冷房と除湿は違う正しい使い分けテクニック

女子力アップ通信教育講座

夏のエアコンの機能で、冷房とドライ(除湿)を使う人は多いですね。どちらも快適さを求める点では共通しています。ではこの2つは何が違うのでしょうか。もちろん気温を下げる、湿気をなくすという主な効果の違いはありますが、両者を使い分ける理由はなんでしょうか。気分の問題?雨が降っているから?今日は2つの機能の仕組みについて触れつつ、使い分けの方法を紹介します。

除湿で涼しいと感じる理由

まずそれぞれの機能を改めて確認してみましょう。まず冷房は室内の温度を下げる効果ですね。冷たい風を送り込むことで暑さを和らげます。そして除湿ですが、室内にある湿気を取り除きます。どうして湿気がなくなったから快適になるのかというと、ジメジメ感がないこと以上に、湿気と気温の関係がポイントとなります。実は湿気は高気温の場合に溜まりやすくなるんです。高気温だと空気中に水分をたくさん蓄えることができます。しかし逆に言えば低気温になると水分を蓄えることができなくなり、湿気も少なくなるというわけです。湿気が少ないということは低気温であるということで、除湿効果によって快適さを味わうことができます。エアコン自体にも熱を奪う機能がついており、それによって除湿をしているわけですから、納得です。

冷房に除湿効果はあるのか?

気温が下がることで湿気がなくなるのであれば、冷房に除湿効果はないのでしょうか。もちろん冷房にも除湿効果は備わっています。こちらは意図して湿気をとるのではなく、上述したように気温が下がることによって湿度を下げているわけですね。エアコンには排水管が設置されてますが、空気中に保てなくなった水分はここから屋外へ出て行く仕組みです。

どちらの機能をメインで使うか

そう考えると、どちらの機能を用いても良いように感じますね。温度が気になる場合はその都度調整すればよいのですから。そうんるとポイントとなるのは電気代でしょう。一般的にはただ温度を下げる冷房より、湿気を取る除湿の方が電気代は消費すると言われます。除湿は湿気をとった空気をある程度温め直してから室内に戻る効果があるためです。しかし近年では実は除湿には2種類の効果に分かれ、空気を温めなおさない除湿機能を持ったエアコンも存在します。冷房がいつも肌寒く感じるなど、寒さに敏感な方でなければ温め直さない方の除湿機能をを使えば冷房と同等かそれ以上の節電も可能です。そう考えるとどちらの機能主な目的にしたいかで選んだほうがよいと言えますね。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    ピラティスは1種類じゃないあなたが行うべき種類はどれ

    ピラティスは体づくりや精神を鍛えるのに良いとされていますが、実は1種類だけではないことを知っています…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    1歳の誕生日♪日本各地に伝わる伝統祝いあれこれ

    お母さんのお腹の中で大切に育まれた命。そして痛みを乗り越えた出産。そしてどんどん成長していく赤ちゃん…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    冷え性改善冷房対策に役立つアイテムはこれだ

    夏場でも冷え性という方が増えています。それはなぜかというと、なんと冷房の当たりすぎです。自分で当たり…
ページ上部へ戻る