繰り返しできる口内炎とサヨナラ!すぐに実践したい口内炎の予防法とは?

繰り返しできる口内炎とサヨナラ!すぐに実践したい口内炎の予防法とは?

「美味しいものをたくさん食べたいのに、口内炎が痛くて食べられない!」、そんな経験をしたことがある人は多いですよね。
口内炎のイヤなところは、治ったと思ってもまた繰り返すというところではないでしょうか。
せっかく治ったと思ってランチの予約をしても、再発してしまうと楽しめません。
そこで今回は、癖になってしまったガンコな口内炎を予防するのに、役立つ情報を紹介していきます。
治ったと思ってもすぐに口内炎ができてしまう人は、一度生活習慣から見直してみるのがおすすめですよ。

いろいろな口内炎

歯科衛生士の男女
実は口内炎といっても、種類がいくつかあるということを知っていますか?口の中や周辺の粘膜にできる炎症を「口内炎」と呼んでいるのですが、その原因は様々なのです。
ただし、共通して言えるのが「痛みをともなう」ということです。
痛みの強さはいろいろですが、食べ物がしみたり、口を大きく開けられなかったりという症状が現れます。
最も多いのが「アフタ性口内炎」と呼ばれるものです。
口の中の粘膜に白や黄色といった腫瘍ができ、その周辺は赤く炎症を起こしています。
だいたいが1~2週間で治るのですが、同じところにまた再発してしまうようなものは「再発性アフタ性口内炎」と呼んでいます。
ほかにも、なぜか口の中をよく噛んでしまうといった場合は、「カタル性口内炎」にかかっているかもしれません。
カタル性口内炎は、口内炎の特徴でもある白い腫瘍が見られず、口の中が赤く腫れている状態が続くので、一見口内炎と気づかない人も多いようです。
このように口内炎にはいくつかの種類があり、それぞれに対処法があります。
自分に当てはまる口内炎を知っておくのが必要ですね。

繰り返す「アフタ性口内炎」を防ぐには?

眼鏡を持ち頭をかき眠そうにしている女性
白い腫瘍ができる口内炎がすぐに再発してしまうという人は、「再発性アフタ性口内炎」になっている可能性があります。
アフタ性口内炎の主な原因は免疫力の低下です。
免疫力が低下すると口の中に傷ができたとき、ウイルスや細菌に感染しやすくなり口内炎の悪化につながります。
では、繰り返すアフタ性口内炎を防ぐにはどうすればいいのでしょうか。
まずは、免疫力のアップです。
自分の日々の生活を見直してみることが大切ですね。

  • 寝不足
  • 食事の偏りや過度な外食
  • 運動不足
  • ストレスを抱える

これらは、すべて免疫力の低下を招くといわれていることです。
口内炎の薬はドラッグストアでも手に入るため、薬でその都度治療しているという人も多いでしょう。
根本的な解決を望む場合には、生活習慣を正しくリセットするようにしましょう。
また、女性は生理前にホルモンバランスが崩れやすくなります。
女性ホルモンに似た成分である大豆イソフラボンを多く含む食品をとったり、生理前は体をゆっくりと休めたりすることで、口内炎を防ぐこともできますよ。

「カタル性口内炎」がなかなか治らないときに疑うべきこととは?

一見腫瘍が見えないため、口内炎だと気づきにくいカタル性口内炎は、ひどくなると口臭がきつくなることもあります。
口の中全体が腫れていることにより、食事の味が感じにくかったり、刺激物がしみたりします。
カタル性口内炎も免疫力が低下しているときになりやすいのですが、口の中に原因が潜んでいることが多いのです。
免疫力が低下しているときに口の中が刺激にさらされることで発症します。
刺激の内容にはいろいろですが、代表的なのが歯並びの矯正器具や虫歯治療後のかぶせなどが擦れて粘膜を傷つけたりすることです。
もちろん、虫歯を治療せずに放っておくことで口内の衛生環境が悪くなり、粘膜を刺激して発症することもありますよ。
カタル性口内炎がなかなか治らないときは、一度かかりつけの歯科医に相談してみるといいでしょう。
そして、体をゆっくり休めて免疫力を回復するのも大切な予防法ですから忘れないようにしましょうね。

