• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 健康食の資格取得講座一覧 > 発酵食品資格取得講座 > 発酵食品の効果とメリットとは?

発酵食品に関するコラム

発酵食品資格取得の通信教育講座

発酵食品って?メリットや効果について徹底解説!

 

発酵食品って?メリットや効果について徹底解説!

発酵食品といえば、体によいというイメージをもっている人も多いのではないでしょうか。実際のところ発酵食品は体によい成分を豊富に含んでいます。とはいえ、どのような成分を含んでいるのか詳しく把握できている人はいないのではないでしょうか。

というのも、発酵食品を作るための発酵菌にはいくつも種類があります。発酵食品を食べるなら、発酵食品のことをしっかり理解しておいたほうがよいでしょう。今回は、発酵食品がどのようなものであるかについて触れ、メリットや効果について解説します。

発酵食品とは?

そもそも発酵食品とは、どのように定義されている食品のことをいうのでしょうか。発酵食品の効果やメリットについて知る前に、発酵食品はそもそもどのようなものであるか確認しておきましょう。

酵母や菌により新たな成分へと生まれ変わったもの

発酵食品は、微生物を用いた調理食品のことをさしています。酵母や菌を使用することで、食品の成分が新たな成分に生まれ変わっています。発酵前とは違った独特の風味がするのはそのためです。ひとくちに発酵と言っても、菌の種類や使用する食材によって出来上がる食品は多種多様です。

有名な発酵食品

発酵食品にはさまざまな種類があります。たとえば、身近にある発酵食品としては、納豆、ヨーグルト、キムチなどがあげられます。

発酵食品のメリット

発酵食品にはさまざまなメリットがあります。発酵させることでさまざまな効果があらわれるようになるため、昔からさまざまな場面で発酵食品の手法は重宝されてきました。ここでは、発酵食品に具体的にどのようなメリットがあるのかについて説明します。

栄養価が高くなる

食品を発酵させると、一般的に栄養価を高めることが可能です。発酵の過程において製品にもともとは存在していなかった栄養素が生成されます。そのため、発酵食品はそれだけで体にとってよりよい効果をもたらすことが多いです。

旨みや風味が増す

発酵食品には、旨みや風味を増すという効果もあります。食材などを吸収されやすく分解する効果ももっているので、食品のおいしさを増加させることが可能です。それに加えて、胃腸に負担をかけないというメリットもあります。

保存性が高くなる

発酵食品は、食品の保存性を高める効果ももっています。長く食品を保存できるようになるため、おいしい食材をさらに長く楽しむことが可能です。発酵食品は保存食としての機能も兼ね備えている点も、昔から発酵食品が多く作られてきた理由のひとつといえます。

発酵食品の効果

では、発酵食品には具体的にどのような効果を期待できるのでしょうか。発酵食品はとても優れた食品であるため、役に立つさまざまな効果をもっています。発酵食品を食べるなら、発酵食品の効果を押さえておいたほうがよいでしょう。ここでは、発酵食品の効果について詳しく紹介します。

食材への効果

発酵による効果は、食材そのものに対しても発揮されます。発酵の過程で新たな栄養素が生まれるため、食材そのものに対してよい効果をもたらすのです。食材を柔らかくしたり旨みをより強くしたりなど、さまざまな効果が期待できます。食材をおいしく楽しみたいという場合は、発酵食品を選ぶことで食材をよりおいしく味わうことができるでしょう。

健康増進効果

発酵食品には、消化吸収がしやすいという特徴もあります。負担が少なくなるため、体にも嬉しい効果といえます。発酵は食材の栄養素を細かく分解する効果が期待でき、体に取り込みやすい状態に変えることができるためです。

腸内環境の改善効果

発酵食品は、腸内環境を整える効果もあるといえます。腸には乳酸菌やビフィズス菌などが存在しており、発酵食品にもさまざまな菌が含まれています。そのため、発酵食品をとることで腸内をよりよい状態に整えることが可能です。善玉菌が豊富に含まれているという点からみても、発酵食品は健康にとってとてもよい食材だといえます。

