主役だからこそきちんと選ぶウェディングドレスのマナー

女性なら一度は憧れたことがないでしょうか。結婚式は白のウェディングドレスでと。しかし、白のドレスと一口に言っても様々な種類が存在するのを知っていますか?既婚者の方は自分の結婚式の際、ドレス選びにどれだけの時間を使いましたか?またどこからドレスを選びましたか?プランナーさんが紹介したところからしか選んでいない方も多いようです。人生に1度きり(?)の機会ですから、いろんな観点からウェディングドレスを選んでみましょう。

シルエットは基本的に5パターン

Aライン、プリンセスライン、マーメイドライン、エンパイアライン、スレンダーラインの5種類がウェディングドレスのシルエットにはあります。女性らしい体型がでるマーメイドラインはよく知られていますね。他の4種類もシルエットはまるで違うので、それぞれのシルエットを見比べて選んでください。例えばスカート部分が膨らんでいるのはプリンセスラインだけですし、シンプルさにこだわるならスレンダーラインがオススメです。

好みと体型の折り合い

ドレスには様々な希望があるかと思いますが、自分の体型に似合うドレスを探すことも大事ですよ。ブライダルエステなどもありますが、体型を急に変えることはできないので、ある程度希望がまとまったら試着などをして自分の着た様子を改めて確認しましょう。

好みと舞台の折り合い

続いて式場の種類です。ドレスを着る以上、神社などの可能性はないと思いますが、雰囲気に合わせたドレスにするのもポイントです。式場も希望が入っているはずですから、さほど困らずに済むでしょう。例えば教会なら厳粛な雰囲気を出すため、露出を控えたデザインにすると良いですね。

ポイントアイテムの取捨選択

ドレスに添えるパーツも重要です。ドレスが体型や雰囲気にあっていても、パーツ次第で全く変わってしまうんです。パーツにはヘッドドレス、ベール、グローブ、アクセサリー、インナー、パニエ、靴などがあります。華やかなイメージをつけたいなら目立つアクセサリーやヘッドドレスが必須ですし、スカート部分を強調したいならパニエがあると良いでしょう。自分の体型をある程度矯正できるインナーも欠かせませんね。

欲張りに行くのもアリ

いかがですか?状況を踏まえてとは書きましたが、せっかくですから多少わがままに言ってしまっても良いと思います。体型はある程度ならインナーでカバーすることもできますし、ポイントアイテム活用することもできるでしょう。最初にも述べましたが、人生に1度きりの機会ですから、後悔のない選択をしてくださいね。

関連記事

人気の記事

  1. 職場で評判のいいあの子の8つの行動パターン

    毎日の職場、ただでさえ仕事が忙しくて大変なのに、その上人間関係にまで悩みたくありませんよね。 しかし…
  2. 冷えにお悩み方におすすめ冷え症改善のテクニック

    女性の大敵冷え、実は私もかなりの冷え性で、夏場でも靴下を履かないと足が冷え切ってしまい、 なかなか…
  3. ママ要チエック 赤ちゃんが夏を快適に過ごせるコツ

    生まれたばかりの赤ちゃんは体温が高く、調節もうまくできません。その為夏場に病気になりやすい子も多いで…
ページ上部へ戻る