテリアにするためのアイデア

 

部屋の収納を見直すなら、インテリアにもなるおしゃれな収納を取り入れてみてはいかがでしょうか。しっかり物を収納しつつ素敵な印象にすることができれば、よりすっきりとした心地よい空間にすることができるはずです。

とはいえ、インテリアにもなるおしゃれな収納を考えるのは難しいですよね。お金をかけたからといってインテリア性と収納力の両方を達成できるとは限りません。今回は、インテリアにもなる収納を実現するアイデアについて紹介します。

インテリアにもなる収納方法

収納をおしゃれなインテリアにするためのアイデア

 

インテリアにもなる収納とは、具体的にはどのようなものがあるでしょうか。まずはその具体例について紹介します。

ハンガーやボックスをそろえる

収納といえば、ハンガーやボックスなど、服や小物を収納するための道具が必要不可欠です。インテリアとしても楽しむことを意識する場合は、そういったものにもこだわりをもつ必要があります。たとえば、ハンガーやボックスの種類をそろえるだけでもすっきりとした印象になるでしょう。部屋のイメージに合わせることも重要です。そのうえでよりおしゃれなものを選べば、インテリアとして素敵に見せることができます。

ウォールシェルフで壁に飾って収納する

収納をインテリアとして楽しむなら、壁を使った見せる収納を取り入れることもポイントとなります。ウォールシェルフを利用して、壁に小物を飾ってみましょう。ちょっとした棚を取り付けるだけでも、部屋の雰囲気はおしゃれになります。簡易的な棚であればあまり重い物を乗せることはできませんが、ちょっとした小物を乗せておくには十分です。ある程度しっかりした板を使用してしっかり固定するのであれば、本などの収納に使うこともできます。

背板がない素通しのシェルフを使う

背の高い棚などは物をたくさん置くことができますが、その分圧迫感があって部屋全体の印象を重くする要因となります。棚を置くときは、背板のないシェルフを使用するのがおすすめです。そうすれば、圧迫感を減らすことができます。棚にはなるべく隙間を作りながら物を配置するようにするのもポイントです。

また、背板のない棚は、部屋の仕切りとして使用することも可能です。リビングとダイニングの間に扉がない場合であれば、間に背板のないシェルフを置くことでちょっとした区切りを作ることができます。棚の隙間から向こう側が見えるので、空間のつながりを残しつつ仕切りの役割を果たします。

インテリアにもなる収納グッズの選び方

インテリアになる収納を意識するなら、収納グッズの選び方も大切です。置く場所のサイズをきちんとはかったり、すでに家にある家具との相性を考えたりして、部屋に合ったものを用意しましょう。

スペースに合った大きさを選ぶ

収納グッズを選ぶときは、スペースに合っているかどうかがとても重要です。せっかく棚を購入しても、置きたい場所に収まらなければ置くことができません。反対に、棚を置いても微妙なスペースが空いてしまうようであれば、新たなデッドスペースが生まれてしまうので要注意です。

置く場所の家具と統一感をもたせる

収納グッズは、それを配置する場所に置いてある家具との相性を考えて選びましょう。同じ色で統一したいのか、それともバランスよく色を配置したいのかによっても選び方は変わってきます。また、家具のテイストも重要です。家にある家具に合うものを選ぶようにしてください。

簡単にできる収納グッズのDIY

収納グッズをおしゃれに楽しみたいなら、DIYでオリジナリティを出すという方法もあります。シールを貼ってアレンジするだけでも立派なDIYです。手持ちの家具が実現したいイメージと合わない場合でも、ちょっとした工夫をするだけでイメージにぐっと近づけることが可能です。

無地の収納グッズにラベルシールを貼る

収納ボックスなどには、ラベルシールを貼りましょう。中身について記載するなら、英語で書くとおしゃれな雰囲気になります。また、番号やアルファベットなどのワンポイントで分類するのもおすすめです。

ウォールステッカーやウォールシートを貼る

よりおしゃれな雰囲気を出したい場合は、ウォールステッカーやウォールシールを貼るという方法があります。ウォールステッカーはワンポイントとして家具などに貼り付けるとおしゃれです。また、ウォールシートは家具の全面に貼り付けることができ、表面の色を簡単に変えることが可能です。これを取り入れれば、家具を好みのイメージにすることができます。

インテリア収納で失敗しないコツ

最後に、インテリアで収納を確保する際に失敗しないためのコツについて紹介します。たくさんの物を収納しようとすると、雑多な印象が強まっておしゃれではなくなってしまうので注意しましょう。

不要な物を選別して処分しておく

収納について考える際は、不要な物はなるべく事前に処分しましょう。不要な物まで収納するとなると、収納のために必要な道具もたくさん必要になります。収納を進めるうちに「いらないから捨てよう」となってしまうと、せっかく購入した道具も無駄になってしまうかもしれません。そういった無駄を省くためにも、事前の選別は重要です。

生活感があるものは隠す

インテリアとしておしゃれな収納を目指す場合は、生活感がある物はなるべく隠す収納になるようにしましょう。生活感がある物が目に入りやすいと、どうしてもおしゃれな印象が崩れやすくなります。見せる部分と隠す部分のメリハリを大切にして、収納について考えてみてください。

部屋全体を3色~5色以内で構成する

おしゃれな部屋を目指すなら、インテリアに使用する色は3~5色以内になるようにしましょう。色味が統一されていないと、バラバラな印象になってしまい、あまりおしゃれな感じにはなりません。長い目で考えるなら、白や茶、黒など、ほかの色に合わせすい色の家具を選ぶとよいです。

色だけでなく質感も部屋の雰囲気に合わせる

家具や収納グッズを選ぶときは、色だけでなく質感も重要です。同じ木製の棚を用意する場合でも、部屋のテイストがナチュラルなのか、スタイリッシュなのかによって選ぶべきものは異なります。何にでも合う無難なものを選んでもよいですが、全てをそういった家具でそろえてしまうと、おしゃれな感じがしなくなってしまうのでやり過ぎは禁物です。

インテリアになる収納を目指すならアイデアが重要

インテリアになる収納を目指すならアイデアが重要

 

せっかく収納について考えるなら、インテリアとして楽しめる方法を考えてみましょう。部屋全体のテイストを意識することで、素敵な部屋を作りつつしっかり物を収納することができる部屋になります。インテリアとしての収納では見せる収納を意識したり、収納グッズもおしゃれになるように気を配ったりすることが大切です。見せることを前提とすれば収納として使用できるスペースが広がるため、よりたくさんの物を収納することができるようになります。自分の好みに合ったアレンジ方法を取り入れてみてください。

インテリアを意識すれば収納スペースは広がりますが、おしゃれな部屋のためにはあまり物が多過ぎるのはNGです。あらかじめいらない物は処分し、できる限り必要な物だけを残すようにしましょう。たとえ見えない収納を多く取り入れるとしても、扉を開けたら物がごちゃごちゃしていて探すのが大変という状況はなるべく避けたいものです。見た目がおしゃれで、機能的にも優れている収納方法を実現させましょう。

収納に関する記事一覧

 

 

収納についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