に関するコラム

資格取得の通信教育講座

発酵食品でおこなう菌活とは?菌活の効果ややり方をレクチャー

 

発酵食品でおこなう菌活とは?菌活の効果ややり方をレクチャー

菌活をおこなえば、体にとってよいものをしっかりと取り入れることができます。菌活を始めれば、いつもの体の悩みを解消できる可能性もあるといえるでしょう。菌活では発酵食品がとても重要なカギを握ります。菌活をするなら、菌活に役立つ発酵食品の種類をしっかりと押さえておくことが大切です。

今回は、発酵食品でおこなう菌活について説明します。菌活の効果ややり方についても触れるので、菌活を始めたいという人はぜひ参考にしてみてください。

菌活とは?

そもそも菌活とは、具体的にどのようなことをさしているのでしょうか。菌活の方法を学ぶ前に、まずは菌活の定義についてしっかりと押さえておきましょう。菌活とはどのようなものであるのかについて説明します。

菌を体に取り入れる美容・健康法

菌活とは、さまざまな菌を体に取り入れる美容法や健康法のことです。菌というと体に悪い影響がありそうに思えますが、菌の中には人間の体にとってよい効果をもたらすものも多くあります。そういったものを取り入れることにより、体を健康な状態に変化させることができます。菌活をおこなうと、体の内側からきれいかつ元気な状態に体を変化させることが可能です。

腸内環境を整えることが主な目的

菌活は、腸内環境を整えることを主な目的としています。腸内にはかなり多くの菌が存在しており、善玉菌を増やすことで腸内をよりよい状態に保つことが可能です。腸内をよい状態にし続けるためには、腸にとってよい菌を常にとり続けることが大切です。毎日継続的に菌を取り入れることで、健康的な腸内環境を維持することができます。

きのこや発酵食品を摂取しておこなう

菌活をおこなうには、きのこや発酵食品を取り入れるのが効果的です。きのこや発酵食品にはさまざまな種類があり、菌の種類もさまざまです。目的に合った菌を取り入れることができれば、よりしっかりと体調をコントロールすることができるでしょう。

6つの菌

菌活を始めるなら、菌の種類についてしっかりと把握しておくことが大切です。菌活に活用できる菌は大きく分けて6つあります。この6つの菌というのは、乳酸菌、酵母菌、麹菌、酢酸菌、納豆菌、酪酸菌です。それぞれの特徴について説明します。菌活において自分に必要な菌をしっかりと見極められるようにしましょう。

乳酸菌

乳酸菌は、腸内の悪玉菌を抑える効果が期待できます。免疫力を高める効果もあるため、菌活ではよく利用される菌のひとつです。具体的には、ウィルス性の病気やアレルギー症状の改善に役立ちます。また、便秘解消や美肌効果なども期待できるのがポイントです。ダイエットや美容に気を付けている人であれば、乳酸菌を積極的に取り入れるようにしたほうがよいでしょう。

酵母菌

酵母菌は、ワインやビールなどアルコールを作るためによく利用される菌です。パンを作るときに使用するのも酵母菌です。酵母菌を摂取すると、腸内を整える作用が期待できます。

麹菌

麹菌は、デンプンをブドウ糖に変えたり、たんぱく質をアミノ酸に分解したりする効果が期待できます。麹菌は、味噌や醤油などさまざまなものに含まれています。日本古来の発酵食品には麹菌が使われているため、和食中心の食事をするようにすると、麹菌を摂取しやすくなります。甘酒やかつお節などにも麹菌が豊富に含まれています。

酢酸菌

酢酸菌とは、アルコールを酸化することで酢酸を生成する菌です。穀物や果実を分解してアルコールを作り、そこに酢酸を加えて発酵させると酢ができあがります。酢酸菌は、疲労回復を促す効果があるのが特徴的です。また、コレステロールや脂質のなどの低下や血糖値の上昇を抑える効果も期待できるのがポイントです。

