いつものコーヒーにちょい足し!絶対美味しくなる素材はコレ!

いつものコーヒーにちょい足し!絶対美味しくなる素材はコレ!

コーヒー好きの中には、ブラックで飲むことが一番美味しい、と言う方もいます。
しかし、たまには何か一味加わったものを飲みたくなります。
カフェラテやカフェオレだけでなく、そのほかにもコーヒーに合うトッピングは色々あるんです。
そこで、コーヒーにちょい足しで美味しくなる、素材をご紹介しましょう。

ファストカフェのトッピングカスタム

カフェの店内の飾り
皆さんは、珈琲専門店で美味しいコーヒーを飲むことはありますか。
以前は、美味しいコーヒーというと、ゆっくり座って陶器のカップで、1杯1,000円前後の雰囲気とこだわりの味を楽しんだものです。
しかし、スターバックスカフェやルノアール、エクセシオールカフェなどが増え、リーズナブルな価格で美味しいコーヒーが飲めるようになりました。
そんなファストカフェを楽しめるお店が、今私たちの周りにたくさん増えています。
中には、コメダ珈琲、上島珈琲、星野珈琲店、椿屋珈琲店、猿田彦珈琲と豆にこだわった美味しい珈琲のお店も増えています。
全国展開する大手のカフェチェーン店、スターバックスコーヒー、タリーズコーヒーでは、コーヒーに色々なトッピングをして、自分だけのコーヒーをカスタマイズすることもできます。
一般には、ミルクと砂糖だけ、後はメニュー表にあるものと思っている人がほとんどですが、実は、ミルクの代わりに豆乳やホイップクリーム、砂糖の変わりにはちみつをオーダーすることもできます。
そんなカフェの表メニューや裏メニューのカスタマイズを参考に、コーヒーが美味しくなるちょい足し素材を見つけてみましょう。

ミルクの代わりの豆乳で

ラテアート
カフェの表メニューで人気が上がっているのが「ソイラテ」です。
言葉の通り、ミルクの代わりに豆乳を使ったラテです。
普段はカフェオレ、ラテというと牛乳やコーヒークリームを使っているという人が多いのではないでしょうか。
豆乳は苦手、という人でもソイラテは豆乳独特の青臭さがありません。
ミルクよりもクセがなく、淡い感じのラテになります。
スターバックスコーヒーやタリーズコーヒー、ドトールコーヒーと、多くのカフェでもソイラテメニューを表に出しています。
家庭ではここに、砂糖やはちみつ、ガムシロップでお好みの甘さにして召し上がっている人が多いです。
ここで、ちょっとおしゃれな人の飲み方では、シナモンやバニラを加えて、スパイシ―なソイラテや甘さ控えめソイラテを楽しんでいる人もいます。
タリーズでは、バニラシロップを加えたソイラテを、スタバではキャラメルソースやチョコレートソースをトッピングしたソイラテを注文することもできます。

  • キャラメルソース

家庭で作る時は、牛乳と砂糖でキャラメルソースが作れますが、せっかくのソイラテの意味がなくなってしまいますね。
そこで、豆乳でキャラメルソースも作ってみてはいかがでしょう。

  • チョコレートソース

他にもチョコレートソースをトッピングしたソイラテもありますが、チョコレートソースは市販のものを使ってみましょう。
カフェの裏メニューになっている、バニラシロップやチョコレートソース、そして豆乳を使って、美味しい裏メニューのソイラテを楽しんでみましょう。

ホットミルクと温かいコーヒーで

透明のマグカップに入ったコーヒー
カフェオレはぬるいコーヒー牛乳、という人もいますが、美味しいカフェオレを飲みたいときはミルクも温めましょう。
牛乳をカップに入れて、レンジで温めたら、淹れたてのコーヒーを注ぎます。
ちょい足しのはずですが、できればホットミルクとコーヒーが1:1の割合で入れることをおすすめします。
家庭でも簡単にできる、本格的なカフェオレです。

