クローゼットをすっきりさせる収納アイディアとは?

 

クローゼットの中をすっきり収納するにはどうしたらよいのでしょうか。クローゼットは、洋服を収納するのにとても便利です。しかし、服を掛ける以外の収納を上手に活用するためには、クローゼットの特徴を理解して洋服を効果的に分類しなければなりません。

クローゼットを効果的に活用する具体的な収納には、どんな方法があるのでしょう。今回は、クローゼットをすっきりさせる収納アイディアについて詳しいコツなどを紹介します。

クローゼットの基本的な収納方法

クローゼットをすっきりさせる収納アイディアとは?

 

クローゼットの収納について考えるときは、上中下の3段構成で考えるようにすると効果的です。それぞれ収納に向いている物の種類は異なるため、適切な物をしまうようにしましょう。

上段の使い方

クローゼットの上段は、使用頻度が低い物を置くのに適しています。ホコリを被りやすいため、ふたがついているボックスを使用するようにしましょう。取り出しにくいため、重い物を置くと取るときに落としてしまう可能性もあります。なるべく軽い物を入れるのがおすすめです。なお、大きいボックスを選ぶと物がたくさん入るのは便利ですが、結果として重くなってしまう可能性もあります。そのため、小さめの箱に小分けにして収納するようにするとよいでしょう。

中段の使い方

クローゼットの中段とは、主に服を掛ける部分を指しています。洋服の丈を合わせて収納することによって、下段での収納がしやすくなるでしょう。ジャケットなどの下のスペースはより広く空くため、収納ボックスなどを入れることも可能です。

下段の使い方

下段は、中段で収納する物よりも使用頻度が低い衣類を中心に収納します。また、吊るして収納するのが難しい物も下段を活用しましょう。収納ボックスとしては、キャスター付きのケースがおすすめです。ボックスごと取り出せるので、衣替えや掃除が楽になります。

クローゼットの収納を増やすアイディア

クローゼットは工夫次第で収納を増やすことも可能です。クローゼット内のスペースを上手く有効活用して、持ち物をしっかり片付けましょう。

奥行を使って前後に収納する

クローゼットは意外と奥行きがあります。そのため、奥行きをしっかり活用することが大切です。収納ボックスを使う場合は、クローゼットの奥行に合わせたサイズのものを使用することで、スペースを無駄にすることなく活用できるでしょう。

扉の裏スペースも利用する

クローゼットは押し入れと違い、扉の裏も活用することができます。クローゼットを開けたときに見える部分に、ネクタイやスカーフなどを掛けることが可能です。扉の裏であればすぐに取り出すことができるので、コーディネートの際も使いやすいのではないでしょうか。

つっぱり棒で壁面も利用する

クローゼットは服を掛けても奥に隙間が空いていることがあるので、そこに使用頻度の低い小物などを掛けて収納することができます。突っ張り棒を使用すれば、壁面を傷つけることがないので安心です。

吊り下げるタイプのボックスを使う

クローゼット用の収納としては、吊り下げるタイプのボックスがあります。服を掛けるためのパイプに取り付けることができるので、余裕がある場合は活用してみるとよいでしょう。

クローゼットをすっきりさせる収納アイディア

クローゼットをすっきりさせるためには、ちょっとした収納のアイディアを取り入れるのがポイントです。ちょっとしたアイディアですが、実際に収納に活用してみると大きな差が生まれます。

洋服のたたみ方を統一する

クローゼットの中では、たたんで収納できる部分が限られています。収納ボックスを上手に活用するには、洋服のたたみ方を統一することが重要です。たたみ方を合わせ、服のサイズを同じにすることで、スペースを有効的に使うことができます。たたみ方がそろっていると見た目にも美しいので、すっきりした印象になります。

ボトムスやワンピースは階段になるように吊るす

クローゼット下段を上手に使うためには、中段の服の吊るし方が重要です。服の長さごとに収納するのはもちろん、服の長さが順番になるように並べることで、下段のスペースがしっかり空くようになります。服を掛けて空いたスペースのサイズに合わせ、引き出しなどを購入するようにしましょう。

引き出しの中に仕切り板をいれる

下段の収納ボックスとして引き出しを使用するときは、引き出しの中に仕切り板を入れるのがおすすめです。どこに何を入れるのかが分かりやすくなり、服が少なくなってもきれいなままの状態を保つことができます。引き出し用の仕切り板は100円ショップなどでも購入することができるので、気軽に取り入れることができますよ。

見栄えのいいクローゼットにする方法

クローゼットで服を収納するなら、見栄えよく服を並べたいですよね。クローゼットは押し入れとは違い、開けると中の様子が全部見えてしまうので見た目には気を使いたいものです。収納力を大切にしつつ、おしゃれなクローゼットにする方法について最後に確認しておきましょう。

ショップの陳列を意識する

クローゼットでの収納を行う際は、ショップの陳列を意識するのがおすすめです。自分の好きなショップをイメージしながら、おしゃれな服の並べ方について考えてみてください。もしもイメージが浮かばない場合は、実際にショップに行った際に陳列方法について観察してみるとよいでしょう。「並べ方はどうしているんだろう?」という目線で見ると、それぞれのショップの工夫がよく分かります。

ショップの陳列方法はとてもおしゃれなので、参考にすることで素敵なクローゼットを作ることができるでしょう。ただし、ショップの陳列を真似する場合は注意も必要です。それは、ショップの陳列は収納を意識しているわけではないということです。そのため、ショップの陳列を真似し過ぎると、服を上手にクローゼットに収めることが難しくなってしまいます。上手に収納するという目的を忘れず、すっきりとした美しいクローゼットを目指しましょう。

ハンガーを統一する

クローゼットの収納では、ハンガーの種類も大切です。クリーニングでついてきたハンガーを使用しているという人もいるかもしれませんが、できればハンガーにも自分の好みを反映させることが大切です。木製で暖かみのあるハンガー、プラスチックでおしゃれなデザインのハンガーなど、目指すクローゼットのイメージに合わせてハンガーを選びましょう。

収納ボックスの色と高さを揃える

収納ボックスは、クローゼットの中のイメージを決定づける大切な要素です。とくに、収納ボックスの前面は目に入りやすい部分なので、色にはこだわりをもちましょう。たとえば、白やクリアなボックスを使用するのであれば、全てのボックスを合わせるようにしてみてください。また、収納ボックスの高さはちぐはぐな印象にならないよう、同じにしたりスペースに合わせたりしましょう。できれば、同じメーカーの同じ商品を使用したほうがよいです。

クローゼットの収納アイディアは工夫次第!

クローゼットの収納アイディアは工夫次第!

 

クローゼットの収納を考える際は、クローゼットの構造をよく理解したうえで服のしまい方を決めましょう。上段、中段、下段では、それぞれ収納するのに適している物が異なります。収納すべき場所を間違えてしまうと、とても使いづらいクローゼットになってしまうこともあるため要注意です。クローゼットでの服の収納方法には、さまざまな工夫を取り入れることができます。工夫することでおしゃれなクローゼットにすることが可能です。下着や靴下など細々した物でも、引き出しを活用すればクローゼットの中にしっかり収められます。デッドスペースなどの隙間もしっかり有効活用してみてください。仕切り板を取り入れて、見た目にもきれいで取り出しやすい収納を心掛けましょう。

収納に関する記事一覧

 

 

収納についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