眼精疲労を和らげる方法とは 目は一生の宝物

眼精疲労を和らげる方法とは 目は一生の宝物

パソコンやスマホ、ネットゲームと眼を使う作業が増えています。
長命になっているにもかかわらず、目を使う作業の増加で眼精疲労が原因の目の病気になる人も多くいます。
中には原因不明の病気もありますが、眼精疲労を和らげることで予防できる病気もあります。
それでは、眼精疲労を和らげる方法についてご紹介しましょう。

眼精疲労って何?

目がつらそうなスーツを着た若い女性
目がしょぼしょぼする時はありませんか?
物を見るだけで目の疲れや痛みを感じたり、視野がかすんでぼやけるだけでなく、頭痛や肩こり、嘔吐、疲労感を起こすこともあります。
それが、眼精疲労です。
ひどくなると、目が痛くて開けていられないということもあります。

眼精疲労の原因

眼精疲労の原因は、その名の通り目の疲れです。
目の使い過ぎが原因となります。
他にも、視力が悪いのに眼鏡を使わずに無理に細かい字を読もうとしていることや、眼鏡そのものが合わないことも原因です。
近視、遠視、老眼とその矯正の不具合によっても起こります。
近視と乱視の人は、眼鏡をしても長時間の運転はつらいですね。
身体も疲れますが、目が疲れて肩こりや頭痛を引き起こすこともあります。
コンタクトレンズを使っている人は、ドライアイになることもあります。
コンタクトレンズではない人でも、長時間凝視していると目が疲れてドライアイになりますが、コンタクトレンズの人はドライアイが原因の眼精疲労にもなりやすいです。
緑内障・白内障という目の病気を持つ人は、どうしても健康な目の部分が無理をしたり、見えにくいものを見ようとするため、眼精疲労になりやすいです。
他にも目の病気を持つ人は、目が疲れるような行為はできるだけ避けるようにしましょう。

眼精疲労の症状

眼精疲労は目が疲れることで「眼精疲労」と気が付くことがありますが、それ以外の症状でも眼精疲労の場合があります。
それでは、眼精疲労にはどんな症状があるのでしょうか。
まずは、目の症状です。

  • 目の疲れ
  • ぼやけて見える
  • 目がしょぼしょぼして目を開けるのがつらい
  • 目の痛み、ヒリヒリとした痛みがある
  • 白目が赤くなる(充血)
  • 目や目の周りが重く感じる
  • まぶしくて見ずらい
  • 何か目の中に異物が入っているような感じがする
  • 涙目になる

身体の症状です。

  • 肩こりで肩から指先まで痛みがある
  • 首筋から頭にかけての頭痛がある
  • 倦怠感・疲労感
  • めまいがする
  • 吐き気がある

こういった症状が出ているときは、眼精疲労、つまり目が疲れているということです。
目を休めましょう。
無理をすると、年齢によっては目の病気や老眼の進行につながります。
老眼というと50代、60代と考える人もいますが、30代で老眼が始まる人もいます。

眼を休めることが一番

アイマスクをした女性
眼精疲労の一番の和らげる方法は、目を休めることです。
目を休めると言っても特別なことをする必要はありません。
しかし、近視や老眼になりやすい人の多くは、目を酷使している人に多く現れます。
パソコンやネットワークを使った仕事、職人や歯科技工士など細かい作業をする仕事、教員や翻訳家など細かい文字を常に見る仕事など、目を酷使する人ばかりです。
そこで、少しでも目を休める時間を作りましょう。
長時間パソコン作業をしたり、スマホを見過ぎて疲れたと思ったら、目を20秒ほど閉じるだけでも目を休めることができます。

眼精疲労の原因別対処法~目を酷使している人

目を休ませるためには、そのまま目を閉じても良いですが、余裕があれば次のようなことをやってみましょう。
こちらの眼精疲労の改善法は、目の使い過ぎ以外の人にも共通する対処法です。

  • 目のストレッチ
  1. 目をギュッと10秒間閉じます。
  2. 目を開いたら眼球だけを右に動かし5秒停止します。
  3. 次に、左に動かし同じ様に5秒停止します。
  4. さらに、上下も同じ動きをします。
  5. これを2回繰り返します。

