除湿には2種類あなたはどっちを選ぶ

女子力アップ通信教育講座

エアコン機能には除湿、もしくはドライと呼ばれる機能がありますが、機械によって2種類に分かれることをご存知ですか?あなたや家族の健康状態などによって適した方が変わってきますから、もし今後エアコンを買い換えるのであれば2種類の違いを理解しておきましょう。

弱冷房除湿と再熱除湿

除湿機能は主に弱冷房除湿と再熱除湿とに分かれます。室内の湿気を取り除くという機能は共通していますが、部屋の温度をどうするかという点で違ってきます。まず弱冷房除湿ですが、湿気を取り除いて冷えた空気(湿気は高気温に集まりやすいので、湿気がなくなった空気は冷えます)をそのまま室内に戻すため、冷房のような冷えた感じがするんです。一方再熱除湿とは、文字通り再び熱を加えるという意味です。もちろん湿気があった温度まで戻すことはありませんが、家人が快適に過ごせるような温度に戻してから室内に送り込みます。要は戻す際に温度調整を行うか否かということですね。

除湿でも肌寒さを感じるなら再熱除湿

もし冷房や除湿で普段肌寒さを感じてしまうならば再熱除湿がオススメです。比較的温度を持った風が送り込まれてくるので、乾燥させつつも寒くない、心地よい環境で過ごすことができます。今あるエアコンが弱冷房除湿であれば、そのせいで肌寒さを感じていることもありますから、今一度説明書などを確認してみてください。また梅雨時の気温も低くなりがちなタイミングにも再熱除湿が適しています。梅雨時はまだ気温自体も高くない場合が多いので、そこで湿気を取り除くとさらに気温が低下し、寒くなってしまいます。それを防ぐためにも再熱除湿で室内の温度を保つ必要があるんです。

エコなら弱冷房除湿

再熱除湿にも弱点があります。それは熱を加えるために電気の消費量が多いということ。温度設定が低ければそもそも電気代を消費するので、より電気代が高くなる可能性があります。一方弱冷房除湿であれば温める動作がない分だけ、電気代が安くて済むんです。肌寒さを感じることがない、むしろ暑がりな方は弱冷房除湿機能を持ったエアコンに変えてみると電気代を消費せずに快適に過ごすことができますよ。冷房よりも電力消費は低いので、優先的に使ってみましょう。

冷房を加えると3パターン

気温の変化では再熱除湿が、涼しさとエコロジーでは弱冷房除湿にメリットがあります。冷房はそれぞれ中間の役割を果たしますから、3種類の機能があるわけですね。自身やご家族、特に高齢の方や小さいお子さんがいる家庭はどのような機能を求めているか、今一度話し合ってみるのもよいかもしれません。

関連記事

人気の記事

  1. 女子力アップ通信教育講座

    感動の嵐!初めての妊娠・出産あるある!

  2. 女子力アップ通信教育講座

    冷え性改善冷房対策に役立つアイテムはこれだ

  3. 女子力アップ通信教育講座

    1歳の誕生日♪日本各地に伝わる伝統祝いあれこれ

ページ上部へ戻る