  • 砂糖の代わりにブラウンシュガー、はちみつ

好みで砂糖を入れますが、砂糖をブラウンシュガーやはちみつに変えると、いつもとは違う甘さを味わうことができます。
甘いカフェオレは、身体も温まるので寒い日の子どもにもピッタリです。
カフェインが心配という人もいるかもしれませんが、コーヒーのカフェインはココアよりも少なめです。
どうしても気になる人は、カフェインレスのコーヒーを選ぶと安心ですね。
甘いのが苦手、という人は牛乳だけの美味しいカフェオレを作ってみましょう。

余った生クリームで自家製ウインナーコーヒー

ケーキを作る時に、ホイップクリームが余ることはありませんか。
料理をする時に使った生クリームの残りはどうしていますか。
そのまま卵と砂糖にバニラエッセンスを入れて、混ぜて固めれば自家製アイスになります。
しかし、アイスにするほどの量がない時は、コーヒーに入れて、自家製ウインナーコーヒーを作りましょう。
ウインナーコーヒーなんて、カフェで飲むものと思っていたかもしれませんが、余った生クリームだけで作ることができます。
生クリームのままでは普通のコーヒーにミルク、というイメージになりますので、ホイップクリームにしましょう。

  • ホイップクリームとチョコレートソース

暑い季節になったら、アイスコーヒーにホイップクリームを乗せて、上からチョコレートソースをちょい足しトッピングしてみましょう。
すっかりカフェのウインナー風チョコレートコーヒーの出来上がりです。
もちろん、アイスにして乗せれば、チョコレートのトッピングをした、コーヒーフロートになります。
甘い味にする時も、普通の砂糖よりブラウンシュガーにすることで、ほんの少し香ばしさを味わうこともできます。

コメダでも人気の餡子コーヒー

コーヒーは洋菓子だけでなく、和菓子にも合います。
そこで、コメダ珈琲でも人気のメニューが小豆を中に入れた小豆小町です。
そこで、家庭でも自家製小豆小町を作ってみましょう。
まず、小豆は缶詰でも良いですが、おすすめは小豆を食べることができる粒が大き目なものをおすすめします。
最近はマルヤナギやキューピーで蒸した豆を市販していますが、どうしてもコシアンしかない場合は、一緒にマルヤナギのほの甘蒸し小豆を入れましょう。
粒粒でおすすめです。
粒のはっきりした小豆をコーヒーに入れたら、その上にホイップクリームをトッピングします。
砂糖なしでも小豆の甘味で美味しい、和洋コラボのコーヒーを味わうことができます。

チョコレートとコーヒーどちらも好き!

コーヒーとチョコレートは相性が良いため、チョコレートを食べながらコーヒーを飲むという人もいます。
そこで、せっかくだからコーヒーにチョコレートを入れてしまいましょう。
まずは、コーヒーにチョコレートソースを入れます。
その上にホイップクリームを乗せます。
さらに、チョコレートソースをクリームの上にトッピングします。
そして、仕上げにココアパウダーをふりかけます。
ちょい足しどころか、がっつり足しになってしまいましたが、スタバにもある裏メニューの1つです。
お菓子作り用のチョコチップがあれば、さらにトッピングしても良いですね。
チョコレート好きのための、コーヒーに仕上がります。

アイスコーヒーをずっと美味しく

グラスに入ったアイスコーヒー
ホットコーヒーとアイスコーヒーでは飲み方を変える人もいます。
ホットはミルクを入れるけれど、アイスはすっきりとアメリカンが一番好きという人も多いようです。
しかし、ここで気になるのが氷です。
全国のカフェチェーンでは、アイスでも氷なしというチョイスができます。
しかし、家庭で本格的なアイスコーヒーを作るには、あらかじめ淹れておいたコーヒーを、サーバーに入れて冷蔵庫で冷ます方法だけになってしまいます。

