肩こり腰痛にお困りの方必見!今日から始められる予防法

女子力アップ通信教育講座

肩こりや・腰痛にお悩みの方も多いですよね、でも運動などは時間がなくてできない何から始めたらいいの?といった方に、簡単に始められる予防法をご紹介いたします。

 

●心当りはありますか?肩こり腰痛の原因!

やはり、肩こりや腰痛の原因が姿勢からくるということもあります。
立ちっぱなしの仕事の方や、座りっぱなしの仕事の方も同じ姿勢を続けていることで、肩がこる、腰が痛いといった症状が出てきてしまいますよね。
この姿勢はやめた方がいいというのは、「足を組む」「前かがみで何かをする」「うつぶせで携帯を触ったり本を読む」
こういった行動は気にしてやらないようにしてみてください。ちょっとした普段の癖を直すだけでもだいぶ変わってきますよ。
あと、ストレスも原因の一つになります、睡眠不足が続いていたり仕事が忙しくて最近休めてないなという方は、少し時間をとって体を休める事も必要です。
筋肉の衰えも肩こり・腰痛に結びつきますのでやはり適度な運動が必要となります。
枕の高さはあっていますか?高い枕でないと寝れないといった方もいるでしょうが、高すぎる枕も、肩こりの原因となりますので、肩と枕の間に隙間がないような枕を選ぶことによって睡眠時にも予防することができますよ。

 

●効果的な方法はストレッチ!

「肩こりには」・・・座っていても立っていてもできますので、首を左右にゆっくり曲げる、肩を上げたり下げたり(肩を上げるときに力を入れる、下げるときには力を抜く)頭の後ろで手を組んで、後頭部を前におす、簡単な方法ですがすっきりと気持ちよくなります。
「腰痛には」・・・腹筋背筋を鍛えることが大切。どちらかを鍛えてもバランスが崩れますので、うつぶせになり上体を起こす。座って膝を抱え体を後ろに倒す。椅子に座ったまま両手を上にあげて背伸びをするだけでもかなりすっきりします。
筋力低下は筋肉疲労や、体のバランスを崩す結果になります。簡単なストレッチを時間のある時に行うことで、改善することができますので気を付けてみてください。

 

●薬の力も借りましょう!

症状が改善されない、辛くて寝れないという時には、薬の力も借りてみてください。湿布などの外用薬は、症状を和らげる効果がありますので、皆さん使う機会も多いですよね。
CMなどで見たこともあると思いますが、飲んで効く肩こり腰痛の薬もあります。内服薬ですと、体内から症状の緩和に働きますのでこちらも試してみるのも一つの方法だと思います。種類も沢山ありますので、薬局等でご相談してみてはどうでしょうか。

 

●まとめ

いかがでしたか、簡単に始めることができ日常生活で気を付けることで予防もできます。つらい肩こり・腰痛改善に今日から始めてみませんか。運動しなきゃストレッチをしなきゃと、焦って急激な運動をすることは、良い結果には結びつきません。
今日から初めて、明日には改善するなんてことはほとんどありませんよね、日常生活の中で気を付けて、少しずつ改善していくことが大切です。無理をした結果、新しい問題が出てきたりすることもあります、自分の状態を知り自分に合った方法ではじめてください。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    暑さも肥満も回避アイスクリームの選択ポイント

    夏のスイーツといえばアイスクリームですね。毎日のように食べる人もいるのではないでしょうか。しかしその…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    誘われる女子7つの特徴

    美人でもないのに毎回男性に誘われるあの子…実はそんな女子には共通の特徴があったのです。 あなたもこ…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    ズバリ2015年の流行色はこれ

    近年パステルカラーがとても人気ですよね。薄くて可愛い色で、パステルカラーの洋服やアイテムはとても女性…
ページ上部へ戻る