ちゃんと活用できてますか化粧品テスターの使い方

女子力アップ通信教育講座

ドラッグストアなどで現品の脇にテスターと書かれた商品、目にしますよね。実際に現物を使って効果を確かめてくださいってことなのですが、実際のところ皆さんは効果を実感していますか?顔や体全体に塗るわけでもないし、その場ですぐに反応を見なければいけないなど、実際の使い方とは異なる見方になっている人が多いのではないかと思います。今回はテスターで化粧品の善し悪しを確認するポイントを紹介します。

しばらく様子を見る

一番できていないのはこれではないでしょうか。ちょっと手につけて反応を見るのがテスターなので、見たあとはその場でこすったりティッシュですぐ拭き取ってしまっていませんか?化粧品は1日中塗りっぱなしということも多いので、テスターでも時間の経過は確認したほうが確実なんです。テスターを試した際はすぐに落とさず、しばらく時間をおいてから再び確認してみましょう。

2度手間覚悟で

その段階では商品を買わないことを前提にしています。つまりテスターの反応を見て再びお店にくる必要があるわけです。お店と家との距離などによってはその気になれない人もいるかもしれませんが、肌が荒れた場合の治療費や病院へ通う手間、別の商品に買い換える手間を考えれば負担ではないと思います。

その場で確認できること

もしサンプルをもらえるなどの代替案があれば、テスターはその場で確認できるポイントのみ活用するのもよいでしょう。その場で確認できることは、肌に塗った際の色味(パッケージなどでに表記されている色との違い)、伸びやすさ、匂いの有無、容器から出す方法などがあります。かなりの数のポイントを確認できるので、興味がある化粧品にテスターがある場合は、一度使ってみましょう。

腕の内側がベスト

テスターを塗るとしたらどこでしょう。多いのは手の甲かと思います。もちろん手の甲でも構いませんが、可能ならば腕の内側にも塗ってみてください。腕の内側は普段影になっているので日に焼けていないことが多く、顔の肌色にも近いんです。特に顔に付けることが多い化粧品は腕の内側でも反応を確認すると良いですよ。手の甲とはまた違った結果になることもあります。また腕の内側は広いので、例えばファンデーションであれば複数の商品を塗り、その違いを見比べるのにも適しています。

まずはひと塗り試してみて!

使い方、確認の仕方など、あなたは全て行っていましたか?正直なところ、私も調べるまでは手の甲で確認してこういう感じなんだーと漠然とした使い方しかしていなかったので、これらの方法は驚きでした。その場で判断すべき項目についてもいくつか見落としていましたしね。一つでも行っていない方法があればぜひ試してみましょう。もしかしたら以外な商品があなたにぴったりの一品かもしれません。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    塾だけが全てじゃない教育ママ注目 お子さんの勉強スタイル

    一般的に日本では大学まで進んでから社会人として働く。そんな構図が出来上がっています。そのレールに従っ…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    あなたの冷え性の原因はこれ原因究明で対策しよう

    冷え性と言いますが、実はその原因は様々です。いくら体を温めてもその原因に対して何か行動を起こさなけれ…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    暑さも肥満も回避アイスクリームの選択ポイント

    夏のスイーツといえばアイスクリームですね。毎日のように食べる人もいるのではないでしょうか。しかしその…
ページ上部へ戻る