結婚までの道のり〜しきたりを知っていますか?〜

女子力アップ通信教育講座

「結婚します」と一言で言っても、結婚までの道のりは長いです。

最近では結納も披露宴もしない、籍を入れるだけという人も多いと思いますが、年配の人からすると、ちゃんと順を追って親族への顔合わせを望む人も少なくないと思います。

若い人だけで決めてもいいですが、少しだけ大人の意見を聞いて昔ながらの結婚への道のりを踏んでみてもいいかもしれません。

 

結納〜家を結ぶ〜

最近では結納をしない結婚が増えてきています。でも結納は両家を結ぶ大切な儀式です。

正式に結婚することが決まった証として、贈り物を「納め」合い家と家が「結び」つきます。結納を境に両家は親類となります。

昔は新郎の家から新婦の家へ縁起物として帯や反物を送っていましたが、今は結納金を贈ることが多くなっています。また、結納金もなく両家の顔合わせとして食事会という形式をとる人も増えているようです。

新郎新婦ではなく、親族が主役の場です。

 

結婚式〜誓い〜

結納も終わり、様々な準備を終えたらいよいよ結婚式です。

二人が結婚することを神仏の前で誓う儀式です。神前式、仏式、キリスト教式のほか人前式もあります。

人前式は難しいしきたりもなく新郎新婦の希望が十分に生かせる結婚式になるため、最近では人前式を希望する人も多くなっています。

 

披露宴〜親戚・友人へのお披露目〜

バブル全盛の披露宴は豪華絢爛、招待客もたくさんいましたが、不景気の昨今ではこじんまりとした披露宴が主流になってきています。それどころか披露宴すらしないカップルも多いですね。

披露宴は二人の結婚を今までお世話になった人たちへ広く知ってもらうために行います。親戚、友人だけでなく近所の人へのお披露目をする習慣が残っている地域もあります。

 

結婚の主役は周囲の人たちです

結婚への道のりを少しだけお話ししましたが、たった3つの儀式でもお金がかかるし面倒だなと思う人も多いことでしょう。

でも、結婚は新郎新婦のためだけにするものではありません。両親、親戚、友人、知人など、今まで支えてくれていた人たちが主役です。

「こんなに大きくなって、自分たちで生きていけるようになりました。安心してください。」と周囲の人へ伝えることが最大の目的です。

昔のように盛大にする必要はありません。こじんまりとしていてもいいので、お世話になった人たちへ結婚の報告をしてみませんか。それだけで親孝行になり、周囲の人たちを安心させることができます。

これから結婚を考えている方々、ちょっとだけ両親の思いを汲み取ってあげてください。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    結婚が決まった方必見!準備のあれこれ教えます!

    人生の最大のイベント結婚。結婚と聞けば、お祝いや結婚式のマナーなど色々と出てきますよね。式の準備など…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    相手を退屈させない秘密デートスポットの選び方

    デート、特に初めてのデートや思いを伝えたい時などここぞという段階ではどこに行くかも重要ですよね。初め…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    感動の嵐!初めての妊娠・出産あるある!

    ある日自分のお腹に赤ちゃんがやってきた!こんな幸せなことってないですよね。初めての妊娠って何が何だか…
ページ上部へ戻る