ドレスは柄で決まる!柄の印象とTPOに合わせた柄選び紹介します!

ドレスは柄で決まる!柄の印象とTPOに合わせた柄選び紹介します!

お友達の結婚式や二次会など、ちょっといつもと違うお出かけのときならなおさら、何を着ていこうか悩むシーンってありますよね。
仲のいい友達が集まるお茶会などなら、気にすることもありませんが、ドレスアップが必要な時は、しっかりとTPOに合わせて決めるのがいいでしょう。
そんな時、少しおしゃれ感を出したいと思ったらドレスがおすすめです。
ドレスと言ってもさまざまですが、無地を選ぶと無難な印象になりがちです。
せっかくなら柄が入ったドレスをおしゃれに着こなしてみましょう。
今回は、ドレスの柄によって受ける印象が違うということについて、ご紹介しましょう。

TPOに合わせた服装とは?

「TPO」という言葉は当たり前のようによく使われていますが、「TPO」とは、実は和製英語なので日本では大丈夫ですが、海外では通じないようです。
Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合)を略してTPOと呼んでいます。
出かける場所によって意外と難しいTPOですが、普段と違う結婚式や二次会、高級レストランなど、人目の気になるシーンでは変に浮いたりすると恥ずかしい思いをしてしまいます。
大人の女性として、最低限のルールは守りたいものですね。

結婚式

結婚式での服装は、何を着ていったらいいのか悩む人は多いです。
ドレスの色はワンカラーがおすすめで、小物のカラーもまとまりのあるものにしておきましょう。
特に、注意書きで「平服でお越しください」とか「普段着で硬くならない服装」などと書かれていることもあるでしょう。
もちろん、結婚式での白色の服は禁物です。
白は花嫁さんの色なので着てはいけません。
また、白に見えてしまう生成り、薄い色のイエローやベージュも写真で白っぽく映るのでおすすめできない色です。
平服でと書かれていても普段着ではありません。
カジュアル感が出やすいコットンや麻素材は控えた方が無難です。

高級レストラン

ドレスコードがあれば、それを取り入れたファッションにすべきですが、そうでない場合でも高級レストランなら服装に気お付けたいものです。
おすすめなのがシャツワンピースです。
どんなシーンもこなしてしまう万能アイテムですね。
派手過ぎない落ち着いたカラーの花柄ワンピースなら、かわいい大人女性を演出できます。
きれい目のワンピースなら場の雰囲気を外すことはないでしょう。
昼間の場合は、少し明るめのカラーがおすすめです。

オフィスカジュアル

オフィスカジュアルコーデ
年齢層が幅広い仕事場でのコーディネートは、どのくらいの服装がいいのか分かり辛いところです。
職場でのTPOを守りつつおしゃれを楽しみたいですね。
オフィスカジュアルのお助けアイテムは、ブラックやネイビーのジャケットです。
その日のコーディネートに自信がないときも、一枚ジャケットを羽織るだけできちんと感がプラスできます。
ベージュやグレーのジャケットなら、明るい印象を与えてくれるでしょう。
ジャケットよりも少しカジュアルになりますが、ネイビーなどのカーディガンが一枚あれば、オフィスの温度変化にも対応十分対応でき、動きの妨げにもなりません。

おしゃれな先取り

季節を先取りするのがおしゃれだと言いますが、やりすぎコーデは逆に良くありません。
そんな時は、まず小物から取り入れてみましょう。
靴やバッグからの先取りなら無理なく取り入れることができるでしょう。
また、上手く季節を先取りする方法に、柄や色でコーディネートを活かしてみる選択肢もあります。
例えば、冬のコートの下からちらっとのぞかせる花柄は、春の訪れを感じさせてくれますよね。

ドレスの柄と印象

うすいピンクのワンピース、ドレスを着た女性
ドレスは、柄によって大きく印象が違うと言えますが、アクセサリーや小物使いにも気を配り、全体のバランスを考えてコーディネートすることが大切です。
ドレスの柄はさまざまで、花柄やチェック柄などがあります。

花柄

ドレスの柄の中でも花柄は定番と言えますが、花のサイズと色合いによって人が受ける印象は違ってきます。
ドレスによっては、トップス部分が無地でスカート部分が花柄という場合もあるでしょう。
存在感のある大ぶりの花柄は華やかな印象を与えてくれます。
黒や紺、グレーといった落ち着いたカラーならおしゃれなディナーなどにもおすすめです。
カーディガンなどの羽織物は、無地の物を合わせると上手くまとまるでしょう。
また、レース使いの花柄ドレスは、上品で高級感が漂う大人の女性の印象を与えます。
フォーマルな結婚式や二次会などにもおすすめです。

