幸せになりたい女子必見!DV予備軍彼氏の見分け方と対処法

幸せになりたい女子必見!DV予備軍彼氏の見分け方と対処法

幸せになりたい女子にとって、一番の敵は憎い脂肪でもなく肌荒れでもありません。DV予備軍彼氏です。
憎い脂肪や肌荒れは、自分の努力である程度まで克服可能ですが、DV予備軍彼氏に至っては、仲良く幸せになれる可能性はかなり少ないと思っていてください。
結婚前なので別れるのが最善の方法ですが、つきあいが進むとそれも難しくなるのが現実ですよね。DV予備軍彼氏かどうかを早めに見きわめて、そういう相手とは早めに別れるのが今のところ一番の対処法です。
「耐える」とか「もう少しつきあったら変わるかも」なんて、決して思わないことです。
結婚してDV夫だとわかって離婚した人は、結婚前にもそういう兆候があったということです。
「ちょっとおかしいな」と思ったら、DV予備軍男子の兆候を参考にして、彼氏の行動をよく観察してくださいね。

こんな兆候があったらDV予備軍男子の可能性あり

ソファで女性が泣いて男性がそっぽを向き、喧嘩をしている様子のカップル
男子の成長過程で「弱い者を守る」という気持ちを身につけることができたら、大人になっても決してDVをするようなことはありません。
そういうものを身につけることができなかった男子は、ストレスがたまりやすく蓄積すると弱い者を攻撃することで発散させようとします。
このような男子は、付き合っている時からこんな兆候があるはずです。

①お店の店員に横柄な態度をとる

細かいところに文句を言ったりして「客だぞ」という態度をとる、自分より格下だと感じたら態度が大きくなるのは、DV予備軍男子の可能性は大きいです。
弱いものを攻撃する、下手(したて)にでる人には横柄になるという態度は、DVにつながります。

②外面がいい

自分のDV気質を隠すことには一生懸命になりますから、当然、外面がよくなります。そうすると、ストレスがたまり反動もあって、格下の相手には素の部分がでて暴力的になります。

③つきあいだすと性格が変わった

外面がいいので最初は優しく振る舞いますが、そういう態度はつきあいだすと変わるのがDV気質の男子です。つきあいだすと、素の部分がでてきてDV気質が見え隠れしてきます。

④度を超した嫉妬心や束縛がある

携帯をチェックしたり彼女が同窓会や飲み会にでるのも嫌がります。彼女が聞き入れないと暴言を吐いたり、時には手をあげたりすることもあります。

⑤話し合いができない

男子は、基本的に女子と話し合いをするのが苦手です。女子の複雑な感情を理解できないというのが、原因のひとつかもしれません。
DV気質の男子は、その上に、パワーで劣る女子を自分の言いなりにしたい、束縛したいという気持ちが加わるので、対等に話し合いをしたいと思っている女性と全く話し合いができません。
話し合いをしたいと言っても応じないなら、DV気質であることが多いです。

⑥女子が泣いても冷ややかにみている

弱い者を守るという気持ちをもっている男子なら、女性が泣くというのはほっとけない事態です。そんな時でも、どこか冷ややかな態度を感じたら、間違いなくDV気質です。

⑦ちょっとしたことで怒ることがある

人とぶつかったぐらいでも、ひどく怒ることがあるのはDV気質の可能性大です。プライドが高いので、ささいなことでも気に入らないとひどく怒り出します。最初は抑えられていても、付き合い出すとパワーの弱い彼女に怒りをぶつけるようになってきます。

知っておこう!DVのこと

男性が力拳を握り座り込む女性を威嚇している様子
DVという言葉は、かなり浸透してきましたが、具体的にどういうことをさすのか詳しく知らない人も多いのが現実でしょう。
DVの定義や、DVにはサイクルがあること、そして実際にDV被害にあったらどうすればいいかをみていきます。

DVの定義

DVとはドメスティックバイオレンスを略した言葉で、明確な定義はありません。
ですが、男女共同参画局のホームページによると「配偶者や恋人など親密な関係にある、又はあった者から振るわれる暴力という意味で使用されることが多い」と書かれています。
暴力の形態としては、

