漢方の効き目とは?具体的な効果を紹介

 

漢方薬と聞くと、「苦い薬」というイメージがあるのではないでしょうか。もちろんそのイメージは、間違ってはいません。ただし、実際にはより奥深いものです。漢方薬は病気だけでなく、さまざまな困った症状を改善するのに役立ちます。漢方薬の効果をしっかり発揮させるためには、漢方薬の基本的な効果の出方について理解することが重要です。

漢方薬の効き目とは、具体的にはどのようなものなのでしょうか。たくさんの効果があるので、取り入れていきたいですよね。今回は漢方薬の効果について全体像を概説します。

漢方薬とは?

漢方の効き目とは?具体的な効果を紹介

 

漢方薬とは具体的にはどのようなものなのでしょうか。効き目などについて知る前に、概要について理解しておきましょう。

薬としての性質がある生薬を調合したもの

漢方薬とは、植物、動物、鉱物のうち、薬としての性質をもった生薬を調合することで生み出されるものです。さまざまな生薬を組み合わせることにより、高い効果を発揮するのが特徴です。なお、もとは毒の効果がある成分であっても、ほかの生薬と調合することで漢方薬として利用することもあります。もちろん、この場合は毒の効果は消えているので安心して使用することができます。自然の恵みを最大限活用するのが漢方薬です。

漢方薬は中国から伝わり日本で発展

漢方薬は中国のものだというイメージが強いですが、正確にいうと漢方薬が発展したのは日本です。中国から漢方の考え方が伝わったのち、日本で独自の変化を遂げています。漢方は人々にとって欠かせないものとして長い歴史の中で重宝されてきました。漢方薬は、日本の医療を語るうえで外せない存在です。その状況は、現在でも同じだといえます。

診療所の91.8%が漢方薬を処方

ある調査によれば、診療所の91.8%が漢方薬を処方しているというデータが出ています。漢方薬は古くからの伝統的なものという印象がありますが、これは現在でも漢方薬の効果が認められているという証拠だといえるでしょう。現代の医療においても漢方薬は無くてはならないものなのです。漢方について正しい知識をもっていれば、その効果をしっかりと活かすことができるでしょう。

漢方にはどんな効き目や特徴がある?

漢方には、具体的にはどのような効き目や特徴があるのでしょうか。効果のあるジャンルをあげて1つ1つみていきましょう。なお、こういった漢方薬は、何気なく飲んでいる薬にも活用されている場合が多いです。

体質改善

漢方薬は体質改善にも大いに役立ちます。たとえば、胃腸が弱かったりアレルギー体質であったりする場合、漢方薬を数年飲み続けることによってそれを改善できる可能性があります。必ず一定量をきっちりと飲む必要はなく、とくに身体が辛いときには多めに、それ以外は少なめに飲んでも構いません。これを長く続けることにより、いつの間にか体質が改善しているという状況になることを期待できます。

慢性病

何か慢性病をもっている場合、漢方薬を飲むことで改善する効果が期待できます。場合によっては2週間程度で効果が出ることもあります。一般的には、1~2ヶ月で変化を感じられることが多いでしょう。きちんと忘れずに毎日一定量を飲むことが重要なポイントとなります。

即効性のある漢方もある

漢方薬の中には即効性のあるものもあります。そういった漢方薬は、急に体にあらわれた症状を改善するのに向いています。それぞれの症状について、具体的にみていきましょう。

急性病

風邪など一過性の病気についても、漢方薬を服用することでその症状を和らげることができます。その場合は、だいたい1~3日程度で効果が出てくることが多いです。なかには、一度服用しただけでもかなりの効果が発揮されることもあります。辛い症状に悩まされているときは、漢方薬がとても頼りになります。なお、風邪などに効果を発揮する漢方薬といえば、桂枝湯、麻黄湯、葛根湯などがあげられます。

その他の困ったとき

漢方薬は風邪などの病気以外の症状についても、効果を発揮することが可能です。たとえば、ひどい疲れ、二日酔いなどに悩まされているときも漢方薬を正しく服用することで、体の不調を和らげることができます。こういった症状は病気とは違うため、薬を飲んで症状を和らげようとするのは一見難しそうですよね。しかし、漢方薬を活用すれば、そんな症状も改善することができるのです。日々の生活が忙しく、こういった症状が体にあらわれやすいという方は、ぜひ漢方薬を試してみてはいかがでしょうか。

漢方薬選びのポイント

漢方薬はさまざまな症状に高い効果を発揮します。しかしながら、漢方薬を選ぶときは、ちょっとしたポイントに気をつけることが重要です。漢方薬をしっかりと使いこなすためにも、しっかりと覚えておきましょう。

他人が効いたから自分に効くとは限らない

漢方薬の効果は、使用する人によって発揮される効果が異なります。そのため、他人に絶大な効果が出た漢方薬であっても、自分自身にその効果があらわれるかどうかは分かりません。反対に、自分にはとても効果が出たものが、他人にはあまり効果が出ないということもあるでしょう。漢方薬は自分に合ったものを選んで飲むことが重要です。飲み続けても効果がイマイチであった場合は、漢方薬が体に合っていない可能性があります。体質や症状をしっかり見極めて、漢方薬の効果を発揮できるようにすることが重要です。

漢方に詳しい医師などに自分の体質に合った漢方薬を選んでもらうと効果的

漢方を選ぶときは、信頼のおける専門家に選んでもらうとより安心です。とくに、漢方に精通した医師に選んでもらうと、高い効果が発揮されることが期待できるでしょう。その際は、自分の体の症状をしっかりと把握して医師に伝えられるようにしておくように意識するとよいです。そうすることでより効果が出やすい漢方薬を選んでもらうことができるでしょう。なお、もしも漢方の効果があまり感じられなかったときは、次に相談する際にそのことも合わせて伝えることで自分に合った漢方を見つけてもらいやすくなります。

漢方薬にはさまざまな効き目がある!

漢方薬にはさまざまな効き目がある!

 

漢方薬にはさまざまな効果が期待できます。そのため、自分の体質や病気などに合わせて使用することで、辛い症状を改善することに役立つはずです。漢方薬は薬の一種ですが、一般的に病気とは判断されないような症状についても効果を発揮してくれるため、とても心強い存在だといえるでしょう。もちろん、そういった効果をきちんと得るためには、体質や症状に合った漢方薬を選ぶことが重要です。合わない漢方薬を飲んでいても、望むような効果は得ることができない可能性は高いです。

漢方薬を選ぶときは、専門家に相談して適切な種類の漢方を選んでもらうことを心掛けてください。また、指導された飲み方を守ることも大切です。適切な飲み方をしなければ、本来なら効果があるはずの漢方薬であってもそれを発揮するのは困難になってしまいます。正しい飲み方をすることでこそ、漢方薬のすばらしい効果を実感することができるはずです。たしかに、それまでひどい症状に長く悩まされてきた場合などは、なかなか効果を信じて飲むことができないかもしれません。それでも、漢方薬は効果が出るまでに時間がかかる場合もあるので、まずは決められた期間きちんと飲み続けることを大切にしましょう。

漢方薬膳に関する記事一覧

 

 

漢方薬膳についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