長風呂が楽しくなる!おすすめリラックスグッズ紹介!

長風呂が楽しくなる!おすすめリラックスグッズ紹介!

寒い冬はゆっくりと入っていたいお風呂ですが、暑い季節になるとシャワーだけで済ませてしまう人や忙しいと長風呂が面倒になってしまう人がいます。
しかし、お風呂は湯舟にしっかりと時間をかけて入ることで、美容にも健康にも良いです。
お風呂が面倒にならないコツとしては、長風呂が楽しくなることが一番です。
それでは、長風呂が面倒にならない、長風呂が楽しくなるリラックスグッズについて、ご紹介しましょう。

長風呂のメリット

頭のヘアバンドをつけ、首にタオルを巻いた女性
湯舟にゆっくりと浸かる一番のメリットは、身体を温めることができることです。
女性に多い冷えや血行不良を改善するには、ゆっくりと湯舟に入ることが大切です。
しかし、熱すぎるお風呂は、決して身体に良いわけではありません。
少しぬるめ(37~39℃)のお湯に10~15分ゆっくりと浸かるのが良いと言われます。
10分浸かるのを長風呂というのか、という人もいるかもしれませんが、湯舟に5分も浸からずに出てしまう人が多くいます。
お風呂の中で寝てしまう、という人もいますが普通に何もせずに湯舟に入るのは、意外と退屈なものです。
長風呂だけでも、リラックス効果があります。
身体が温まることで血行が良くなり肩こりにも効果があります。
低体温の人は、湯舟に浸かった方が体温もあがり、新陳代謝や免疫力の向上にもなり、健康にも良いということです。
汗をかくことで、美肌効果にもつながります。
しかし、汗をかいたあと脱水状態にならないように水分もしっかりと摂りましょう。
それでは、早速長風呂をしてみましょう。

入浴剤やアロマオイルでリラックス

アロマオイルとリードディフューザーとお花
お風呂の中でゆったりするためには、入浴剤やハーブ、アロマオイルが効果的です。
入浴剤の色は、乳白色やピンク、黄色といった暖色と、緑や青といった爽やかな色がありますが、自分が一番リラックスできる色を選ぶことがおすすめです。
ピンクやオレンジ、黄色の入浴剤もありますが、すっきりとしたい時や夏場は、クールな入浴剤もすっきりとして気持ちが良いです。
お風呂の入浴剤というと粉末や液体のものを思い浮かべますが、花びらの形をしたものもあります。
バラの花びらを湯舟いっぱいに浮かべると、それだけで中世の貴族気分が味わえます。
入浴剤と同じ様に、お風呂に入れてリラックスするものに、アロマオイルもあります。
冬は温かい気分になれるアロマオイルがおすすめですが、夏は爽やかな香りも気持ちが良くなります。
カサカサの乾燥肌が気になる女性におすすめのアロマオイルは、お風呂用ホホバオイルです。
ホホバオイルは肌を滑らかにする効果があり、湯舟の中で温まりながら、すべすべの美肌作りができます。
ホホバオイルに無花果(イチジク)の香りやヒヤシンス、ミント、グレープフルーツの香りを加えたバスオイルがあります。
その時の気分に合わせて、好きな香りを利用してみましょう。
季節や好み、その時の気分に合わせて入浴剤やアロマオイルを変えて、湯舟の中でリラックスしましょう。

お風呂の中で好きな音楽を

お風呂用の音楽スピーカーがあるのをご存知でしょうか。
お風呂は水蒸気で機械ものがダメになってしまう、というのが常識ですが、最近はお風呂の中で見るテレビや、お風呂でスマホを使うためのグッズなどもあります。
その中で、おすすめしたいのが、お風呂で使える音楽用のスピーカーです。
スマホに入っている好きな音楽を、湯舟の中でゆったりと聴きたい、という時ってありますよね。
そんな時はBluetoothタイプの防水スピーカーを使いましょう。
中には、水に入っても大丈夫と、防水効果がかなり高いものもあります。
ソニー、ジーレック、アンカーと人気のメーカーから販売しています。
価格は3000円台から7000円台ですが、音の良しあしや好み、完全防水、大音量とそれぞれ特徴が違います。
お風呂場はただでさえ音が響くので、大音量は家の場所によってご近所迷惑かもしれません。
普通のスマホをそのまま風呂場内に持ち込むよりも安心なので、3000円のスピーカーでも充分かと思います。
学生の中には、お風呂に携帯ゲームを持ち込んでゲームをする子もいるということです。
中には、スマホそのものを持ち込んでゲームをする、という人もいますので、スマホそのものも、湯舟に落とさなければ、問題ないくらい性能は良くなっていはいるようです。
とはいっても、心配なので、やはり浴室用のスピーカーを使うのが一番でしょう。
クラシックからアニソンまで、好きな音楽を聴きながら、湯舟の中でゆらゆらと心地よいひと時を過ごしましょう。
つい自分も歌って、ご近所迷惑にならないようにしましょうね。

お風呂で遊ぶ?