  • ステンレスの溶けない氷

そこで、食材ではありませんが、おすすめしたいのがステンレスの溶けない氷です。
溶けない氷をちょい足しすることで、時間がたってもコーヒーを薄めずに、美味しく飲むことができます。

甘いコーヒーが飲みたい!頭を使って糖質を消費

最後にご紹介するのは、ちょい足しならぬがっつり足しでもカフェチェーンにもない、究極の甘いもの好きのためのダイエットコーヒーです。
砂糖やはちみつ、チョコレートとどうしても甘くて美味しいものの摂り過ぎは、体重が気になります。
そんなあなたの為にあるのが、カロリー控えめの砂糖や無脂肪ミルクです。
しかし、意外なことにカロリー控えめでも、ゼロではないということです。
そこで、糖質を気にせず甘いコーヒーを飲んでも、頑張って頭を使って糖質を消費しましょう。
それでも少しは控えたい、という人のために、甘いけれど工夫次第で控えることができる、おすすめちょい足しをご紹介しましょう。

砂糖の代わりにチョコレートソ―ス、バニラビーンズ

まず、砂糖ではなくチョコレートソースとバニラビーンズを入れます。
バニラの香りはそれだけで甘いものを食べている気持ちになり、テンションが上がります。
バニラビーンズは入れすぎると、臭いが甘ったるくなってしまうので、ほどよく入れて下さい。

ミルクの代わりに豆乳

そして、ミルクの代わりに豆乳を使います。
ホットの場合は、温めた豆乳でまろやかさをプラスしましょう。

ホイップクリームは豆乳ホイップクリーム

さらに、豆乳クリームで作ったホイップクリームです。
さすがに、カフェのホイップクリームは、豆乳を使ったものはないようなので、ここまで徹底したら完璧です。

チョコレートはハイカカオチョコ

そして仕上げに、チョコレートソースとハイカカオチョコレートを砕いてトッピングします。
市販のチョコチップは、普通のミルクチョコレートです。
自分で、75や82といったハイカカオチョコをクラッシュしましょう。
苦いハイカカオチョコレートもソースと一緒なら、ほんのり甘みを感じ苦さを抑えることができます。
そして、クラッシュしたチョコを乗せることで、チョコレートの歯ごたえがあり、ただのソースよりも満足感増し増しです。

タピオカの代わりにくるみ

ここで、糖質の塊のようなタピオカなんて入れてはダメですよ。
注意しましょう。
どうせトッピングするなら、ミネラル豊富な粗くクラッシュしたくるみを乗せてみましょう。
さらに、歯ごたえが加わり、大満足な一品になります。
夏になったら、アイスコーヒーでぜひお試し下さい。
夏は糖質オフのバニラアイスをトッピングしても良いですね。

まとめ

美味しいコーヒーは、何もいれない方が美味しい、という人には「ごめんなさい」と言ってしまうような、メニューをご紹介しました。
そして、美味しいから色々合わせても美味しくなる、というコーヒー豆もあります。
美味しいコーヒーに、美味しいトッピングをちょい足しして、自分だけのオリジナルコーヒーを作ってみましょう。

関連記事

人気の記事

  1. ファッションやヘアスタイルでできる!小顔に魅せる工夫術とは?

    ファッションやヘアスタイルでできる!小顔に魅せる工夫術とは?

    顔の大きさや形は人それぞれですが、多くの女性は小顔に憧れているのではないでしょうか? 整形や整体な…
  2. 知っていると便利!指輪の知識あれこれ

    お洒落やファッションで指輪をつける方が多いと思いますが、指輪のつける位置で意味が変わってきたり運気が…
  3. 肩こり腰痛にお困りの方必見!今日から始められる予防法

    肩こりや・腰痛にお悩みの方も多いですよね、でも運動などは時間がなくてできない何から始めたらいいの?と…
ページ上部へ戻る