冷え性改善冷房対策に役立つアイテムはこれだ

女子力アップ通信教育講座

夏場でも冷え性という方が増えています。それはなぜかというと、なんと冷房の当たりすぎです。自分で当たりに行く方はもちろん、オフィスの設定温度や家族の希望で変えられないという方も多いようですね。せっかく暑さをしのげているのに、今度は冷え性では、本末転倒です。冷房の設定温度を変えたり向きを調整すれば改善できる場合もありますが、他者が冷房を使っている場合にはなかなか希望を叶えてもらえないこともあります。そんな時に役立つアイテムを紹介します。

冷え性という負傷した体を守ろう

運動時、負傷している部分に着用するサポーター。これが冷え性にも役立ちます。サポーターは厚手のものが多く、1枚つけるだけでも温まりますね。暑い時はサポーターだけ取り外せば良いので面倒な手間がないのもオススメです。

中でも日焼け対策?

日焼け対策として用いられるようなアームカバーも効果的です。アームカバーは腕の大部分を覆ってくれるので、袖が短くても冷えから腕をガードできるんです。お客さんの応対時や外出時はアームカバーを外せば良いだけなので、上着よりも時短ができます。1枚1枚が小さい、薄手のものが多いですから、必要に応じて重ねて使うとより効果的ですよ。

首周りをおしゃれにガード

ストールも効果的なアイテムです。首周りは血管が集まっており、冷やしたくない部位ですよね。そこをガードするのに役立ちます。マフラーほど暑苦しくないですし、大きなスカーフを巻いているような感覚でおしゃれの一つとして活用してみるのも良いですよ。こちらも取り外しが用意なので手間取りません。

見えないように温める

これまで紹介したのは相手に見えてしまうアイテムですが、見せないアイテムなら腹巻がベスト。内蔵があるお腹をしっかり冷えから守れば、生理痛などの女性問題も同時に緩和できます。お腹の部分は汗もかきやすいので、吸収や速乾性のよい素材を選ぶとムレや痒みもなく1日すごせますよ。

冬の薄着アイテムがベスト?

いかがですか?既に使っているという方も多いかもしれませんね。ポイントは冬場に用いるアイテムの中でも薄手のものをイメージすることです。極端に厚手のものですと冷房対策どころかかえって暑くなってしまいますし、周囲の方も暑苦しく感じてしまうでしょう。薄手のアイテムは重ねて使えばより効果的に冷えを抑えることができますし、取り外しが便利なんです。また畳んでしまえば場所もとらないので、勤務先に常備もしやすいですよね。今回は紹介していませんが、レギンスやストッキングなども重ねて履と冷えを抑えられますよ。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    職場で評判のいいあの子の8つの行動パターン

    毎日の職場、ただでさえ仕事が忙しくて大変なのに、その上人間関係にまで悩みたくありませんよね。 しか…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    ゴマがスゴイ!ゴマの6つの効果

    どんなお料理にも合うゴマですが、実は美容と健康にとても効果を発揮してくれるんです。 白ゴマや黒ゴマ…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    つけすぎ注意マスカラのデメリットを暴露します

    まつげを長く、太く見せてくれるマスカラはアイメイクにおいて重要なアイテムですよね。でも必ずしもメリッ…
ページ上部へ戻る