赤ちゃんの洋服をすっきりさせる収納方法とは?

 

赤ちゃんの洋服は収納するのが大変と感じている方も多いのではないでしょうか。赤ちゃんは着替えをさせる回数も多いですし、小さい洋服をいくつも収納していると整理するのが難しいです。忙しいママにとっては、どこに何が入っているのかすぐ分かるような状態で収納しておくことはとても大切なことですよね。

忙しいママでも赤ちゃんの洋服をしっかり収納し、すぐに取り出せるようにするにはどうしたらよいのでしょうか。今回は赤ちゃんの洋服の収納方法についてコツを紹介します。

赤ちゃんの洋服の収納方法

赤ちゃんの洋服をすっきりさせる収納方法とは?

 

赤ちゃんの洋服はどのように収納するとよいのでしょうか。まずは基本として気を付けるべきポイントについて紹介します。

普段着はメインの引き出しにまとめておく

毎日の着替えで着用する普段着は、メインとなる大きな引き出しにまとめましょう。スペースが余ってしまう場合はパジャマや靴下などをしまってもよいですが、きちんとメリハリがつくように仕切りを入れることを徹底してください。箱などを使用してもOKです。100円ショップでも引き出しの中の収納グッズはたくさんそろっているので、上手に活用してみましょう。

立てて収納して見やすくする

服を引き出しにしまうときは、立てて見やすくするのが基本です。引き出しのサイズに合うようにたたみ、高さをそろえるようにしましょう。そうすることで、引き出しを開ければ全ての服が目に入る状態になります。服をいちいち取り出さなくてもどんなものがあるか分かるので、効率よく目当ての服を見つけることが可能です。探す手間や時間を省くためにも、立てて収納するということはとても重要なポイントとなります。服を取り出したときに倒れてしまうのが気になる場合は、ブックエンドを利用するという方法がおすすめです。服の量に合わせてスライドさせることができるので、常に服をきれいに立たせた状態を保つことができます。

定期的にサイズを確認する

赤ちゃんはどんどん成長していくので、定期的に服のサイズを見直す必要があります。ときどきサイズが合っているかどうか確認し、着られなくなってしまったものがある場合は引き出しから撤去するようにしましょう。こういった習慣をもっておくと、赤ちゃんの服の買い換えもスムーズになります。すぐに着られなくなってしまうのは残念ですが、サイズの把握をきちんとすることで買い換えの無駄を最小限におさえることができるはずです。

お着替えセットを常備しておく

より効率的に服選びをするためには、お着替えセットを常備しておくという方法があります。あらかじめコーディネートを組んだ状態で引き出しにしまっておけば、忙しいときでもきちんとした格好に着替えさせるのが簡単です。そういった服のしまい方を心掛けていると、自分自身で着替えをする練習をする際もスムーズに着替えができるようになるでしょう。

赤ちゃんの洋服の収納グッズの選び方

赤ちゃんの洋服を収納するためのグッズを選ぶときは、ちょっとしたポイントをおさえておくとよいです。それぞれについて説明します。

将来的にも長く使えるもの

赤ちゃん用の収納を用意するときはキャラクターがついているものやカラフル過ぎるものよりも、シンプルで将来的にも長く使えるものを選んだほうがよいです。小さいうちは前者のほうが赤ちゃん受けは良いかもしれません。しかし、赤ちゃんはすぐに大きくなっていきます。そのため、ある程度成長してからも子供部屋で長く使えるようなものを選んだほうがよいでしょう。白など大人でも使えるようなものを選べば、中高生以上になっても違和感なく使い続けることが可能です。

仕切ることができるもの

洋服の収納では仕切りを設けることが重要です。洋服はやわらかいので、仕切りがないとしまう範囲があやふやになってしまいます。そのため、仕切りをプラスできるよう、ある程度大きさがあるものを選ぶのがおすすめです。もともと仕切りがついた収納グッズを使用するのもよいですが、その場合は仕切りの位置を自分で好きなように変えられるタイプを選んだほうが便利でしょう。

カバーができるもの

洋服はむき出しの状態で置いておくとホコリがつきやすいです。そのため、引き出しになっているものやふたがついているものなど、服全体をカバーできるタイプの入れ物を使用したほうがよいでしょう。掛けて収納する場合は使用頻度が高いものを中心にしたほうがよいです。コートなどたたむことができないかつ使用頻度が低いものについては、カバーを掛けるなどしてホコリを防ぐように気を付けてください。

簡単に出来る!カラーボックスを使用した赤ちゃん服の収納DIY

赤ちゃんの服の収納については、DIYで手作りすることも可能です。DIYといっても100円ショップやホームセンターで販売されているグッズを組み合わせるだけでも、簡単に作ることができます。安価で手に入るカラーボックスを使用して、赤ちゃん用の収納を簡単に完成させましょう。

突っ張り棒で洋服掛け

カラーボックスを縦に置き、突っ張り棒を1本取り付けるだけで洋服掛けが完成します。よそ行きの服やコートなどを掛けるのにぴったりです。また、お着替えセットにした普段着を着る順番に並べておくというのも便利な使い方です。ホコリがかからないように定期的に取り出すようにしましょう。

取手付きの収納グッズを使った引き出し

カラーボックスのサイズにぴったり合った箱がたくさん販売されています。とくに取手がついているものを用意すれば、カラーボックスが引き出しに早変わりです。カラーボックスの1段分の大きさは結構な容量があるため、赤ちゃんの洋服をたっぷり収納することができるでしょう。カラーボックスを2、3個用意するだけでかなりの量の洋服をしまうことが可能です。

扉をつける

金具と板を用意して、カラーボックスに扉をつけるという方法もあります。こうすれば、カラーボックスの棚に直接洋服を入れてもホコリや日焼けを防ぐことができます。金具の取り付けが少し大変ですが、カラーボックスをそのまま使用するよりも本格的な家具として使用できるのでおすすめです。部屋の雰囲気に合わせた板や金具を使用すれば、インテリアとしても楽しむことができるでしょう。カラーボックスに好みのカッティングシートを貼り付ければ、よりオリジナリティのある素敵な家具が完成します。

赤ちゃんの洋服の収納は使い勝手を重視して

赤ちゃんの洋服の収納は使い勝手を重視して

 

赤ちゃんの洋服を収納するときは、どこに何が入っているのか分かりやすくすることを意識しましょう。育児に取り組んでいると何かと忙しくなってしまうため、洋服をスムーズに探せるようにしておくということは意外と重要です。効率よく洋服を選んで着替えさせることができれば、貴重な時間を無駄にすることはありません。一度きちんと収納スペースを作ってしまえば、あとは洗濯するたびに同じ場所へ戻すだけなので簡単です。

子供がきちんと片付けができるようになるためには、ママがお手本を示すことも大切です。子供はちょっとした部分もよく見ています。大きくなってから自分できれいに洋服を収納し、着替えができるようになってもらうためには、小さいうちからその基盤を作っておくことが重要だといえるでしょう。使いやすい収納方法を確立して、赤ちゃんの洋服をきれいに整理整頓しましょう。

収納に関する記事一覧

 

 

収納についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