美容効果

発酵食品は、美容にもよい効果をもたらすとされています。なぜなら、発酵食品は血流を促進させる効果をもっているからです。ビタミンの吸収を助ける効果も期待できるため、体調を整えたり肌の状態をよくしたりする効果を期待できます。

発酵菌別の特徴

発酵食品を作るために活用される乳酸菌には、さまざまな種類があります。そして、その発酵菌の種類によってさまざまな特徴の違いがあります。そのため、発酵菌それぞれの特徴を押さえておくと、より発酵食品を便利においしく楽しむことができるでしょう。ここでは、発酵菌それぞれの特徴について詳しく説明します。

乳酸菌

乳酸菌は、悪玉菌を抑制する効果をもっており、腸内環境を整えるのに役立ちます。悪玉菌とは、便秘や肌荒れを引き起こします。乳酸菌には免疫力を高める効果をもっているところも大きなポイントです。乳酸菌が多く含まれている発酵食品としては、ヨーグルトやチーズ、漬物、納豆などがあげられます。

麹菌

麹菌は、必須アミノ酸やビタミンB群を多く含む食品です。血行を促進する効果や代謝を上げる効果があるため、ダイエット中に人にもぴったりです。特に甘酒は「飲む点滴」ともよばれるほど、たっぷりと得栄養素が詰まっています。

酢酸菌

酢酸菌は、クエン酸が豊富なため、腸内環境を整えることができます。便秘を開所したり食欲を増進したりする効果も期待できます。血液をサラサラにすることもできるので、非常に大きな健康効果を期待できます。

発酵食品にはさまざまな効果がある!

発酵食品にはさまざまな効果がある!

発酵食品には、さまざまなよい効果やメリットが期待できます。発酵食品は古くから作られてきたものであり、多くの人が親しんできたものです。それは、単においしいからというだけでなく、保存が効いたり健康効果が高かったりなど、さまざまな理由があるからです。発酵食品を多くとるようにすれば、それだけでさまざまな効果やメリットを享受することができます。そう考えると、せっかく何かを食べるなら、発酵食品を選んで食べたほうがよいと考える人も多いはずです。もちろん、口に入れる食べ物すべてを発酵食品にする必要はないですが、発酵食品を積極的に食べるようにしたほうがいいということは明確です。おいしい発酵食品を食べながら、さまざまな効果を得られるようにしましょう。

発酵食品は長く保存することもできるので、自分自身でたくさん作っておくことも可能です。実際、昔は家で漬物をつけておくのは一般的なことでした。漬物があれば、ちょっとしたおかずとしても食べられるので、食事の用意をより簡単にするメリットもあるといえるでしょう。漬物をつけるのは難しいようにも思えますが、手順さえ理解すればそれほど難しいものではありません。ただし、常に状態を確かめられるよう、配慮することはとても大切です。常備菜として漬物を置いておけば、いつでも気軽に発酵食品を食べることができますね。当然ながら、発酵食品としては、漬物以外のものを選んでも構いません。それぞれ違った発酵菌によるいろいろな効果を得ることができます。発酵食品を毎日の生活の中に取り入れて、健康的で美容によい食習慣を始めてみてはいかがでしょうか。発酵食品の味わいはほかにはないものなので、ぜひ積極的に食卓に取り入れて食事のアクセントとして楽しんでみてください。

発酵食品を学ぶなら

発酵食品通信講座

SARA の発酵食品資格講座は 2 種類の発酵食品資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


発酵食品に関する記事一覧

発酵食品についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
発酵食品基本コース
発酵食品資格を目指すコース!!
発酵食品人気講座
発酵食品資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

発酵食品プラチナコース
発酵食品資格を楽に取得!!
簡単資格取得
発酵食品資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

発酵食品資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

発酵食品資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座