ババナでダイエットに挑戦!4つの豆知識

女子力アップ通信教育講座

バナナはダイエットに最適だと言われていますよね。
それもそもはず、バナナには豊富な栄養素だけでなく、食物繊維や酵素が豊富に含まれています。
今回は、そんなバナナを毎日食べてキレイに痩せるための「ババナでダイエットに挑戦!4つの豆知識」をご紹介します。

朝食バナナが体にいい理由

バナナには話題の「酵素」がたくさん含まれています。
酵素は、体内の毒素を排泄してくれる働きがあるんですね。
ですから、朝一番の空腹時にバナナを食べることによってデトックス作用が期待できます。
また、バナナには食物繊維が豊富に含まれています。
その働きによって、腸内の溜まった老廃物をお掃除してくれる効果が期待できます。
便秘で悩んでいる方に、朝バナナはとてもお勧めです。
それだけでなく、バナナには利尿作用のあるカリウムが多く含まれています。
これのカリウムによってむくんだ体がスッキリするのです。
朝バナナを食べることによって、一日中、むくみ知らずの理想の体を得ることが出来ますよ。

腹持ちの良いバナナで賢くダイエット

バナナのカロリーはおおよそ80キロカロリーと言われています。
もちろん大きさによってその値は変わってきますが、それでもご飯一膳分の半分にも満たないカロリーです。
そのくせ、食べた後の満腹感は半端ありません。
ほとんどの女性は、バナナ1~2本で満腹感を得られると思います。
また、バナナはすぐにエネルギーになる性質があります。
ですから、食べたらすぐに満腹感が得られるだけでなく、疲れもふっとんでしまうのです。
食べ方としては、朝はバナナだけが一番効果的ですが、それが難しい場合は、バナナを食べた15分後に普段の食事をしてみて下さい。
きっと、普段よりぐんと食事量が減るはずです。
また、バナナによってあらかじめ血糖値が上がっていますので、食事による血糖値の上昇を緩やかにしてくれます。
それだけでなく、バナナには食物繊維が豊富に含まれていますから、脂肪の吸収までも抑えてくれる作用が期待できます。

バナナの色でその効果が違う!

バナナはその色によって、美容にもたらす効果が異なってきます。

1、青いバナナ
青いバナナには食物繊維が豊富に含まれています。よって、主に整腸作用が期待できます。

2、黄色いバナナ
黄色いバナナには酵素がたっぷり含まれています。よって、アンチエイジングや美肌に効果を発揮してくれます。

3、茶色いバナナ
茶色いバナナには免疫力を高めてくれる作用が期待できます。

バナナは時間をおけば置くほど、青~茶色に変化していきます。
それぞれの効果を知って、ご自分の目的に合わせた食べ方を心掛けてみて下さいね。

バナナダイエットの注意点

バナナは先ほども触れました通り、カリウムが豊富に含まれています。
カリウムの過剰摂取は冷えに繋がりますので、食べ過ぎには注意が必要です。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    勉強って楽しいお子さんに感じさせるための工夫

    楽しいって大事! 何をするにも、その行為を楽しんで行えるかって大事ですよね。それは勉強、お子さんの…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    除湿には2種類あなたはどっちを選ぶ

    エアコン機能には除湿、もしくはドライと呼ばれる機能がありますが、機械によって2種類に分かれることをご…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    ママ要チエック 赤ちゃんが夏を快適に過ごせるコツ

    生まれたばかりの赤ちゃんは体温が高く、調節もうまくできません。その為夏場に病気になりやすい子も多いで…
ページ上部へ戻る