絶対焼けたくない人必見!厳選おすすめの日焼け止め5選

絶対焼けたくない人必見!厳選おすすめの日焼け止め5選

白く透き通るような肌は、女性なら誰しも憧れますよね。
日焼け対策は早いうちから対策していないと、シミやソバカスの原因にもなってしまうので、日焼け止め選びはとても大切です。
また、今は地球温暖化によりオゾン層が破壊されてしまっているので、より紫外線が強力になってしまっているんです。
過度な日焼けは、肌にも体にもよくないので、そういった対策の面でも日焼け止めの存在は大事なんですね。
そこで今回は、絶対焼けたくない人必見の厳選おすすめの日焼け止め5選を一挙ご紹介します。

日焼け止めのSPFやPAって何?!どうやって選べばいいの??

日焼け止め
日焼け止めを探す際、よくパッケージにSPFやPAと書いてあるのを見たことがありませんか?
これは、日焼け止めの持つ数値のことなんです。

SPFとは、紫外線B波を防止する効果の数値

SPFとは、紫外線B波を防止する効果の数値のことです。
そのため、SPFの数値が高いほど、日焼け止めの効果がより高いということが分かります。
紫外線B波(UVB)は、肌を赤くする紫外線の種類のことです。
オゾン層が破壊されてしまっている現在、紫外線量は増えており、深刻な被害となっています。
紫外線B波を強く浴びすぎてしまうと、皮膚ガンや炎症、シミの原因にもなってしまうので怖いですよね。

PFとは、紫外線A波(UVA)を防止するための数値

一方、PFとは、紫外線A波(UVA)を防止するための数値のことです。
こちらも、SPFと同様に、この数値が高いほど紫外線を防ぐ効果が高いので、日焼け止め選びの参考にしてみてください。
紫外線A波は、肌を黒くしたり、ツヤをなくしてしまう原因にもなってしまうので、紫外線B波と同じく、しっかり対策することが大切です。
このPFの数値が高いほど、日焼けの効果は高いですが、肌への負担も多くなってしまう可能性もあります。
使用頻度や用途を使い分けて選んだり、べたつかない滑らかなテクスチャのものを使用するのもいいですよ。
では早速、具体的におすすめの日焼け止めアイテムをご紹介しますね。

スーッと溶け込む水のような質感!!“ロートのスキンアクア“はコスパ最高アイテム?!

まずご紹介したいのが、ロート製薬が出している「スキンアクアスーパーモイスチャージェル」です。
こちらの日焼け止めの良さは、つけた瞬間からスーッと肌に溶け込む、水のようなテクスチャが魅力的な日焼け止めです。
香りも全くきつくなく、白浮きしたりベタつかない点はいいですね。
そして、「スキンアクアスーパーモイスチャージェル」の良さと言えば、何と言ってもコスパの良さです。
SPF50+、PA++++と効能もしっかりあるのに、お値段600円程度とお手頃価格な点はいいですね。
「スキンアクアスーパーモイスチャージェル」には、ヒアルロン酸成分や加水分解コラーゲンなど、多くの潤い成分が配合されているので、つけただけで肌を保湿してくれる効果もあります。
保湿しつつも、軽いつけ心地なのはいいですよね。
肌への負担も少なく、石鹸を軽くのせただけで、すぐに落とせる点も魅力的です。
ただ一方で、日焼けに若干ムラが出てしまうのと、汗や水に弱いところが難点です。
敏感肌であまり肌に刺激を与えたくないという方は、普段使いは、こちらの「スキンアクアスーパーモイスチャージェル」を使用して、肌へのダメージを抑えるようにすると安心ですね。
マリンスポーツや屋外活動が多い方には適さないかもしれませんが、普段のちょこっとした外出やオフィスへの出勤程度であれば、おすすめですよ。
ダブルクレンジングも不要なので、デイリー使いにぴったりです。

香水感覚で使用できちゃう?!“雪肌精のホワイトUVミルク”も使いやすい!

スキンケアアイテムを手に出している様子
続いてご紹介するのは、コーセーが出している「雪肌精 ホワイトUVミルク」です。
コンビニやドラッグストアなどで販売しているので、うっかり外出先へ日焼け止めを忘れてしまった際も、気軽に購入できる点が重宝しているポイントです。
「雪肌精 ホワイトUVミルク」は、乳液タイプのサラサラとしたテクスチャの日焼け止めです。
つけた直後はベタベタしますが、時間がたつとベタツキが消え、さらっとした感じに変化してくれる所がポイントです。
和漢植物成分が含まれているので、肌への負担も少なく、保湿効果が含まれている点もいいですね。
また、モダンフローラルの香りがとても素敵で、つけるだけで心がほっとするような所もこの商品のおすすめポイントです。
日焼け止めのニオイが気になるという方は、香水感覚でポイント使用してみるのもおすすめです。

肌が弱い方も大丈夫!!“資生堂のANESSA(アネッサ)”なら、赤ちゃんや敏感肌の方も安心!