忙しい人は毎日ちょっとした合間、例えば、銀行や病院で待っている間、トイレの中、行列に並んでいる間に行ってみましょう。

  • 目を温める

最近、目を温めるための使い捨てアイマスクや、温熱のアイマスクが売っています。
もちろん、こういったものを使っても良いですが、身近なものを利用するなら、普通にタオルを濡らし電子レンジで温めたものを使うこともできます。
職場なら、お手拭きタオルやタオルハンカチが1枚あればそのまま利用することもできます。

  1. 給湯器のお湯を少しぬるめにして、手で持っても熱すぎないくらいの温度にし、しっかりと搾ります。
  2. 上を向いて目を閉じて、そのまま5分から10分間、リラックスしながら目を温めます。
  3. 同じ様に、うなじや肩にも温めたタオルを乗せると、さらに血流がよくなり効果的です。

目の病気が原因の場合①~緑内障や白内障~

眼精疲労の原因に、緑内障や白内障があります。
40代を過ぎると、私たちの目は疲れてきます。
読書やゲーム、勉強、畑仕事と日々酷使続けてきた目は、加齢に伴って様々な病気を引き起こします。
緑内障や白内障は、高齢の病気という認識がありますが、現代の高齢者と以前の高齢者では認識が異なるようです。
皆さんもご存知の「少年よ、大志を抱け」という言葉の全文「Boys, be ambitious like this old man.」のこの老人のように大志を抱け、となっていますが「この老人」つまりクラーク博士は、当時50代でした。
今の50代に老人と言ったら怒られてしまいますが、身体の機能を考えると、50代はすでに加齢が始まっています。
緑内障や白内障は50代でも、なって当たり前の病気になります。
もちろん、人生80年、90年時代の今、50代で白内障や緑内障になると、医師も「若年性」と言います。
しかし、40代で緑内障、50代で白内障は珍しい病気ではなくなっています。

緑内障、白内障の対処法

緑内障は、気がつきにくい病気です。
しっかりと見えているから大丈夫、自分は高血圧や糖尿病などの病気を持っていないから大丈夫と思っていませんか。
緑内障は、知らないうちになっている人が多い目の病気です。
例えば、粉症で行った病院で「白内障」と診断され方が、セカンドオピニオンで行った病院で「緑内障」と診断されましたという話もあります。
同じく、全く違う病気で入院していた人で、たまたま入院先の眼科に行ったところ「緑内障」と診断されたというケースもあります。
緑内障は、目の視野が徐々に欠けていく病気です。
目が疲れやすい、見えにくいという原因の1つに緑内障があります。
緑内障は、放置していると「失明」してしまいますが、症状を緩和する目薬があります。
40代、50代になったら時々眼科に行って、目の健康診断を行い、病気が発見されたら早期治療を開始するようにしましょう。
50代で白内障と言われるとショックを受けますが、実は50代の白内障はとてもラッキーと言います。
なぜなら、白内障手術で希望のレンズを入れてもらうことでなんと老眼鏡が不要になるのです。
緑内障、白内障は放置していると眼精疲労も引き起こします。
できる限り早めに医師に診断をしてもらい、適切な治療を行いましょう。

目の病気が原因の場合②~ドライアイ~

指にコンタクトレンズをのせている
目は24時間常に、涙が表面を循環しています。
時々、目を開いたままにしていると疲れて瞬きをするのは、目の表面が乾かないようにしているためです。
ところが、コンタクトレンズをしている人は、この瞳の上に蓋をしていることになります。
近年コンタクトレンズの性能もよくなりドライアイになることも減りましたが、無関係というわけではありません。

ドライアイの人の対処法

コンタクトレンズを使っている人は、コンタクトレンズにあった使用法を守りましょう。
また、コマメに専用の目薬を利用し、ドライアイにならないように注意します。
カロテンが多く含まれる緑黄色野菜や、うなぎ、卵に含まれるビタミンAは、ドライアイに有効な栄養素として有名です。
目が乾きやすい、コンタクトレンズを使用しているという人は、できる限りビタミンAやカロテンを多く含む食品を取るようにしましょう。
野菜以外でもリンゴの皮、いちご、みかんにもカロテンは多く含まれています。
はっきりとした色の野菜や果物を、毎日しっかりと摂り眼精疲労を予防しましょう。

