勉強って楽しいお子さんに感じさせるための工夫

女子力アップ通信教育講座

楽しいって大事!

何をするにも、その行為を楽しんで行えるかって大事ですよね。それは勉強、お子さんの学習においても同じです。勉強ができないと感じているお子さんは、嫌いになっていることも多いです。好きになって初めて頑張ろうと思えるんです。今日はそんなお子さんに勉強を好きになってもらうための方法を紹介します。

1問でも出来たら褒めてあげましょう

子供からすれば、勉強ができないお子さんからすれば、1問でも以前より出来ていればそれは成長ですよね。それなのに頑張れと言われることは成長の否定にほかなりません。今の自分は頑張っていないのか?と悩んでしまいます。以前のお子さんのテストなどを比べてみてください、1問でも以前解けなかった問題ができていたら、まずは褒めてあげてください。その上で、この調子でこっちも頑張ろうという促し方をしてあげましょう。これは大きくなっても変わりません。もちろん、言葉はいつまでも小さい子に対するような口調ではいけませんが、少しでもできるようになったことは褒めてしかるべきです。

会社で働くってどういうこと?

叱るときの文句として、大人になる為に必要、社会に出るため、大学に行くために必要なんて言葉があります。でも、本当に必要なんでしょうか。正直な話、大人になっても今必要かなって感じている学習内容ってありませんか?大人でも疑問に感じていることなのに、子供に押し付けても当然理解はされません。そもそもお子さんにとっては、一般常識として役立つことすらも、どうして役に立つのかと疑問に思うのではないでしょうか。逆に言えば、今お子さんには取り組むべき目標がないとも言えます。将来の為ではなくてもいいので、目標を持つように促してあげるのもポイントです。テストで一番を取ったらみんなから尊敬される、先生から褒められる、ご褒美にお菓子を奮発するというちょっと不純な動機でも良いです。肝心なのは、出来たとお子さん自身が実感することなのですから。出来た時の達成感は大人でも良いものだと感じますよね。結果は2の次になることも少なくありません。お子さんにもその気持ちを体験してもらいましょう。

得意を伸ばす

人間、完璧なんてどこにもいません。100点をとった教科でも、次回もうまくいくとは限りません。得意教科だからって勉強を続けることに損はないんです。ですからまず比較的得意な教科から勉強を続けていくのも楽しくさせるポイントですよ。1つでも得意教科があることは有利になります。勉強することが楽しいと感じるようになってから、普通に出来る教科、苦手な教科と幅を広げていきましょう。いきなり苦手な教科だけに切り替えると嫌いに戻ってしまうかもしれないので、得な教科で5問、苦手な教科で1問というように、割合を設定し、徐庶に増やしていくのも効果的ですよ。

楽しいって大事!

何をするにも、その行為を楽しんで行えるかって大事ですよね。それは勉強、お子さんの学習においても同じです。勉強ができないと感じているお子さんは、嫌いになっていることも多いです。好きになって初めて頑張ろうと思えるんです。今日はそんなお子さんに勉強を好きになってもらうための方法を紹介します。

1問でも出来たら褒めてあげましょう

子供からすれば、勉強ができないお子さんからすれば、1問でも以前より出来ていればそれは成長ですよね。それなのに頑張れと言われることは成長の否定にほかなりません。今の自分は頑張っていないのか?と悩んでしまいます。以前のお子さんのテストなどを比べてみてください、1問でも以前解けなかった問題ができていたら、まずは褒めてあげてください。その上で、この調子でこっちも頑張ろうという促し方をしてあげましょう。これは大きくなっても変わりません。もちろん、言葉はいつまでも小さい子に対するような口調ではいけませんが、少しでもできるようになったことは褒めてしかるべきです。

会社で働くってどういうこと?

叱るときの文句として、大人になる為に必要、社会に出るため、大学に行くために必要なんて言葉があります。でも、本当に必要なんでしょうか。正直な話、大人になっても今必要かなって感じている学習内容ってありませんか?大人でも疑問に感じていることなのに、子供に押し付けても当然理解はされません。そもそもお子さんにとっては、一般常識として役立つことすらも、どうして役に立つのかと疑問に思うのではないでしょうか。逆に言えば、今お子さんには取り組むべき目標がないとも言えます。将来の為ではなくてもいいので、目標を持つように促してあげるのもポイントです。テストで一番を取ったらみんなから尊敬される、先生から褒められる、ご褒美にお菓子を奮発するというちょっと不純な動機でも良いです。肝心なのは、出来たとお子さん自身が実感することなのですから。出来た時の達成感は大人でも良いものだと感じますよね。結果は2の次になることも少なくありません。お子さんにもその気持ちを体験してもらいましょう。

得意を伸ばす

人間、完璧なんてどこにもいません。100点をとった教科でも、次回もうまくいくとは限りません。得意教科だからって勉強を続けることに損はないんです。ですからまず比較的得意な教科から勉強を続けていくのも楽しくさせるポイントですよ。1つでも得意教科があることは有利になります。勉強することが楽しいと感じるようになってから、普通に出来る教科、苦手な教科と幅を広げていきましょう。いきなり苦手な教科だけに切り替えると嫌いに戻ってしまうかもしれないので、得な教科で5問、苦手な教科で1問というように、割合を設定し、徐庶に増やしていくのも効果的ですよ。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    知らなきゃ損女子力アップの食事マナー

    いつも、40代半ばの女性の先輩女性Aさんとその他、私を含めて5人で一緒にお昼ご飯を食べているのですが…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    その反応は要注意彼のあなたに対する真実

    付き合っているかどうかは別にして、男性と食事に行ったりデートのように一緒に出かけるという機会は少なく…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    ビジネスシーンで場が凍りつくNGワード

    無意識に誰かが発した一言でその場が凍りついた経験ってありませんか? 今回は、職場で要注意!ビジネス…
ページ上部へ戻る