【TOEIC対策】由来から覚える英単語の暗記方法-お店関係

女子力アップ通信教育講座

はじめに

この記事では、毎回少しずつ、ジャンルを指定して、普段から使っている英単語・意味・例文を紹介していきます。通勤時間やちょっとした休憩時間など、隙間時間に覚えられるよう、なるべくシンプルかつ記憶に残りやすく書くよう心がけようと思います。

  • leno…からみ織り

レノア(lenor)

レノアは洗濯した衣服をふんわり仕上げる柔軟剤のブランド。衣服に関する商品であるため、衣服のからみ織り=”leno”という単語から名付けられていると思われる。

  • Leno weave もじり織り
  • soft…柔らかい、軟質な、すべすべした、穏やかな

ソフラン(Soflan)

“soft”という単語=柔らかいという意味から、ふわふわと柔らかく仕上がる柔軟剤という意味で名付けられたと思われる。

  • Tom is a good soft. トムはいい人だ。
  • flair…するどい嗅覚、センスの良さ

フレア(Flair)

フレアという柔軟剤のブランドがあるが、柔軟剤のよい香りがすることから、”flair”という英単語を使っていると思われる。

  • She dresses with flair. 彼女はセンスよく着こなしている。
  • pedigree…血統書、系図、経歴
  • chum…親友、仲良しになる

ペディグリーチャム(Pedigree Cum)

イギリスのペットフードの会社が販売しているドックフードのブランド。CMもよく行っており、筆者もたびたび見かけたことがある。缶入りのドッグフードである。血統書のワンちゃん、または、品質のお墨付きで、ワンちゃんと仲良くなれるという意味だと思われる。

  • She’s by pedigree an aristocrat. 彼女は生まれは貴族だ。
  • chum with one 仲良くする
  • frisk…飛び回る、振り動かす

フリスク(FRISK)

爽快感を得られ、口臭予防にもなるタブレット。よく、フリスクをカシャカシャ振って食べている人を見かける。すっきりしたミントのような味わいで飛び回れるような爽快感ということから、名付けられたと思われる。

  • It is a frisky kitten. よくじゃれる猫だ。

柔軟剤の商品は数多くありますが、色々な英単語から名付けられているようですので、もっと調べてみると面白いかもしれません。

今回は、ここまで毎日少しずつ、覚えていきましょう。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    要注意!恋人・夫婦関係破滅寸前?地雷ワード集

    地雷ワードは男女それぞれですが、それを言われたら絶対にキレるしかない!というポイントは誰にでもあると…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    髪のトラブルでお困りの方必見!ヘアケアに効果的な食品

    季節も変わり目や天気によって、髪のトラブルも起こりやすくなりますね。今回は、髪のトラブルの予防に効果…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    リンスは頭皮につけちゃダメなのシャンプーの次のステップの秘密

    リンスは頭皮につけてはいけない?髪の毛には良い成分でも、頭皮に対しては傷めてしまう可能性があるため、…
ページ上部へ戻る