目のピントが合わない人

スマホの小さな文字を必死に見ている男性
近視や老眼で、すでに眼鏡をしているのに目が疲れる、という人の中に2つのタイプがあります。
まず、1つ目は眼鏡による矯正が合っていない場合です。
そして、2つ目は合い過ぎている場合です。
合っているのになぜ?と思うかもしれません。
しかし、合い過ぎても疲れるということがあります。

目にあった眼鏡、コンタクトレンズを選ぶ

当たり前のことですが、意外と目に合った眼鏡を選ぶというのは難しいものです。
合わないまま眼鏡を使う人もいますが、合わない眼鏡は、目が無理をするため逆に眼精疲労を招いています。
しかし、見えすぎる眼鏡も疲れると言います。
裸眼の友人たちは1.5だったから、眼鏡をしても1.5見えないと不安と思う人もいるかもしれません。
眼鏡をかけた矯正視力は0.7から1.0の間くらいが良いと考えられています。
眼鏡を作る時、左右で別々の視力に合わせて作りますが、運転免許の時は両目で0.7となっています。
片目で見て、0.7から0.8くらいが理想です。
これは眼鏡だけでなく、コンタクトレンズも同じです。
さらに、無理をしているのが老眼です。
早い人は30代でなる老眼ですが、裸眼の視力が良い人ほど早くなるため、なかなか老眼と認めたくないようです。
そのため、見えないのに頑張って見てしまうため、目を酷使してしまいます。
また、老眼はどんどん進んでいくのだからと、安価な老眼鏡を購入する人がいます。
大まかな老眼鏡というのは少し性能が良い拡大鏡のようなもので、老眼鏡といっても自分の目にちゃんと合ったものではありません。
パソコンや細かい字を見る仕事をしている人は、初めからきちんとした老眼鏡をおすすめします。
特に、近眼で乱視の人が老眼になると近視用・乱視用・老眼用とすべてを合わせた眼鏡が必要です。
眼精疲労の対処法として、しっかりとした医師の処方箋にあった眼鏡やコンタクトレンズを作ってもらうようにしましょう。

全ての人への対処法

目のストレッチや休めることも大切ですが、その他にも対処する方法があります。

目が疲れない場所の確保

パソコン仕事をする時、読書、手芸をする時は目が疲れない場所で作業をするようにしましょう。
文字と目までの距離、角度と無理をすると目が疲れてしまいます。
また、部屋が明るすぎても暗すぎても、目は疲れます。
少し明るさを抑えたくらいの、見やすい明るさの部屋でパソコン作業や、読書、手芸をするようにしましょう。

ストレスを溜めない

眼精疲労全般の対処法で、一番良いのはストレスを溜めないことです。
ストレスは、身体全体の血流を悪くするため、目や頭部への血の巡りも悪くしてしまいます。
疲れを溜め込まない、ストレスを溜めないということは、目の健康にも最も効果的です。
イライラしてパソコンやスマホ、書面の文字を読んでも、なかなか頭に入らず、長時間目をつかって文字を読むことにつながります。
疲れたら、身体をほぐして好きな飲み物を飲んだり、散歩したりとストレスを発散するようにしましょう。

まとめ

私たちにとって、見える、聞こえる、話ができるということが当たり前と思ってしまう日常があります。
しかし、それは見えない人にとって当たり前のことではありません。
眼精疲労のまま放置しておくと、後にとんでもない病気になってしまうかもしれません。
今、目で見て生活ができる人はそれを当たり前と思わずに、大切な宝物だと思って大切にしましょう。

関連記事

人気の記事

  1. 食べる事への恐怖心は摂食障害のはじまりかも!?

    間違ったダイエット方法を選んでしまうと、発症すると言われている摂食障害ですが、現在、若い女性を中心に…
  2. 絶対おすすめの都内で回れる夜景絶景スポット7選!!

    絶対おすすめの都内で回れる夜景絶景スポット7選!!

    都内では、美しい夜景を見ることができるスポットがたくさんあります。 高層ビルの窓灯、飛び立ったばか…
  3. いちご鼻をどうにかしたい!絶対試したい優秀毛穴パックはコレで決まり!

    いちご鼻をどうにかしたい!絶対試したい優秀毛穴パックはコレで決まり!

    メイクで隠しても目立ってしまうし、小鼻の黒ずみや毛穴にお悩みの方って多いのではないでしょうか。 い…
ページ上部へ戻る