口臭、気になる?毎日のブラッシング+フロスで口臭ゼロへ

口臭、気になる?毎日のブラッシング+フロスで口臭ゼロへ

もわっとした口臭って、女子にとっては死活問題となります。凄く気になりますよね。
口臭ケアはしてますか?
口臭サプリとか洗口液とかを使うのもいいけれど、まずは基本的な歯磨きの習慣を見直してみましょう。
というのも、口臭の原因はほぼ口の中にあります。舌にたまった白っぽい舌苔(ぜったい)が口臭の原因になるのは有名だけど、歯垢や歯石がたまってできる歯周病や虫歯からくる臭いって相当なものです。
舌苔は専用のブラシを使って自己流でも取り除けるけれど、厄介なのは歯周病や虫歯です。歯医者さんに何度も通って治療を受ける必要があるし、放っておくと歯をなくしてしまう恐れもあります。
口臭は自分では気づきにくく、まわりへの迷惑度が高いものです。ニオイのエチケットである「スメルマネジメント」のためにも、歯垢をなくして口臭は予防しましょう。

歯医者さんもオススメする「毎日のブラッシング+フロス」

コップを左手に持ち右手で歯磨きをしている若い女性
口臭除去の最強アイテムとして、歯医者さんがオススメするのは「フロス」です。デンタルフロスとか糸ようじとか呼ばれているもので、要するに糸を使って歯と歯の細いすき間にへばりついた歯垢を取り除ける、歯の清掃用具です。
歯と歯の間にたまった歯垢(歯にたまった細菌の塊、プラーク)の除去率は

  • 歯ブラシのみの場合→58%
  • 歯ブラシ+フロスの場合→86%
  • 歯ブラシ+歯間ブラシの場合→95%

といわれています。
「歯ブラシのみで歯磨き終わり」では、歯垢が結構、残っているわけです。
歯ブラシ+フロスや歯ブラシ+歯間ブラシにする習慣をつければ、かなりの歯垢がとれます。
歯間ブラシとは、先端がワイヤーでねじってある小さなブラシで、サイズもSSSからLまであります。既にお使いの方も多いでしょう。
それに対してフロスは、何束かの繊維でこしらえられた糸で歯垢をこそげとっていくものです。持ち手に糸がとりつけられているホールドタイプと、指に糸を巻きつけて使うロールタイプがあります。
歯間ブラシは、歯と歯肉の間に入れて歯垢を取るグッズで歯周病予防のために使うもので、それに対してフロスは、歯と歯の細いすき間に入れて歯垢を取る虫歯予防のためのグッズです。
使いやすいのは歯間ブラシ、という人が多いですね。糸を手で動かしながら歯の汚れを削っていくフロスは、大変そうで面倒というのが正直な感想でしょう。
歯ブラシと歯間ブラシで歯垢が95%も除去されますから、歯磨きの習慣としては十分ではあります。
歯科医院の施術機器
ですが、口臭除去については、歯医者さんがおすすめするのは「フロス」です。
フロスは、歯間ブラシで落とせない細いすき間についた歯垢まで落とせるので、口臭カットの威力がかなり高くなります。
歯と隣りの歯との間の細い面についた歯垢も落とせますし、「歯周ポケット」という歯と歯ぐきの間の溝にたまった歯垢も取り除くことができます。
歯垢がたまって発生する口臭なら、フロスを使えばほぼ100%除去が可能なぐらい、徹底的に歯垢対策ができます。
しかも、おこなう回数は1日1回、歯ブラシをした後にフロスを使うだけです。寝る前の習慣にしてしまえば、朝のもわっとした口臭も軽減されますよ。

フロスは慣れれば楽で経済的

歯ブラシや歯磨き粉などのデンタルケアアイテム
といわれても、糸を使ってひとつひとつの歯を磨いていくのは、やっぱり面倒ですよね。ですが、慣れてしまえば、歯間ブラシよりも楽でスッキリして安価なので、手放せなくなります。
そうなるために、初心者向きから順番にフロスをどう使えばいいか、みていきましょう。

初心者向き

初めてフロスを使う時は、糸がからまるんじゃないか、のこぎりのように前後に動かすと痛いんじゃないかなどなど、トラブルが心配ですよね。
そのような初めての心配には、ホルダータイプがおすすめです。
歯間ブラシを使ったことがある人なら、似た形状のホルダータイプのフロスなら扱いやすいでしょう。
ホルダータイプにはF型とY型があって、F型は前歯向きでY型は奥歯向きです。選び方は自分が使いやすい方をお選びください。
また、両方揃えて使い分けすることもおすすめですよ。
最初は時間がかかっても、慣れてくるとホルダーにセットされた糸の使い方がわかってくるので楽しくなります。

