結婚式に使いたいドレス小物!これからはプラスワン作戦!

結婚式に使いたいドレス小物!これからはプラスワン作戦!

結婚式の花嫁になる時、レンタルのドレスをそのまま利用しますか?それとも、何か自分らしさをだしてみたいと思いますか?
自分だけのオリジナルの小物を利用して、結婚式のドレスにプラスワンしてみたいですね。
それは、ゲストも同じです。結婚式が続くと、同じドレスでは恥ずかしいという人もいます。
しかし、ドレスを何枚も持っていても無駄になってしまいます。
そこで、ドレスに1つプラスワンするだけで、レンタルのドレスが違うドレスに早変わりしたり、いつものドレスが違って見える、小物をご紹介しましょう。

アクセサリーでプラスワン

ウエディングドレス姿の女性の上半身をアップにした写真

結婚式のドレスを選んだあと、アクセサリーは自前ということがあります。
また、アクセサリー料金は別ということもあります。
そこで、結婚式のドレスにふさわしい、アクセサリーを選んでみましょう。

和装の場合は?

和服なら、花嫁は白無垢に打掛、大振袖とそれだけで充分に華やかになります。
ゲストは、付け下げや色留袖、振袖と華やかな装いを選ぶことができます。
同じ着物でも、締める帯や帯締め、帯揚げ、帯の締めで全く違う装いをすることも可能です。

ドレスの場合は?

それでは、ドレスならどんなアレンジが楽しめるでしょう。同じドレスを他の人とは違う装いに変えるには、何で差をつけたらよいでしょう。
和服の帯揚げや帯締め、帯飾りは、ドレスの場合のアクセサリーになります。
女性が身につけるアクセサリーには、ネックレスやイヤリング、ピアス、ブレスレット、指輪などがあります。
結婚式は華やかな席だからとはりきって、あまり派手なものを付けていくのはマナー違反になってしまう場合もあります。
もちろん、花嫁なら、白を基調としたアクセサリーをつけるのが一番ふさわしくなります。中でも、教会で挙式を上げる時は、アクセサリーの種類にも決められたルールがあります。
そこで、1つあると便利な小物が、ネックレスです。
できる限りシンプルで上品なものを用意しましょう。

パール

中でも1つ持っていると便利なアクセサリーがパールです。
パールと言っても、一連のものは「不幸」の時にも利用できてしまうので、できれば、二連やラインストーンが入ったもの、スパイラルになっているものを選びましょう。
衿が大き目に空いたドレスなら、二連のチョーカー型も素敵です。特に、花嫁のウエディングドレスは、胸元が開いたものをよく見かけます。
そこで、花嫁のウエディングドレスには、首元を二連のチョーカー型のパールネックレスで、美しく飾りましょう。
さらに、ネックレスに合わせたデザインのイヤリングやピアスがあれば、シンプルな白のドレスも華やかになりますよ。
パールと言っても本真珠ではなく、ガラスパールで充分ですので、色々な種類のものを揃えてみるのも良いですね。複数あれば、気分によって変えることもできます。

指輪

指輪は、婚約指輪や結婚指輪だけにしましょう。

同じ種類で統一

花嫁はもちろん、ゲストの女性も、ゴテゴテと色々つけると、華やかを通り越して品がなく見えてしまいます。
できるだけアクセサリーは、同じ種類で統一するようにしましょう。

ボレロでプラスワン!素敵にアレンジ

お互いに向き合って一つの花束を持ち結婚を誓う新郎新婦

ドレスをそのまま着るのも素敵ですが、上に1枚ボレロを羽織ると、違った服に見えます。
結婚式は花嫁も、呼ばれたゲストも品よくまとめることが大切です。
そこで、ノースリーブやタンクトップは、あまり好まれません。

花嫁のボレロ

挙式の形式によっては袖付きになる場合もありますが、ノースリーブやビスチェタイプでも大丈夫な挙式も多くなっています。
しかし、ベールを外した後あまり肩を露出したくない、ということもあります。
また、寒い時はもちろんですが、夏でも冷房などで肩を出すと寒くなります。そのため、ドレスの上にボレロを羽織りましょう。
花嫁は、ドレスと同じ布でボレロを仕立ててもらうのが一番です。レンタルの場合は、お店に同じ素材のものがないかを聞いてみましょう。
また、ビスチェタイプのドレスの上に、トップスのように羽織ることができるレースのボレロもあります。羽織った姿は、シンプルなビスチェタイプのドレスが、レースのドレスに早変わりします。
挙式と披露宴で雰囲気を変えたい、レンタルのドレスが物足りない、と言った時に利用してください。

ゲストのボレロ

ゲストなら夏はレースやオーガンジーのボレロを、羽織ることもできます。黒や紺、ワインのノースリーブやビスチェタイプなど、肩だしのドレスの上に、羽織ります。
品よく見えるようになりますし、寒さを防ぐこともできます。
黒なら白やピンク、水色を、紺なら白を羽織ってみましょう。
冬はしっかりと袖付きのものが良いでしょう。中には付け袖ではなく、ドルマンスリーブのボレロもあります。
肘丈まで隠れるため、袖付きのドレスの上に羽織ることもできます。

毛皮・ファー・アニマル柄はマナー違反

冬なら毛皮やファーのボレロでも良いのでは、と思う人もいるようです。
しかし、毛皮やファーは「殺傷」をイメージします。アニマル柄も利用はできません。結婚式のようなおめでたい時に利用することは避けましょう。
結婚式で、アニマル柄や毛皮、ファーを利用するのは、マナー違反になります。気を付けて下さい。

素敵なショールでプラスワン!