具体的な免疫力の高め方

ベッドに横になっている女性
口内炎を予防するのに最も大切なのは免疫力をアップすることです。
免疫力のアップは、意外に身近なことで簡単に行えるので取り入れてみるといいでしょう。
一番のポイントは質の良い睡眠をとることです。
日ごろから睡眠不足の人は免疫力が低下しやすいといわれています。
睡眠時間をたっぷりとることも重要ですが、それよりも大切なのは質の良い睡眠の確保です。
ぬるめのお風呂にじっくりと浸かり、入浴後、体温が徐々に下がり始めるタイミングで布団に入るとぐっすりと熟睡できますよ。
就寝前のスマートフォンは、脳が刺激を受けてしまい、質の良い睡眠の妨げとなるためNGです。

口内炎にはビタミンB群

口内炎がすぐにできてしまうという人は、必要な栄養素が足りていないことが原因の一つとなっていることがあります。
口内炎に効く栄養素はビタミンB群です。
例えば、ビタミンB2を多く含むうなぎ・レバー・青魚、ビタミンB1を多く含む豚肉・豆類、ビタミンB6を含むマグロ・バナナなどは積極的に摂取したい食べ物です。
ただし、ビタミンB群は水溶性で、たくさん摂取しても尿と一緒に排出されてしまいます。
毎日バランスよくとり続けることが大切です。
ビタミンAやビタミンC、鉄分や亜鉛もビタミンB群と一緒に取ると相乗効果を生み出します。
口内炎が気になるからとビタミンB群ばかりを意識的に摂取しても、あまり効果は期待できないかもしれません。
やはりバランスの良い食事を日ごろから心がけることが大切なのですね。

甘いものをたくさん摂ることは控えよう

ストレス解消に甘いものを食べている女性は多いですよね。
実はこれも口内炎を引き起こす原因となっていることがあります。
甘いものに含まれる砂糖は、体内で分解されるときにたくさんのビタミンやミネラルを消費します。
せっかくバランスの良い食事でビタミンやミネラルをしっかりとっていても、甘いものの食べ過ぎで足りなくなってしまうこともあるのです。
甘いものがどうしてもやめられないという人は、ミネラル分を多く含む黒砂糖や和三盆を使ったお菓子に変えてみるのもおすすめですよ。

ストレスをため込まない生活

ヘッドフォンをつけ窓から外を眺めている女性の後ろ姿
現代社会はストレス社会だともいわれています。
仕事が忙しい、人間関係で悩んでいる、などストレスの原因になる要素はいっぱいです。
ため込んでしまうと免疫力はどんどん下がり、口内炎もできやすくなります。
そこで、ため込む前に放出してしまうのが大切なのです。
ストレスの解消法は人それぞれですから、自分にあった方法を見つけることが大事です。
例えば、好きな音楽を聴いたり、ウォーキングやヨガで体を動かしてみたりすることはストレス解消法の代表でしょう。
そんな時間は取れないという人でも安心してください。
仕事の合間にちょっとしたストレッチを行うだけで体の緊張をほぐし、ストレス発散になるのですよ。
ほかにもガムを噛みながら仕事をすることも、ストレスをため込まない方法の1つです。
糖分を含むガムは口内環境に悪影響を与えるので、シュガーレスガムを選ぶようにしましょう。

まとめ

繰り返す口内炎で悩んでいる方の予防法についてまとめてみました。
予防法といってもどれも難しいことではありません。
もし、これらを実践してみても一向に改善されない場合は、ほかの病気のサインかもしれないので、医療機関を受診しましょう。
自分の今の生活をちょっとだけ見直すことで、口内炎がすぐできる生活とはサヨナラできることもあります。
問題が解決すれば、友達とランチの約束もしやすくなりますね。

関連記事

人気の記事

  1. 人気沸騰中のサイクリングをはじめよう!気軽に巡る都内サイクリングコース紹介

    人気沸騰中のサイクリングをはじめよう!気軽に巡る都内サイクリングコース紹介

    普段から自転車に乗ってお買い物している!という方も多いかと思います。都内の生活では自転車は移動手段の…
  2. 命令口調は逆効果!これで旦那が家事をした!家事をしない旦那の動かし方教えます

    命令口調は逆効果!これで旦那が家事をした!家事をしない旦那の動かし方教えます

    家事に育児にそして仕事にと、忙しい女性にとって夫が何もしない、というのはものすごいストレスです。 …
  3. お家パーティーの強い味方!みんなで楽しめるホットプレートレシピ!

    お家パーティーの強い味方!みんなで楽しめるホットプレートレシピ!

    友達や家族でちょっとしたパーティーをする際、何を作るかお悩みの方はいませんか? そんな時、ホットプ…
ページ上部へ戻る