  • 身体的なもの
  • 精神的なもの
  • 性的なもの
  • 経済的なもの

に分かれていて、ホームページには実際にあった具体的な事例も載っています。

  • 身体的なもの

殴ったり、蹴ったりするなど、直接何らかの有形力を行使するものです。

  • 精神的なもの

心ない言動などにより、相手の心を傷つけるものです。PTSD(心的外傷後ストレス障害)や精神障害になれば、刑法上の傷害罪で処罰されることもあります。

  • 性的なもの

性的な行為を強要する、中絶を強要する、避妊に協力しないというものです。夫婦間でも、強制性交等罪にあたる場合もあります。

  • 経済的なもの

生活費を渡さないうえに仕事をさせないというものです。
DV防止法、正確には「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」」という法律もあって、結婚していなくても内縁関係や同棲中でもDV防止法の対象として認められます。
軽く平手打ちされただけでも、身体的なDVにあたりますよ。物を投げる振りだけでも、精神的なDVにあたります。どんな小さな暴力でも、DVにあたると思っていていいのです。
(参考元:内閣府 )

DVサイクル

DVにはこんなサイクルがあります。

  • 暴力を振るう「暴力爆発期」
  • 暴力したことを謝り、優しくなる「ハネムーン期」
  • イライラやストレスが高まる「緊張の蓄積期」

「緊張の蓄積期」は誰にでも起こりますが、自分で解決していこうと努力するのが大人です。弱い女性や子供に暴力を振るって解決しようとするのは、間違いなくDV気質男子です。
ハネムーン期の優しさは「この人には私がいないとダメだ」と女子に思わせるような甘さがあります。難しいかもしれませんが、それを信じないようにしましょう。
みせかけの優しさであって、DVのサイクルのひとつの時期に過ぎません。

DV被害にあった時の対処法

不安な顔をしながらスマホで電話をかける女性
DV予備軍彼氏は、とにかくあなたを束縛して自分の言いなりにさせるようにします。そんなDV予備軍彼氏とは、できるだけ早めに別れることが一番です。
別れたいと言っても話ができない状態なら、警察に相談することも考えましょう。身体的な暴力がひどくなったら、裁判所に申し立てて保護命令も出してもらえることもできます。
配偶者暴力相談支援センターが都道府県に設置されていて、結婚していないカップル間の暴力についても相談にのってくれますよ。まずは電話して相談してみましょう。

DV予備軍彼氏の治し方

背中合わせに腕を組み喧嘩している様子のカップル
幸せになりたい女子なら、DV予備軍彼氏とは早めにお別れすることがベストです。
しかし、どうしても彼氏と別れられない場合、少しでも普通の彼氏にしたいと思う気持ちがあれば、医療機関に相談することもできます。
ですが、その前に「彼氏がやっていることはDVにあたる」ことを教えてあげましょう。
彼氏自身はDVとは自覚していることはほとんどなく、無自覚でやっています。DVとは「人格を侵害すること」で、暴力だけではなく暴言もDVにあたるのです。
それがわからない彼氏に教えてあげることから始めます。
あとは本人の強い意志が必要ですが、その動機づけまでやるには、相当な根気と期間が必要です。
結婚はしていなくて子供もいない身軽な時なのですから、できれば早く彼氏と別れることを考えましょう。

まとめ

DV予備軍彼氏と恋愛関係になってしまうと大変です。内閣府男女共同参画局の「配偶者からの暴力に関するデータ」を見ると、2018年には114,481件というデータがあります。
結婚していない彼氏の段階でちょっとでもDVにあたるような素振りがみえたら、すぐに話し合いをして、話し合いに応じない彼氏なら早めに別れを決意した方がいいでしょう。
DVを起こす人は、病気からの場合と性格からの場合がありますが、DVを治すにはどちらの場合も相当な時間と根気がかかります。
幸せになりたい女子なら、そんな時間はもったいないことです。幸せを求めて、DV予備軍彼氏とは別れて新しい彼氏を見つけましょう!

関連記事

人気の記事

  1. 仕事の効率化改革始めよう!仕事が早くなるマイルールの作り方

    仕事の効率化改革始めよう!仕事が早くなるマイルールの作り方

    仕事が集中してあれもこれもやらなければならない、ということはありませんか? 特に、年末や年度末、月…
  2. 感動の嵐!初めての妊娠・出産あるある!

    ある日自分のお腹に赤ちゃんがやってきた!こんな幸せなことってないですよね。初めての妊娠って何が何だか…
  3. 彼氏の女友達が略奪女子に変身するのはこんな時!危険な略奪女子の見分け方と防止策

    彼氏の女友達が略奪女子に変身するのはこんな時!危険な略奪女子の見分け方と防止策

    恋愛市場では、略奪女子は最低の女として目の敵にされます。 でも、それは自分の女友達が自分の彼氏を略…
ページ上部へ戻る