こんな上司にはついていけない!部下のやる気をなくすNGな行動と発言とは

こんな上司にはついていけない!部下のやる気をなくすNGな行動と発言とは

大人になり社会に出て働き始めると、誰もが仕事のことで悩むことがあるでしょう。その悩みのなかでもダントツ多いとされているのが、上司との関係です。
上司という存在は、自分の先輩でもあり尊敬できる部分も持っていて、なにかされてもなかなか逆らうことができません。
関係が悪くなると大事なことも聞くに聞けなくなったりして、毎日の仕事に支障がでる可能性があります。
それでもやる気をなくすような事を言う、態度に出してくる上司には頭を悩まされますよね。今回は多くの方が悩んでいるであろう、上司から部下に対しての問題発言や行動を紹介していきます。

部下のやる気をなくしてしまう上司の行動とは?

後ろで職場の人が話をしていて、その横で椅子に座った男性が両腕を頭の後ろに置きくつろいでいる様子
その日の上司から部下に対する行動によって、1日のやる気が決まってしまうことってありますよね。
部下の立場からするといつも上司のことを気にかけていますから、ちょっとした行動でも敏感に反応してしまうのです。
「今日は機嫌が悪いな」「自分に対してだけあたりが強い」などがあげられるでしょう。実際にどのような行動で悩まされているのか、みていきましょう。

部下によって態度を変える!相手を選ぶ上司

自分の気に入った部下には優しいけれど、気に入らない相手だとあたりが強くきつい言い方をするなど、態度を変える上司がいます。
そもそもお気に入りの部下、気にいらない部下はどのような基準で判断するのか?

  • お気に入りの部下

自分の上司(役員クラスなど)に繋がりを持っている人、自分のいうことをなんでも聞いてくれる人

  • 気に入らない部下

当たりやすいタイプ(気が弱く自己主張が弱い人)、仕事ができない人、融通がきかない人
部下によって態度を変えてくる上司は、好き嫌いが激しいタイプの性格の傾向にあります。

マイペースで時間や約束を守らない!

時間にルーズな上司は部下のやる気もなくなりますし、仕事にも支障がでてしまいます。なにかあったときは部下のせいにされる恐れもあります。
待ち合わせの時間に遅れたり、集合場所を間違えたりと部下としてみればかなり振り回されることになります。
特に、約束を守らない上司は自分が言ったことに対して「そんなこと言っていない」と他人事にすることがあるので要注意です。

自分の時間がない!プライベートにまで仕事をもちかけてくる

仕事が終わりやっと家に帰っても、上司からの連絡により気が休めないときがあります。プライベートの時間なのに、仕事の話や愚痴をしてくる上司、やる気がなくなります。
本当に大事な連絡でしたら話は別ですが、翌日仕事で話せばいいような内容の話、ただの愚痴トークであれば、急を要するものではありません。
携帯の電源を切りたくなります。やる気がなくなり翌日仕事に行きたくなくなってしまうのです。
時間がある独身の上司ですと、プライベートに暇な時間が多いので、連絡をしてくる可能性があります。

このひとことがきつい!部下のやる気をなくしてしまう発言とは

スーツを着た男性が指を指して怒っている様子
「口は災いの元」と、いわれているように、ちょっとした発言が相手を傷つけたり、人生を変えてしまうこともあります。上司のたったひとことで、部下のやる気を一気になくすこともできてしまうのです。
相手がいればいつでも思ったことを発言することができるので、特に忙しいときはさらっとやる気をなくすことを言ってきます。
一気に部下のやる気をなくしてしまう上司の発言はどんな内容なのかを、みていきたいと思います。

残業をしている部下に対して「サービス残業だぞ!」という

仕事が忙しくて残業をしているのに、サービス残業と言われたら一気にやる気がなくなってしまいます。
ただ働きさせられているような感覚になってしまい、早く帰りたくてもモチベーションが下がりますので仕事が終わりません。
就業時間を終えて疲れているなか残業をしているのだから、励ましの言葉などいただきたいですよね。