帽子やサングラスなど夏活躍するアイテムたち
日焼け止めを塗ると、かぶれてしまう敏感肌の方もいるのではないでしょうか。
日焼け止めに含まれる成分が刺激となり、肌荒れを起こしてしまうこともありますよね。
そんな方におすすめしたいのが、日本No.1コスメブランド資生堂が出している「ANESSA(アネッサ)」シリーズです。
スキンケア研究もパイオニア的存在の資生堂では、日焼け止めも肌へのダメージを最小限にする最先端のアイテムを出しているんです。
中でも、ANESSA(アネッサ)は、無添加・無香料・無着色で作られており、アルコールや油、防腐剤などが含まれていません。
紫外線だけでなく、空気中の微粒子や汚れもブロックしてくれる高性能の日焼け止めで、スキンケア成分が5割も入っていて、美容効果も非常に高いんです。
それなのに、SPF50+でPA++++と日焼け止めとしての効果も抜群です。
赤ちゃんから敏感肌の大人まで、幅広い世代の方が使うことが出来る安全面もポイント高ですね。
ANESSA(アネッサ)は、日焼け止め特有のベタベテヤニオイが全くありません。
ミルクジェルのようなサラサラとしたテクスチャは、まるで乳液のようです。
塗った瞬間からサラサラとなるので、熱い時期などはまさに手放せないアイテムです。
ANESSA(アネッサ)は、密着性が高いので、日焼け止めをクレンジングする際は丁寧に石鹸を肌に優しく馴染ませて、浮かせるようにしてから流しましょう。

絶対焼けたくない人にはコレしかない!“カネボウALLIE(アリィー)「UV PERFECT」”が最強!

ひまわり畑の中で帽子をかぶった女性が立っている
絶対に日焼けしたくない方の最強アイテムは、カネボウのALLIE(アリィー)ですね。
テレビCMでもお馴染み「絶対焼かない」のキャッチフレーズでも有名なALLIE(アリィー)は、その名の通り、本当に日焼け止めが落ちず、効果絶大のおすすめアイテムです。
水や汗に強い「スーパーウォータープルーフ」効果と、衣服の摩擦により日焼け止め落ちを防ぐ「フリクションプルーフ」を搭載した最強の日焼け止めなんです。
SPF50+、PA+++++と効能もすごいですが、本当にALLIE(アリィー)「UV PERFECT」の日焼け止めは1日落ちないので、効果を持続することができる点もおすすめです。
また、テクスチャはさらっとした滑らかなジェル状になっているので、つけ心地も抜群です。
日焼け止め特有のベタツキやもたれ感もなく、のびもよい点もポイントです。
また、ALLIE(アリィー)の「UV PERFECT」日焼け止めには美容液成分も配合されているので、使用するだけでみずみずしい肌にもなれちゃう優れものです。
どんなに汗をかいたり水や衣服でこすれても、しっかりサポートしてくれるので、まさに日焼け止めの最高傑作ですね。

カネボウALLIE(アリィー)はフェイシャル向け日焼けも無敵!! “「UV FACIAL GEL」と「UV BB GEL」”もおすすめ!

大人気のカネボウALLIE(アリィー)ですが、全身用の日焼け止めだけでなく、顔用の日焼け止めラインも、とても効果があっていいですよ。
中でもおすすめしたいのは、「UV FACIAL GEL」と「UV BB GEL」の2種類です。
化粧崩れを防いでくれる効果も欲しい方は、「UV FACIAL GEL」というピンクの文字で描かれたパッケージがおすすめです。
また、BBクリームでカバー力も期待したいという方は、オレンジの文字で描かれた「UV BB GEL」がぴったりです。
どちらも日焼け止め効果はもちろんのこと、とても軽くて、自然に肌に馴染んでくれるので、この上からファンデーションを重なれば、化粧崩れも心配なしですよ。
どちらも、石鹸でスルスルっと簡単に落とすことが出来る点も魅力的です。
肌へのダメージも少ないので、お値段はちょっと高めですが、絶対におすすめしたい日焼け止めアイテムです。
普段の下地の代わりに使用もできますし、肌馴染みもよいのでマストアイテムです。

まとめ

絶対焼けたくない人必見の厳選日焼け止め5選をご紹介しました。
たくさんのメーカーから出ている日焼け止めですが、効能や特徴が異なります。
選び方のコツは、自分の肌のコンディションや対策したい内容にあわせて、自分にあった日焼け止めを選ぶことです。
紫外線からお肌を守り、美白美人を手にいれましょう!

関連記事

人気の記事

  1. 思わず引いてしまう彼氏の7つの行動

    現在お付き合い中の彼。大好きで信頼もしているけれど、思わず引いてしまった瞬間ってありませんか? 今回…
  2. 掛川で見る「遠州七不思議」

    静岡県内にあるミステリースポット・七不思議をご紹介する第2弾は 「遠州七不思議」です。 七不思議…
  3. 塾だけが全てじゃない教育ママ注目 お子さんの勉強スタイル

    一般的に日本では大学まで進んでから社会人として働く。そんな構図が出来上がっています。そのレールに従っ…
ページ上部へ戻る