リンスは頭皮につけちゃダメなのシャンプーの次のステップの秘密

女子力アップ通信教育講座

リンスは頭皮につけてはいけない?髪の毛には良い成分でも、頭皮に対しては傷めてしまう可能性があるため、リンスは当否につけずに洗うことが大事という話があります。これは本当なのでしょうか。今回はリンスの成分の謎と、正しい洗い方について見ていきます。

厳密にはつかない洗い方はない!

ロングヘアーの方で、毛先だけにリンスを施すのならまだしも、根元やショートヘアーの方はリンスを頭皮につけないことはありえません。ロングヘアーの方でも、髪の毛の生え際からしっかりケアしたいという方が殆どです。またリンスインシャンプーは、シャンプーの効果を考えたら頭皮につける必要がある製品とも言えます。

毛根に詰まって育成を阻害する

そもそもなぜリンスが頭皮に良くないのかというと、毛穴に詰まって毛の成長を邪魔するからなのです。毛先など髪の毛そのものには効果的な成分を配合しているのですが、それが毛穴に詰まって固まってしまうことで、今の毛が伸びたり新しい毛が出てくることを防いでしまうわけですね。またその詰まりは汚れとして地肌にも影響を与えます。雑菌や皮脂と混ざって臭いやフケ、痒み、脱毛の原因となってしまうのです。

あくまで毛のケア用

またリンスそのものは頭皮をケアする効果を持っていません。あくまで髪の毛そのものをケアするための製品です。ですから頭皮につけてもメリットはないんです。自然についてしまったのならまだしも、故意につける必要はありません。また自然に付着してしまった場合はリンスが詰まらないようにするため、頭皮は念入りに洗い流しましょう。

あえて毛先だけリンスを付ける

ロングの方が毛先だけ洗うならと先に述べましたが、髪の毛のダメージの具合によってはそれで十分な方もいるんです。というのも、髪の毛は毛先に従ってダメージを受けやすくなっています。当然ですが、根元は毛穴から生えてきたばかりの髪の毛なので、出る前からダメージを追っているということはまずないんです。ですから頭皮にリンスがつくことに不安があるならば、毛先だけリンスでケアをするという方法も髪の毛には有効と言えます。

皮脂の分泌量は注意

とは言っても、頭皮にも詰まったリンスを取り除く機能がないわけではありません。皮脂の分泌によって毛穴から除去されてしまうんです。もちろんだからといって安心はできません。洗うことを怠けてしまってはその分皮脂の分泌量が増え、ホルモンバランスが乱れるなど2次被害の発生もありえますし、皮脂量が少ない方は分泌されても詰まりを除去できないかもしれません。皮脂の機能を理解しつつも、きちんと洗ってあげてください。またここではリンスと明記していますが、シャンプーの後に髪の毛のケアを行う製品ならばトリートメントもコンディショナーも同じです。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    知っていると便利!指輪の知識あれこれ

    お洒落やファッションで指輪をつける方が多いと思いますが、指輪のつける位置で意味が変わってきたり運気が…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    知らなきゃ損するお得にランチを楽しむ方法

    働く人の悩みの一つに必ずあがるランチタイムですが、みなさんはどうやって乗り切っていますか? 今…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    ビジネスシーンで場が凍りつくNGワード

    無意識に誰かが発した一言でその場が凍りついた経験ってありませんか? 今回は、職場で要注意!ビジネス…
ページ上部へ戻る