結婚式の会場選びは初志貫徹選択の秘訣

女子力アップ通信教育講座

結婚式を決意してまずは会場探しですが、今はかなりの数の結婚式場がありますよね。双方の両親や親戚が訪問しやすい場所などである程度絞ることはできそうですが、そこだって1つしかないとは限りません。また式場を選んだあともプランだったり当日の進行だったり選ぶべきことはたくさんあります。今日は選択に迷ったら見て欲しいポイントを紹介します。

ゲストはどこまで呼ぶ?

結婚式のゲストは新郎新婦の関係者だけではありません、親族だけと割り切っているならともかく、そうでないのなら両親がお世話になった人など家族の希望にも応える必要があります。ゲストによって他の選択基準も左右されますので、自分たちが招待したい人を想定したら、両親にも他に招待したい人はいないか確認をしてみてください。

会場はゲストが訪れやすい場所に

新郎新婦がもともと住んでいた場所で思い出を兼ねてというスタイルが多いですが、遠方の親戚が多い場合は交通の便にも注意して選ぶ必要があります。例えば新幹線の停まる駅が近くにあれば、遠方でも乗り換えに困りませんよね。新幹線や飛行機などを乗り継いで、次は在来線、さらに最寄駅からはバスを乗り継がなければいけないなんていう場所もあります。住所だけではなく、最寄駅と通っている路線についても確認しましょう。

仏滅なんてもってのほか!

これもゲストに左右されることですね。式の日取りです。従来は大安吉日を選ぶカップルがほとんどでしたが、現在はこだわらずに2人の日程が合いそうな日にすることも。また大安とは逆に位置する仏滅は避ける人が多かったことから式場側も安価で提供していることを鑑み、敢えて仏滅に低コストで挙式を行う人もいます。特に親世代以上の方は日取りを気にする可能性が高いので、勝手に決めないようにしましょう。

希望の演出があれば初めに

挙式や披露宴でどんな演出をしたいのかを考えるのも、事前に必要なことです。ただ式場によっては出来ることとできないことがあるので、優先順位を決めておくとプランナーとの相談の際もスムーズですよ。もちろん、一番やりたいことが可能な式場を探すことも大事です。

結婚式を行うのは何のため?

最も重要なのは、式を何のために行うのかです。ウェディングドレスを着たい、親のため、1度きりなのでせっかくだからやりたい、なんでも良いので動機を1つ決めておきましょう。もし複数の候補が出て迷ったときや、家族から2つの対立する意見が出てきたときは、あなたたちの動機に近い方を優先してください。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    除湿には2種類あなたはどっちを選ぶ

    エアコン機能には除湿、もしくはドライと呼ばれる機能がありますが、機械によって2種類に分かれることをご…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    お粥でデトックス!4つの豆知識

    お粥でダイエットをした経験のある方はたくさんいると思います。 お粥にはカロリーコントロール効果があ…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    見逃せない田舎の直売所はびっくりがたくさん

    市街地から離れた田舎に行くと、直売所を見かけたことはありませんか?スーパーのように欲しい物が揃ってい…
ページ上部へ戻る