小さい子どもは湯舟に入るのが嫌で、おもちゃを用意する家庭もあります。
それでは大人はどうなのでしょう。
いい歳してそんなことはできない、と思っているかもしれませんが、お風呂の中でワクワクドキドキできるアイテムがあるのをご存知ですか?
バスライト「プロジェクタードーム」と言います。
プロジェクターなんて高そう、と思われるかもしれませんが、1台1650円からとお手頃です。
お風呂の湯舟に浮かべて、お風呂場を真っ暗にして遊びましょう。
お風呂場全体が水族館や海の中のような気分にできるものや、プラネタリウムにできるものと色々な種類があります。
ゆったりとお風呂に入りながら、異世界空間を体験できるグッズです。
お風呂場の天井を宇宙空間にするも良し、お風呂場全部を海中にするのも良し、好みの異世界を作って、日常の疲れを癒しましょう。

お風呂枕でリラックス

お風呂場に置いてあるバスタオルとフェイスタオル
湯舟にはいると、つい眠ってしまうという人はいませんか。
湯舟の中は気持ちが良くて、疲れている時はついウトウトしてしまいます。
しかし、うっかり眠ってしまって首が痛くなってしまう、肩が凝ってしまう、そのまま湯舟に沈んで気が付いた、といった経験はありませんか。
そこで、おすすめしたいのがお風呂枕です。
中にはタオルを巻いて、湯舟の縁と首の間にはさむ人もいますが、タオルは濡れると気持ち悪くなります。
お風呂枕はバスタブの縁に乗せて、その上に頭を乗せると、ちょうど良い角度でゆったりと過ごせるようになっています。
ずり落ちることがないように吸盤もついているため、眠ってしまって枕ごと湯舟の中に落ちてしまう、という心配もありません。
また、私たちは「お風呂で寝る」と言いますが、正確には「お風呂で気絶している」のだそうです。

自宅でゲルマニウム温浴&ヒノキ風呂体験

アロマオイルと石
自宅で美顔、自宅で脱毛、といったグッズが色々と出ていますが、自宅のお風呂で「ゲルマニウム温浴」を体験できる温浴石があります。

ゲルマニウム温浴

ゲルマニウム鉱石は、まず熱湯で煮沸し、湯舟の中にいれて利用します。
湯舟に入れるだけで、身体の温まりが良くなり、血行促進やマイナスイオンでリラックス効果を感じることができます。
特に寒い季節は、ゲルマニウム鉱石を入れるだけで手足が温まりやすく、冷え予防の効果があると言います。
40℃のお風呂なら5分でポカポカになります。
ゲルマニウム温浴は、岩盤浴ができる温泉やエステサロン、美容サロンで利用されていますが、家のお風呂で体験できるのは嬉しいですね。
しかも、石なので毎回洗って長く使うことができます。
石からはミネラル分も抽出するため、入浴しながら毛穴からミネラルを吸収する効果もあります。
ゲルマニウム鉱石は、500gで2,000円前後のため、毎日使い捨ての入浴剤よりもとてもリーズナブルです。
身体が冷えて温まりにくい人におすすめのリラックスグッズです。

ヒノキ風呂体験

ゲルマニウム鉱石の他にも、木の香りで癒されるヒノキのボールといったものもあります。
ヒノキの香りが浴室全体に広がり、森林浴効果を体験することもできます。
普通のホーローのお風呂に入りながら、贅沢なヒノキ風呂に入っている気分を味わうことができるヒノキボールは、毎日の手入れだけで長く楽しめる入浴剤といえます。
アレルギーや浴槽の汚れが気になるので、普通の入浴剤が使えない、という人にはこういったグッズもおすすめです。
以前、ある人が「ゲルマニウム」と「プルトニウム」を間違えていましたが、全く違うものです。
間違えないようにお願いします。

まとめ

毎日のお風呂が、面倒という人はいませんか。
たかがお風呂ですが、お風呂に毎日入る、ということは認知症予防の目安の1つでもあるそうです。
シャワーだけでは、充分に汚れを落とすことも、身体の中から不要なものを出すこともできません。
しっかりと湯舟に入って、心も身体もリラックスしましょう。

関連記事

人気の記事

  1. 伊豆のミステリー 七不思議とは?

    伝説や昔話など、各地で昔から伝わるお話ってありますよね。 皆さんが住んでる地域にはありますか? …
  2. こんな上司にはついていけない!部下のやる気をなくすNGな行動と発言とは

    こんな上司にはついていけない!部下のやる気をなくすNGな行動と発言とは

    大人になり社会に出て働き始めると、誰もが仕事のことで悩むことがあるでしょう。その悩みのなかでもダント…
  3. 女子会を成功させるための秘訣

    会社の同僚やママ友、サークルの仲間、女性が数人集まれば食事会や飲み会を開こうという話になりますよね。…
ページ上部へ戻る