チェック柄

カジュアルなイメージのチェック柄ですが、若々しい印象や親しみやすい印象を与えます。
カラーやラインの太さ、入り方によって違いがあります。
モノトーン調なら大人っぽく着こなすことも可能です。
白地にグレーのラインなどは、男性にも好まれる女性らしい柄です。

ストライプ柄

カラーの組み合わせによっては、印象的で人目を引くドレスになるでしょう。
縦に入るストライプが視覚効果によって細身に見せることができます。
同系色ならやさしく女性らしい印象で、モノトーンのストライプならシックではっきりした印象になります。
また、ブルー系のストライプは、爽やかな印象に、グレーのストライプを選ぶと大人っぽい女性の印象が演出できます。

ボーダー柄

チェック柄と同じようにカジュアルな印象を与えやすいですが、マリンコーデでも定番になっているボーダー柄は、爽やかな印象になります。

ドット柄

赤いドット柄のワンピースを着た女性
ドット柄とはいわゆる水玉模様ですが、ドットの大きさや規則正しく並んでいるかなどによってイメージが違ってきます。
一般的には、ポップで明るく大人かわいい印象です。
定番のポルカドットは、一番よく見かける水玉サイズです。
大きすぎず小さすぎずの程よいドット柄なのでコーディネートもしやすく、ドット柄初心者さんにもおすすめです。
小さな水玉模様をピンドット柄と言いますが、遠目に無地に見えるくらいなので抵抗なく着こなせるでしょう。
カジュアルになり過ぎない甘さが、大人女子におすすめです。
ブラックなどのシックなカラーとのコーディネートは、クールで大人っぽい印象です。

アニマル柄

アニマル柄には、レオパード柄(ヒョウ柄)、ゼブラ柄(シマウマ柄)、ダルメシアン柄などがあります。
アニマル柄は、カラーによっては派手になりがちです。
モノトーンに近いシンプルな柄合わせで、個性的で大人な女性をアピールをしたいときにおすすめです。

柄の大きさによる印象の違い

ドレスのサイズやカラー、生地の質感など、さまざまな要因によって人が受ける印象は変わってきます。
例えば、同じ柄のドレスでも、柄の大きさによって上品に見えたり華やかに見えたりと違ってくるものです。

チェック柄

細かいチェック柄と大きなチェック柄を比べてみると、

  • 細かいチェック柄の方は大人しく上品
  • 大きなチェック柄の方はカジュアルで活発的

に見えます。

ボーダー柄

海辺をボーダー柄のワンピースを着て歩いている女性
細かいボーダー柄と太いラインのボーダー柄を比べてみると、

  • 細かいボーダー柄の方は上品で清楚な印象
  • 太いラインのボーダー柄の方は活発で明るい印象

に見えます。

まとめ

結婚式のときは、白や白っぽく見える色は避けることは覚えておくべきポイントです。
主役は花嫁さんと花婿さんですが、品よくおしゃれを楽しみたいですよね。
自分のイメージに合ったドレス選びをしてみましょう。
また、花柄・チェック柄・ボーダー柄など、細かくて細い柄は上品で大人しめに見えます。
反対に大柄や太めのラインの柄は、カジュアルで活発な印象を与えます。
TPOを外さないことはもちろんですが、あなたの理想のイメージに合ったドレス選びをして楽しむことも忘れないようにしましょうね。

関連記事

人気の記事

  1. 摂食障害にならないための4つの方法

    摂食障害の主な原因は、間違えたダイエット方法から始まりますが、過激なダイエットをしていることが原因だ…
  2. 愛犬の魅力をさらに際立たせる!可愛い犬用ファッション小物の紹介

    愛犬の魅力をさらに際立たせる!可愛い犬用ファッション小物の紹介

    わんちゃんを飼っているみなさん!可愛い愛犬に、毎日癒されていることでしょう。 寝ているときの顔や遊…
  3. 主役だからこそきちんと選ぶウェディングドレスのマナー

    女性なら一度は憧れたことがないでしょうか。結婚式は白のウェディングドレスでと。しかし、白のドレスと一…
ページ上部へ戻る