届けを出せばそれで終わり 結婚手続きの正しい方法

結婚の法的な手続きというと、住むことになる市町村の役場へ婚姻届けを出すというイメージがあります。もちろんこの手続きは間違っていないのですが、他にすることはないのでしょうか。また他の機関へ提出する書類や手続きはあるのでしょうか。今回は結婚するにあたって公共機関に提出する書類やその手続きの方法を紹介します。

どちらかないし両方のお引越し

結婚すればどちらかの家にもう一方が引っ越すことになります。新たに居を構える場合は両方が引っ越すこともありえますよね。そこで通常の引越しと同様に元々の住居がある市町村役場で転出手続きを行う必要があるんです。身分証明書を持って元の住所のある市町村役場に向かいましょう。窓口や入口付近に転出届けの用紙があるので必要事項を記入して窓口に提出しましょう。この時、印鑑証明や国民保険の手続きなども同時に行っておくと便利です。また戸籍謄本ないし戸籍抄本も必要です。特に相手の戸籍に入る側ですね。例えば奥さんが旦那さんの家に嫁ぐのであれば奥さんの戸籍が必要となります。これも元の住所の市町村役場で手に入りますから一緒に申請しましょう。

生活に必要なものの手続きも

こちらも引越しと同様ですね。結婚式の手続きとは無関係なので忘れてしまうカップルも多いですから注意しましょう。ガス・電気・水道・インターネット・テレビなどの契約変更手続きです。新居で既に開通している場合は解約の手続きを行いましょう。元々実家に住んでいるなどで、元の住居に家族がいる場合は特に必要はないでしょう。この他にも、クレジットカードやインターネットサービスなど会員登録しているものがあれば住所変更をしておきましょう。

婚姻届けと一緒に転入届を

新居に入居したら婚姻届けを役所に出しに行きますが、この時転入届の提出も一緒に行います。出るときに転出届けを出したように、入るときには転入届を出すというわけです。こちらも用紙は役場にありますので当日もらいます。身分証明書はもちろん、転出届けを提出した際にもらう証明書が必要となりますので忘れずに持参しましょう。この時、新住所で新しい戸籍も作成されます。身分証明の際にこの戸籍謄本を必要とするところもありますから、念のために数枚もらっておくと他の手続きもスムーズに行えますよ。

引越し+婚姻届け

書いてみると簡単ですが、実際にやってみると意外と手間がかかります。公共料金関係はインターネットや電話などで話がつくとは言え、きちんと覚えていないとどこには申し込んだか、どれを忘れているのかの把握もできないことに。あらかじめチェックリストなどを作成しておくのもおすすめです。

関連記事

人気の記事

  1. いよいよ最終回!遠州七不思議第4弾 吉田・掛川・牧之原編

    遠州七不思議をご紹介する最終回となりました。 第4弾となる「遠州七不思議」の最終回は、吉田町・掛川…
  2. 旅行好き必見ドイツの魅力あれこれ

    ドイツといえば、海外旅行先の候補に絶対に入る国ですよね。でも、どんな場所があるのか分からないという方…
  3. 朝で1日が決まる!朝活のススメ

    朝時間が素晴らしい1日をつくる!朝活のススメ

    「早起きは三文の徳」という言葉があるように、昔から早く起きることは健康にも良いし、きっとご利益がある…
ページ上部へ戻る