仕事ができない部下に対して「お前は成長しない」とネガティブ発言をいう

世の中にたくさんの社会人がいれば仕事ができる人、できない人は確かに分かれます。
毎日頑張っても周りと差がついてしまうこともあります。
それでも、やる気があれば仕事をすることはできます。毎日の成長につながることも可能です。
そんな中、上司にやる気を損ねることを言われたら、やる気も一気になくなりネガティブ思考になりかねません。

ボーナス前に「今年はあまり期待できない」と前もって言ってくる

仕事をしている中での楽しみのひとつにお給料があります。自分が働いて頑張った分お金がもらえることは、次のやる気にもつながります。
特に、賞与に関しては、給料以外の臨時収入みたいなもので特に楽しみなものです。期待しているぶん上司から、今回のボーナスは少ないやらでないやら、言われたら一気にテンションも下がります。
本当は公表してはいけないことを、気軽に話してくる上司には注意しましょう。

やる気をなくす上司はもうヤダ!あきれる上司への対処方法

スーツを着た女性がガッツポーズをしている様子
いくら上司とはいえ、毎日やる気をなくすような発言をされたらまともに仕事もできないですし、最悪仕事を辞めたくなってしまいます。
ある程度の我慢はできても、人間ですから限界を感じてしまうこともあるのです。
それでも上司が相手なので、思ったことは言えない、なにかあったらクビがとぶのではないかと心配になりますよね。
まずは落ち着いて、上司に対してどのような対処をしていけばよいのか考えていきましょう。

自分のスキルをあげ上司になにもいわせない

オフィスでパソコンや書類を前に電話の対応をしている女性
部下という立場である以上、努力をして自分のスキルアップを目指します。部下の仕事ができることによって、上司も楽になりますし最低限の評価はしてくれるでしょう。
どんどんスキルアップしていけば上司を越していき、もしかしたら立場が逆転することも夢ではないかもしれません。
仕事ができる人間を会社は欲しがっていますから、ある程度のことができれば、上司ではなく会社側から必要とされる人材になれます。

上司のさらに上司に相談をする

やる気をなくす上司に対して悩んでいるのであれば、上司のさらに上の立場の人に相談しても良いでしょう。
うまく対処してくれる可能性もありますし、自分の味方につけておけば、安心して対処ができます。
しかし、ポイントがあります。嫌な上司と仲が良い人、信用できなさそうな人は避けるように!ということです。あくまでも、信頼できる人だけに相談しましょう。

ひどい場合は証拠を集めて訴える事も考える

上司からのイジメはよくあることであり、社会の問題としてもとりあげられています。法律も厳しくなっていますから、なにかあれば訴えることもできるのです。
そのためには、証拠が必要なので、いつでも上司の発言を録音できるようにスタンバイしておくとよいでしょう。
周りからの意見も大切なので、同僚などにも協力してもらうと心強いですよ。

まとめ

悩める部下の立場からしてみれば、ひとつはあてはまる項目があるのではないかと思います。
社会人であれば365日のうち大半を職場で過ごすことになり、その分、上司と顔を合わせることも多くなるのが現実です。
嫌だからといって仕事をあっさり辞める訳にもいきません。我慢して仕事をしていても辛いですよね。
どんな上司であろうとできればうまく関係を築いていきたいと、部下からしてみれば誰もが思うことでしょう。
上司の行動や発言でやる気をなくすことはありますが、自分は悪くありません。
強い気持ちでいることが大切です。

関連記事

人気の記事

  1. 酵素ダイエットを始めてみよう

    酵素ダイエットは、人気があるダイエット方法としてよく名前があがるダイエット方法です。 ただ痩せるだけ…
  2. 普段読まなくても読みたくなる秋のおすすめ本5選

    読書の秋こそ読みたいおすすめ5冊 皆さんは読書はしますか? 普段はあまり本を読まない人にもおすすめ…
  3. ブランドは統一すべき化粧品の選び方

    現在化粧品は様々な企業が様々なブランド名で提供していますね。中には1つの企業で複数のブランドを展開し…
ページ上部へ戻る