長寿の祝いを知っていますか?

女子力アップ通信教育講座

よく「今年で還暦なんです」という言葉を聞きますが、還暦って何だか知っていますか?

かろうじて還暦は知っていても、そのほかの長寿の祝いを知っている人はあまり多くないかもしれません。

そこで今回は長寿の祝いにまつわる話をしたいと思います。

 

長寿の祝いの名前と意味

長寿の御祝は「年祝」とも言われています。日本古来のしきたりで、現在のように還暦や古希を祝うようになったのは室町時代ごろからと言われています。

長寿の祝いを表にまとめてみました。

名前 年齢 由来
還暦 数えで61歳(満60歳) 生まれた時の十干十二支がひと回りして赤ちゃんに還るという意味から。
古希 70歳 「人生七十古希稀」という杜甫の詩が由来。
喜寿 77歳 「喜」の字を草書体で書くと七十七と読めることから付いた名前。
傘寿 80歳 「傘」の草書体が八と十を重ねたように見えることか由来。
米寿 88歳 「米」の字が八・十・八を組み合わせてできていることから。
卒寿 90歳 「卒」の略字を「卆」と書くことが由来。
白寿 99歳 「百」から「一」をとると「白」となることが由来。
紀寿 100歳 100年=1世紀を表すことから。

100歳の「紀寿」は比較的新しい長寿のお祝いになります。

今の60歳はまだまだ若いのに、突然還暦のお祝いをされて年寄り扱いされると抵抗がある人も多いと思います。でも、昔の日本では60歳まで生きられることは稀で、60歳まで生きるのは、干支がひと回りするほど長生きできたと喜ばしいことでした。

 

それぞれの色でお祝いしよう

この長寿のお祝い、それぞれに色があるのをご存知ですか?

おそらく「還暦」は「赤」ということくらいはみなさんしていることでしょう。これは魔除けの意味もありますが「赤ちゃんに還る」という意味もあります。還暦には赤いちゃんちゃんこを贈ってお祝いします。

その他「古希」は「紫」、「米寿」は「黄」、「白寿」は「白」といった感じです。還暦の様に「赤いちゃんちゃんこを贈る」といった決まった贈り物はありませんが、色にちなんだ物を贈り物にすると祝いの気持ちがより一層強く感じられるかもしれません。

 

66歳のお祝いは?

上の表を見てお気づきの方もいるかと思いますが、70歳以降はぞろ目の年に御祝がありますが、66歳だけありませんよね。

そこに目を付けたのが百貨店です。2002年9月に日本百貨店協会が「緑寿」という長寿の祝いを作りました。66歳のよみ「ろくろく」から「緑緑」、「緑々寿」の略から「緑寿」と名付けられました。「緑」にちなんで緑の物を贈りましょう、といった具合ですね。

百貨店に踊らされている気もしますが、何はともあれ、長生きは喜ばしいことです。66歳のお祝いもぜひやってみましょう。

 

いかがでしたか?

大切な家族にはいつまでも長く生きていてほしいですよね。還暦以外の長寿のお祝いは忘れがちですが、家族で盛大にお祝いをするときっとおじいちゃんもおばあちゃんも喜んでくれると思いますよ。

 

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    妊娠中に食べるべきもの食べるべきでないもの

    妊娠中の女性は赤ちゃんの分の栄養も摂取しなければいけないため、たくさん食べたほうが良いというイメージ…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    酵素ダイエットを始めてみよう

    酵素ダイエットは、人気があるダイエット方法としてよく名前があがるダイエット方法です。 ただ痩せるだ…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    ズボラ女子でも大丈夫!簡単お手軽パスタ生活!

    毎日忙しいけど美味しいものを食べたい、でもあんまりお金も手間もかけたくない!そんな女子におすすめなの…
ページ上部へ戻る