ビジネスシーンで場が凍りつくNGワード

女子力アップ通信教育講座

無意識に誰かが発した一言でその場が凍りついた経験ってありませんか?
今回は、職場で要注意!ビジネスシーンで場が凍りつくNGワードをご紹介します。

上司に向かって「知っていましたか?」

無礼講の飲み会などでは話は別ですが、仕事の話で上司に「知っていましたか?」と言ってしまうのは危険です。
もちろん、その会話の雰囲気や上司の人柄などによっても様々ですが、気難しい上司なら確実に「失礼なやつ」と思ってしまいます。
また、自分が上司に説明などをしたとき、最後に確認のつもりで「おわかりになりましたか?」と聞いてしまうのも失礼です。
どうしても上司を説得したい場合などには「ご理解いただけましたでしょうか?」とやんわり尋ねてみて下さい。

言い訳で「確認したつもりなんですが」

職場での言い訳として絶対に言ってはいけない言葉が「~したつもりなんですが」です。
実際出来ていないのですから、「したつもり」ではいけないのです。
本当に「した」のあれば、しっかりとその旨を伝えなければいけません。

「無理です」「ダメです」「出来ません」

難しい仕事を頼まれたとき、これらの言葉を使って断ってはいけません。
それを言われた上司は、もうあなたに何も頼めなくなってしまいますからね。
どうしても自分には無理だと感じた場合は、
・努力いたしますが…
・自分の力不足ですが…
を断る理由に付けたしてみると、すんなり断れるかもしれません。

「どちらでも大丈夫です」

優柔不断な人間は職場で信頼を勝ち取ることが出来ません。
また、こちらの表現は聞き手によっては「いい加減なやつ」、「こいつ面倒くさがっているな」と捉えられてしまう可能性があります。
ですから、「どちらでも~」という表現は出来るだけ避けて、必ず自分で選択する意思を示しましょう。
どうしても決めかねる場合は、すべての提案について自分の見解を述べてから「○○さんの意見を参考にさせて下さい」など、相手の意見や判断を参考にしたい旨を伝えましょう。

上司や取引先の相手に向かって「マジですか?」

普段、友達同士や彼氏の前で当たり前のように使っている言葉も、ビジネスシーンではご法度な場合が多々あります。
特に「マジですか?」「ちょ~」「やばいです」など、口癖になっているような言葉には気を付けましょう。
相手に不快な思いをさせるばかりではなく、「こいつバカか?」と思われてしまう可能性があります。

なんでも「お」をつける

敬語を使うことはビジネスシーンでは基本ですが、間違った敬語は返って相手を不愉快にさせてしまいます。
特に、丁寧語と言われている「お仕事」「お人柄」などと言った言葉は臨機応変に使い分けなくてはなりません。
「おビール」「お鞄」「お椅子」など、絶対に「お」を付けてはおかしい言葉にも要注意です。

以上、ビジネスシーンで場が凍りつくNGワードをご紹介しました。
もし当てはまる内容がひとつでもあった場合は、今後直していくように心掛けてみて下さいね。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    お子さんに勉強しなさいと言わなくても良くなるマル秘テク

    学生のお子さんをお持ちのお母さんは、もしかしたら1度は言ったことがあるのではないでしょうか。 「ゲ…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    焼酎で有名ないいちこのボトルがお洒落すぎる。デザイン重視の傾向へ

    焼酎「いいちこ」と言えば、下町のナポレオン。 1リットルの大瓶で、金色のラベルにでかでかと書かれた…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    こんな口癖がある男は嫌だ!トップ8

    格好よくて憧れの彼。やっとの思いでデートにまでこぎつけたはいいものの…何?なんで?こんな人だったの?…
ページ上部へ戻る