ホルダータイプに使い慣れてきたら

糸で歯垢をかきだすことに慣れてきたら、おすすめは糸巻きタイプのフロスです。
糸を40cmほどに切って指を使って歯垢をかきだすので、その感覚が身につくと楽にスッキリできて毎日やりたくなってくることでしょう。
おまけに安価なので、使い捨てのホルダータイプのフロスよりも経済的です。
糸巻きタイプには、糸の種類が3種類あります。

  • ワックス

糸巻きタイプが初めての場合は、ワックスがおすすめです。糸の繊維がワックスでコーティングされているので、滑りがよく歯間に入れやすく糸が切れにくくからみにくいので、慣れなくても歯垢をかきだしやすいです。詰め物が多い人にも向きます。

  • ノンワックス

とはいっても、歯垢をかきだすのに向いているのは、糸の繊維がワックスでコーティイングされていないノンワックスタイプなんです。コーティングされていないため、糸の繊維が唾液などで広がるので歯周ポケットについた歯垢もとれやすくなります。

  • エクスバンド

もっとも歯垢が取れるのはエクスバンドタイプです。唾液や前後運動の摩擦で糸がスポンジのようになるタイプなので、歯垢が取れやすいです。ただし、歯間が狭いところは入りにくいこともあります。
自分に合った種類を選んで、糸を指で使って歯垢をからめとるやり方に慣れていってください。

フロスの使い方・効果的な使い方

歯科助手の女性が指を指してポイントを示す様子
糸がホルダーの先端についているので、片手でも使える手軽さがメリットです。とはいっても、ホルダーで固定されているので小回りがきかないデメリットもあります。

ホルダータイプのフロスの使い方

鏡を使って確認しながら糸の部分を当てるのが第1のポイントです。
歯と歯の間に入れる時には、歯肉が傷つかないようにゆっくりと小さく動かしながら入れるのが第2のポイントです。ホルダーの前方をつまんで持つようにすると、動きが大きくなりません。
取り出す時もゆっくりと小さく動かしながらします。歯垢が取れたら、洗って次の歯に移ります。
ホールドタイプのものは使い捨てです。

糸巻きタイプのフロスの使い方

糸がすべってうまく使えないということもあります。最初、左の中指に糸をからめる時に糸を交差させると、上の糸が下の糸を押さえる形になるのですべりにくくなります。これが第1のポイントです。
きつくならないように、40cm程度巻きつけていきます。糸の巻き終わりも右手の中指に糸を交差します。
左手の人差し指と右手の親指でコントロールしながら、歯垢をかきだしていきます。糸を使った部分はずらして、いつもきれいなところで磨くようにします。
歯と歯ぐきの間の歯周ポケットまで糸を入れるのが第2のポイントです。痛みはありません。
最初はわかりにくいので、フロスを使いたいと思った時は糸巻きタイプはもちろん、ホールドタイプでも一度は歯医者さんに教えてもらうのがいいでしょう。

フロスを使って口臭がチェックできる!

フロスを使って歯のすみずみまで磨いた後、フロスのニオイを嗅いでみてください。歯垢が十分とれていたら、かなり臭いがします。
そんな時は、気づかなかっただけで口臭があったかもしれませんね。毎日の習慣にして「歯ブラシ+フロス」をやっていくと、臭いは減っていきます。
フロスで口臭チェック、ぜひやってみてくださいね。

まとめ

いままで歯ブラシだけしか歯磨きをやってこなかった人には、フロスを使うことで目から鱗が落ちる経験ができます。
口臭チェッカーで測る口臭の度合いよりも、もっと正確に直接的にフロスで口臭の度合いを知ることができます。
特に、女子にとってフロスを利用する最大のメリットは「口臭が消える」ことです。
まずは、ホールドタイプから始めてみませんか?
習慣になると、フロスを使わないとすっきりできない!という感覚になりますよ。

関連記事

人気の記事

  1. 時短&節約!無駄遣いをしなくなるスーパー買い物術!教えます

    時短&節約!無駄遣いをしなくなるスーパー買い物術!教えます

    毎日の買い物、皆さんはどうやって節約や無駄遣いの回避の仕方を考えていますか。 よく、ニュースやバラ…
  2. 隣り合った言語を勉強してみよう

    以前、フランスへ旅行に行った際に面白い光景を目にしました。 バスに乗っていると、通路を挟んで隣の席…
  3. デリケートゾーンの黒ずみのお悩みはこれで解決!原因と対策グッズ紹介!

    デリケートゾーンの黒ずみのお悩みはこれで解決!原因と対策グッズ紹介!

    デリケートゾーンの黒ずみって、気がついた瞬間から気になって仕方がないですよね。 そんなプライベート…
ページ上部へ戻る