ママもお子さんも要注意夏に乾燥するのはワケがある

女子力アップ通信教育講座

実は夏の乾燥は、主婦をしているお母さんやお子さんに多いってご存知ですか?子供だからまだお肌に気を使う必要はない、家事ばかりで外に出ないから安心なんて思っていると、思わぬ落とし穴にはまってしまいますよ。乾燥にはちゃんと原因があるので今日はしっかり確認してみてください。

皮膚のガードがなくなると乾燥する

皮膚は角層によって表面が覆われているため、外部からの刺激に耐えられるし、内部の水分を漏らさないという状態を保てています。また角層自身も皮脂膜によって保湿ケアなどがされています。ですが皮脂膜は水仕事や空気の乾燥、摩擦などによって剥がれてしまうことがあります。皮脂膜が剥がれると角質はダメージを受け、正常な機能を保つことができずに肌が乾燥してしまうというわけです。

子供はまだ肌の成長が未発達

水仕事をする機会の多いお母さんはともかく、どうして子供までダメージを受けやすいのでしょうか。それは子供の場合、皮脂膜が未だ成長しておらず、角質の保護が難しい状態にあるからです。また角質の機能低下や皮脂の分泌量が少なく、皮脂膜を上手く構成できない高齢者も注意してください。

むしろ室内こそ乾燥に注意?

いずれも肌が弱いイメージがあるならば、外出を控え、家の中にいれば安全と考えるかもしれません。しかし夏場は室内だからこそ注意しないといけません。室内ではもっぱら冷房機器に頼っている人も多いでしょう。ですが冷房機器を使いすぎると肌は余計に乾燥してしまうんです。特に風の吹き出し口の付近に座っていると、その風をもろに受けてしまうので、よりダメージが強くなります。エアコンを使う場合は、真下など風が直接当たる場所には居ないようにしてください。扇風機においても同様の可能性がありますから注意します。

白いカサカサが夏でも出たら要注意

冬場に、腕や足を見ると白くカサカサした状態になっていませんか?剥けたりフケのように細かく散ったりしますね。これは皮脂欠乏症という立派な皮膚症の一種です。これが出たら完全に肌が乾燥している証拠です。全身に出ていなくても、一部でもその傾向が出たら保湿を行ってください。また何が原因なのかを考えてみましょう。紫外線や暑さだけではなく、冷房に当たりすぎていないか、水仕事が大変なのかと内側の原因も確認してみることが大事ですよ。

屋内でも気をつけて!

もちろん紫外線に長時間さらされるよりはマシですが、屋内でも温度調整や冷房器具の使いすぎで乾燥してしまう可能性を秘めています。せっかく避暑をしているのに肌にダメージを与えてしまっているのは嫌ですね。これを機に肌の状態と室内環境を改めて見直してみてください。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    ゴマがスゴイ!ゴマの6つの効果

    どんなお料理にも合うゴマですが、実は美容と健康にとても効果を発揮してくれるんです。 白ゴマや黒ゴマ…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    むくみを解消してダイエット!4つの豆知識

    たるんだ顎のライン…ぷよぷよの下半身…もしかしたらそれは、むくみが原因かもしれません。 特に、マス…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    肩こり腰痛にお困りの方必見!今日から始められる予防法

    肩こりや・腰痛にお悩みの方も多いですよね、でも運動などは時間がなくてできない何から始めたらいいの?と…
ページ上部へ戻る