すぐわかる!マイナンバー制度

女子力アップ通信教育講座

導入前後からずっと騒がれている「マイナンバー制度」。

みなさんどんなものかわかりますか?色々なニュースや情報番組でわかりやすく解説しているにもかかわらず、やっぱりよくわからないと感じている人はたくさんいると思います。

そこで今回はマイナンバー制度について少しだけ説明したいと思います。

 

マイナンバーって何?

正式名称は「マイナンバー 社会保障・税番号制度」といいます。

国から国民一人一人に一生涯変わらない番号をふられる、ということになります。

この番号を通知する書面「通知カード」と呼ばれるものが2015年10月ごろから順次発送されます。その通知カードには12ケタの番号が記載されており、その番号は自分のマイナンバーとなります。

そしてこのマイナンバーの導入は2016年1月からとされています。もう間もなくですね。

 

何に使うの?

2016年1月よりマイナンバー制度が導入されると下記のような行政手続きでマイナンバーの提示が必要になってきます。

①社会保障

今までバラバラの番号で管理されていた年金や雇用保険の番号を、マイナンバーで一括管理します。

年金や雇用保険の資格取得・確認・給付、ハローワークでの事務手続き、医療保険の給付請求など、これまでの横の連携が全くなかった縦割制度から番号を統一することで、今までの様な情報更新の漏れ等が起こりにくくなってきます。

②税金管理

税務署に提出する書類に番号を記載することで、内部事務がスムーズ行えます。また、税金の申告漏れや二重加算を防ぐことができます。

③災害対策

東日本大震災のような大災害が起こった際の、被災者生活再建支援金の給付、被災者台帳の作成などがスムーズに行えるようになります。

 

メリットばかり?

行政手続きがスムーズになり複数の役所で複雑な手続きをする手間が省ける、今までの様な不安定な情報管理ではなくなるなどメリットを上げましたが、何かの制度を導入するときには必ずデメリットも理解しておく必要があります。

一番大きなデメリットといえば、一部の機関で情報漏えいがあった場合、マイナンバーで管理されている個人情報全てが漏えいする恐れがあるということです。また、その漏えいした情報を悪用した犯罪が発生する可能性が大きくなります。

マイナンバーの管理はしっかりとする必要がありますね。行政による管理は一個人ではどうすることもできませんが、私たち自身もやみくもに番号を人に教えない、通知カードの保管をしっかりするなど、日ごろから注意をしておく必要があります。

 

まとめ

このマイナンバー制度、デメリットばかりが注目されてなかなかメリットが浮き彫りにされていないのが現状です。

情報社会のこの世の中です。多くの情報がありますが、人の意見に惑わされることなく自分自身でしっかりと制度を理解する必要があります。

行政のホームページはもちろん、この制度をわかりやすく説明した書籍も出版されています。他人事ではありません。しっかり知識を身に付けましょう!

 

 

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    思わず引いてしまう彼氏の7つの行動

    現在お付き合い中の彼。大好きで信頼もしているけれど、思わず引いてしまった瞬間ってありませんか? 今…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    勉強が遅れているのは誰のせい塾の必要性

    お子さんが勉強を苦手としている。そんな時、あなただったらどうしますか?しっかりやれとお子さんを怒る、…
  3. 女子力アップ通信教育講座

     新社会人になるあなたへ!女性として知っておきたいビジネスマナー3選

    企業の内定が決まっている方も少なくないのでしょうか。新社会人として、大人の女性として押えておきたい基…
ページ上部へ戻る