意外と便利結婚式には和装で参加しよう

結婚式に参加する場合、あなたはどんな服装で参加しますか?ワンピース?それともパンツスーツ?和装を選ぶ方はなかなかいないのではないかと思います。新郎新婦のお母様や親族の方が黒い着物で参列されるぐらいではないでしょうか。でも実は、和装って便利なんですよ。今回はそんな和装の特徴を紹介します。

日本が誇るフォーマル

なんといってもフォーマルウエアの一つであることがポイントです。もちろん和装を着る上でのルールや、洋服と同じように花嫁より目立たないなどのルールはありますが、基本的に和装であれば年配の方にも不快さを感じさせません。洋服ですとカジュアルすぎるなどの問題で眉をひそめられる場合も多いですが、その点和装ならば安心できます。

アイテムでイメチェンも容易に

洋装の場合は良くてもメインとなるワンピースあるいはパンツと上着、靴ぐらいでしょうか。しかもセットで販売されていたりデパートの量産品だったりすると同じ服装の人と遭遇する確率も高いです。一方和装の場合は、着物の柄もかなりのバリエーションがありますし、帯や帯締め、帯揚げ、草履といった着用しなければならないアイテムの数が多く、逆にすべてを揃える方が困難なぐらいでしょう。逆に言えば、着物は一着しかなくても、帯などのアイテムを複数持っていれば、頻繁に身内で結婚式が開かれても飽きさせないイメージを与えることができます。

サイズがない、体型も問わない

これも和装のメリットですね。身長が低とも太っていても、調節できてしまうのが和装です。ですから好みでない、よっぽど破損してしまったなどの問題がなければずっと使い続けることができますし、母娘や姉妹、親戚の間で貸し借りをすることもできます。体型や年齢に応じて適したものを用意しなければならない洋服よりコストもかからないんです。

受付嬢として華を添える

新郎新婦の友人として出席する場合、女性は受付嬢を任されることもあります。そんな時に和装で応対することで、受付に華を添えることができます。国際結婚などで洋装の方が多い場合にも目立ちますし、何より外国人の方に日本の文化を直に見てもらう良い機会にもなりますよ。

まとめ

いかがですか?意外と経済的だという事実に驚いたのではないでしょうか。年齢によっては派手な柄というイメージになってしまかもしれないので、もし購入するならあらかじめ落ち着いた色合いの着物にしておくとよいかもしれませんね。その分帯で華やかな色のものを用意するなど対策しましょう。

関連記事

人気の記事

  1. 繰り返しできる口内炎とサヨナラ!すぐに実践したい口内炎の予防法とは?

    繰り返しできる口内炎とサヨナラ!すぐに実践したい口内炎の予防法とは?

    「美味しいものをたくさん食べたいのに、口内炎が痛くて食べられない!」、そんな経験をしたことがある人は…
  2. マイナスイオンたっぷり!河津七滝周辺でのんびりしよう

    見どころが多い伊豆の中でも、特に自然がいっぱいの中伊豆・河津七滝エリアをご紹介します。 河津七滝は…
  3. 白湯飲んでる女子が急増中!簡単にできる白湯の美容効果をみてみよう!

    白湯飲んでる女子が急増中!簡単にできる白湯の美容効果をみてみよう!

    白湯(さゆ)の美容効果が凄くて、飲む美容女子が急増中です。 やかんに水道水を入れて沸騰させます。 …
ページ上部へ戻る