泣いている子をあやす方法!子育てで役立ったものベスト3!

女子力アップ通信教育講座

子どもができると毎日があっという間に過ぎてしまいますよね。泣いている子どもをあやして、寝かしつけて家事をして、ご飯やおっぱいをあげて…幸せいっぱいだし子どもはかわいいのですが、少しの時間でも欲しい、要領よく育児と家事をこなしたいと思うこともあると思います。そこで今回は、育児の中で役に立ったものベスト3をご紹介したいと思います。

 

●子どもが集中できる!音がなるメリー

メリーって何?という方もいるかもしれません。ベビーベッドに取り付けて、ぶら下がったおもちゃやぬいぐるみがくるくる回るアレです。オルゴールメリーという名で呼ばれたりもします。
このメリーちゃん、新生児~10ヶ月くらいまで大活躍でした。泣きそうなときに、音を鳴らして回しておけば機嫌がなおったり、少しひとりにするときにも、そちらに集中するので泣くことがなかったりと、とっても役に立ちました。ただ、子どもがつかまり立ちをして手が届くようになると、引っ張ったり叩いたりするので注意が必要になってきます。

 

●とっても便利!離乳食用冷凍パック

離乳食って毎回考えて毎回作るとなると、結構な労力が必要ですよね。そんなときに便利なのがこの冷凍パック!
現在私の息子は1歳を過ぎたのですが、いまだにこの冷凍パックを愛用しています。この冷凍パックでご飯やスープのキューブを作っておけば、ご飯のときも解凍させてすぐ出せますし、茹でた野菜のキューブを作っておけばちょっと一品足りないなというときにもぱぱっと足すことができます。作った冷凍キューブ何個で一食分、という配分もしやすいところもおすすめポイントです。

 

●子育て便利グッズNo.1!バウンサー

我が家の育児において、バウンサーの便利さは間違いなくナンバーワンでした!うちの子どもは2ヶ月~8ヶ月位まで毎日バウンサーに乗せていました。
自分でびよんびよんと動くし、その動きと揺れで勝手に寝てくれるし、うちの子どもは足元におもちゃをぶら下げておけば、ずーっとそれを蹴って遊んでいました。友人の子どもは手のところにおもちゃがぶら下がるようにされていて、ずーっとそれを引っ張ったりして遊んでいました。
その隙に料理も洗濯もできますし、手軽にママの近くに置いておけるのでとても便利です。実家に遊びに行くときも畳んで持ち歩けるのもポイント高いです。難点を挙げるなら、つかまり立ちする位からおとなしく座ってくれなくなってくる点かもしれませんが、それは個人差があると思います。

 

●まとめ

いかがでしたか?ぜひ子育ての参考にして、うまく育児と家事の両立を図りましょう!

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    摂食障害にならないための4つの方法

    摂食障害の主な原因は、間違えたダイエット方法から始まりますが、過激なダイエットをしていることが原因だ…
  2. 女子力アップ通信教育講座

    気分は良家のお嬢様 彼に好印象を抱かせる食事マナー

    男性は奥さんとして気配りのできる女性を求めていることが多いです。自分の親との付き合い、仕事関係者への…
  3. 女子力アップ通信教育講座

    ライフスタイル  危ない【ながら族】の実態!! 

    ●ながら族って何? 最近はびこっている、ながら族とは?  それは、~をしながら、~をする。みたいな…
ページ上部へ戻る