カテゴリー:メイク

  • 赤ら顔もカバー100%?!コンプレックス解決のメイク方法教えます!

    赤ら顔もカバー100%?!コンプレックス解決のメイク方法教えます!

    頬を中心に出てしまう赤ら顔がコンプレックスの方は、結構多いのではないでしょうか。 肌が繊細な女性は、どうしても肌の炎症を起こしやすかったり、赤みが出やすくなってしまうんですよね。 気温差の激しい所や激しい運動をすると…
  • 自分に似合うを追及!フィットする眉毛メイク

    自分に似合うを追及!フィットする眉毛メイク

    顔のメイクアップにおいて、眉毛の形を整えるのは難しいですよね。アイブロウは苦手だという人も多いと思います。 でも、実はアイブロウはとても簡単なのです。 なぜなら、今日はこの形、明日はこの形、というような大げさなアレン…
  • こってりメイクからはもう卒業!自然にエラを隠せるメイク術

    こってりメイクからはもう卒業!自然にエラを隠せるメイク術

    あの人可愛いな!っと思っても、誰しも何かしらコンプレックスがあるものです。特に顔でいうと、エラの張りは精神的にも深い悩みにはまりがちです。 エラが張っているのが気になりだすと、顔がなんとなく大きく見えてしまったり、顔を…
  • フェイスパウダーって必要なの知られざるお役立ちアイテム

    フェイスパウダーはメイクの仕上げに用いるアイテムですね。ですが、実際のところ、フェイスパウダーの役割ってなんなのでしょうか。フェイスパウダーがなくてもメイクは完成するような気がします。同じことを考えている方も少なくないの…
  • 眉毛がある人もやったほうがいいの?アイブロウの必要性

    眉墨とも呼ばれるアイブロウは、文字通り眉毛に着色を施していきます。マスカラのように伸ばしたり太くしたりという効果は見られませんが、果たして眉毛を抜いていない人でも付ける必要があるのでしょうか。今日は自眉毛がある人のための…
  • つけすぎ注意マスカラのデメリットを暴露します

    まつげを長く、太く見せてくれるマスカラはアイメイクにおいて重要なアイテムですよね。でも必ずしもメリットばかりではないようです。綺麗なアイメイクをするためにも、デメリットをきちんと理解しておきましょう。 体の水分に注意? …
  • 鼻水と一緒にメイクも取れるのはもう嫌落ない鼻メイク法

    顔全体にメイクは施しますが、特に注意したい部分があります。それは鼻です。肌荒れが目立ちやすい頬や、インパクトを与える目などに重点を置くイメージがありますが、最も気をつけたいのは実は鼻です。というのも、鼻のメイクは風邪など…
  • 目薬の所為で化粧台なしの女性必見崩れないアイメイクテク

    メガネやコンタクトをしている女性の皆さん、目薬をしたあとにアイメイクが崩れてしまったという経験、ありませんか?アイメイクが混じって黒い、あるいは色付きの涙が流れてしまう…簡単に拭き取れれば良いですが、それが頬などにまで流…
  • 着たばかりの服を汚さない朝のお手入れ順番ノウハウ

    メイクを終えた際、髪の毛をセットした際、首元やえり部分にメイクやワックスがついてしまったっていうことはありませんか?白系の洋服だと汚れが目立ってしまい、着替えたばかりだというのにまた着替えなければいけませんよね。しかし反…

人気の記事

  1. 合コン必勝のプチテクを教えます!あざとくないモテ女になろう

    合コン必勝のプチテクを教えます!あざとくないモテ女になろう

    あなたはよく合コンに行きますか?よく行くけどいつも上手くいかない、気に入った男性がいても他の女性と仲…
  2. 姿勢とマッサージだけで簡単ダイエット効果が?!話題の骨盤ダイエット!!

    姿勢とマッサージだけで簡単ダイエット効果が?!話題の骨盤ダイエット!!

    骨盤ダイエットって聞いたことありませんか?骨盤が歪むと、ウエストまわりが太くなってしまったり、肩こり…
  3. 知らなきゃ損するお得にランチを楽しむ方法

    働く人の悩みの一つに必ずあがるランチタイムですが、みなさんはどうやって乗り切っていますか? 今回の…
ページ上部へ戻る