納豆菌

納豆菌は、納豆を作るときに利用される菌です。納豆菌は稲わらにすんでいる枯草菌で、大豆を発酵させるときにナットウキナーゼという酵素を発生させます。ナットウキナーゼは、血液をサラサラにする効果に加えて、乳酸菌を増加させる働きも期待できるといわれています。

酪酸菌

酢酸菌は、乳酸菌の働きをよくして、消化管の粘膜を保護したり修復したりする役割をもっています。加えて、酢酸菌は脂肪が体に蓄積されるのを防ぐ効果があり、体を痩せやすくするといわれています。そのため、ダイエットをしたい人にもピッタリな菌のひとつです。酢酸菌は、糖を分解して酢酸を作り出す働きをします。酢酸菌を摂取するためには、ぬか漬けなどを積極的に食べるようにするのがおすすめです。

菌活におすすめの発酵食材

菌活をおこなうためには、どのような発酵食材を選ぶとよいのでしょうか。発酵食材にはさまざまな種類があるため、選び方も重要です。とはいえ、菌活は毎日菌をしっかり取り入れていくことが重要なので、取り入れやすさも食材選びの大きなポイントとなります。ここでは、菌活におすすめの発酵食材について紹介します。

毎日取り入れやすい食材

毎日取り入れやすい発酵食材としては、普段の食生活でもよく食べられているものがあげられます。たとえば、味噌や納豆などさまざまなものがあります。キムチやぬか漬けなどの漬物類も、いつもの食事にプラスして食べやすい食材のひとつです。また、酢を積極的に食事に取り入れるというのもよいでしょう。

菌活に適した食材

菌活に適した食材としては、ヨーグルトがあげられます。ヨーグルトには乳酸菌が豊富なため、菌活にはもってこいの食材です。また、ピクルスやワインといった食材も、菌以外の栄養素もしっかりとれるためおすすめです。

菌活のポイント

菌活を上手におこなうためには、具体的にどのようなポイントに気を付けたらいいのでしょうか。菌活を効果的におこなうには、さまざまなポイントに気を付けることが大切です。ここでは、菌活するなら押さえておきたいポイントについて説明します。

1品食べはしない

菌活をおこなうなら、菌が含まれる食材を複数種類選んで食べることが大切です。菌を含む食材は組み合わせることでよりその効果を高めることもできます。食材の相性を考えながら食材の組み合わせを決めることで、より菌活の効果を高めることができるでしょう。

複数の食材から豊富に栄養を摂る

菌活をおこなうときは、菌を含む食材だけを食べればよいというわけではありません。体には菌以外にもさまざまな栄養素が必要になります。よって、さまざまな食材を摂取し、栄養をしっかり摂取することで、体を健康な状態に保つことができます。

無理なく摂りいれていく

菌活をおこなうときは、無理に菌を含む食材を取り入れる必要はありません。無理に菌を取り入れてしまうと、菌活を続けるのが苦しく感じてしまうこともあるので注意が必要です。無理のない範囲で菌活おこない、長く菌活を続けられるようにしましょう。

発酵食品で菌活を始めよう!

発酵食品で菌活を始めよう!

菌活をおこなえば、体にとってさまざまなよい効果を期待できます。菌活は発酵食品を食べることで始められるので、手軽に健康を目指すことができる便利な方法です。菌活の効果をきちんと感じるためには、継続して発酵食品をとり入れ続けることが大切です。菌活を長く実践して、菌のよい効果を常に体に感じられるようにしましょう。そうすれば、より健康的な毎日を送りやすくなるはずです。



発酵食品に関する記事一覧

発酵食品についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
発酵食品基本コース
発酵食品資格を目指すコース!!
発酵食品
人気講座
発酵食品資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

発酵食品プラチナコース
発酵食品資格を楽に取得!!
簡単資格取得
発酵食品資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

発酵食品資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

発酵食品講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座