ボレロと同じような利用の仕方ができるのがショールです。

花嫁におすすめショール

花嫁の場合は、ドレスに合わせて白のレースやオーガンジーのショールを揃えておきましょう。ほんの少し肩の上に乗せるだけで、シンプルなドレスがとてもおしゃれに見えてきます。

ゲストにおすすめのショール

ゲストの場合は、ドレスの色に合わせて、白・クリーム色・ベージュ・ピンク・シャンパンゴールド・ラベンダーなどを複数用意しておくと色々なアレンジを楽しむことができます。
素材もオーガンジーやレース、ラメ入りなどがあります。
長さも短めのものから、大判までありますので、色の他に素材や大きさを変えて利用すると、同じドレスも違うものに見えてきます。
少し寒い季節は、シルクのショールも素敵です。
ショールの良いところは、ボレロと異なり、羽織り方によって違うものに変えることができることです。前で結んだり、首に巻き付けたり、ただ羽織ったりといろいろなバリエーションを楽しむことができます。
ショールを用意したら、色々な締め方でドレスや自分に一番あった利用の仕方をしてみましょう。

ファーのショールはタブー

通販サイトではファーのショールが紹介されていますが、こちらもボレロと同様に、ファーは避けた方が良いでしょう。

胸元のコサージュでプラスワン

白いフリージアのコサージュ

皆さんはコサージュを持っていますか?コサージュそのものを知らない人も増えています。
コサージュは、入学式や卒業式の時、お母さんたちが胸元に飾っているリボンや造花の花のブローチです。
コサージュは、リボンやオーガンジーで作られているものがほとんどですが、中には生花やプリザーブドフラワーを利用したものもあります。

花嫁におすすめは生花でヘッドドレス

生花は、花婿や教会式の場合には付添人が付けます。
花嫁は生花をそのままコサージュとしてつけても良いですが、できれば胸元ではなく花婿のものに合わせて、ヘッドドレスとして利用しましょう。
プリザーブドフラワーの教室に通って、自分の花嫁衣装と彼のために手作りしてみるのも素敵です。

ゲストにおすすめはオーガンジーのコサージュ

ゲストは、生花ではなくオーガンジーのコサージュが、一番無難になります。
他の人とは一味違うものを付けたい時は、テグスをつかって小花が流れるようになったデザインや、パールやリボンを使ったデザインのものを選んでみましょう。
コサージュにも、白やピンク、ゴールドなどたくさんの色があります。ドレスの色や、選ぶ人の雰囲気に合わせてみると素敵です。

コサージュの使い方

コサージュには、コサージュピンとクリップの2タイプがあります。
寒い季節のため、ドレスの上にブレザーやジャケット、ボレロを羽織る時は、その上にピンでとめるようにしましょう。
また、小物づくりが好きな人は、自分で作ってみるのも良いかもしれません。

ゲストの装いにはベルトの利用でプラスワン

こちらは、ゲストの人へのご紹介になります。
ドレスのウエストに、共布を使ったベルトがついていても、時々変えてみましょう。
結婚式では、革のベルトはできるだけ避けてほしいため、サッシュベルトやパールを使ったベルトなどがおすすめです。
ふわっとしたウエストにくびれがないドレスでも、ベルトをすることで、まったく違うラインを楽しむことができます。
太いサッシュベルトをしてみたり、細い金属のチェーンベルトを利用したり、三連のパールベルトなども素敵です。
ドレスの雰囲気に合わせて、ベルト使いでイメージを変えてみましょう。

花嫁にプラスワンアイテムはコレ!ウエディンググローブ

ウェディンググローブをつけた花嫁の手を取る新郎の頼もしい手

最後に、花嫁ならではの小物が「ウエディンググローブ」です。
ノースリーブやビスチェタイプのドレスの場合でも、袖付きの場合でもグローブをつけることができます。
グローブといっても、指先までしっかりと布地で作られているものもあれば、全体にレース使いのもの、手の甲までで指先はビーズで留めるようになっているものと様々です。
そこで、おすすめしたいのが手の甲までレース使いで、レースパーツの一部を指先に通すウエディンググローブです。
シンプルなドレスに、レース使いの袖がついているようで、とても素敵です。
レンタルドレスを選ぶとき、思ったより地味になってしまった、シンプル過ぎるのではと思ったら、ウエディンググローブで華やかさをプラスしてみましょう。

まとめ

結婚式は花嫁にとって一生に一度の大切な日です。
自分が祝ってもらう時も、誰かをお祝いする時も、大切なことはそれを心から喜ぶことです。
ドレスは、それを形にしたものになります。
周囲からあまり好ましくないと思われるより、素敵だと思われるような、上品で可愛らしいドレス姿に仕上げてみましょう。

関連記事

人気の記事

  1. 命令口調は逆効果!これで旦那が家事をした!家事をしない旦那の動かし方教えます

    命令口調は逆効果!これで旦那が家事をした!家事をしない旦那の動かし方教えます

    家事に育児にそして仕事にと、忙しい女性にとって夫が何もしない、というのはものすごいストレスです。 …
  2. 結婚生活マンネリお助け隊!マンネリ夫婦がアツアツ夫婦に変わる鍵は?

    結婚生活マンネリお助け隊!マンネリ夫婦がアツアツ夫婦に変わる鍵は?

    結婚生活が長くなると、嫌な言葉ですが、マンネリ化してくることも多いですね。一緒にいるのが当たり前な状…
  3. 男性が好きな女性にとりがちな行動

    なんとなく気になる彼がいるときは「気になる彼がいるけれど、私のことをどう思っているのかな‥」と彼の行…
ページ上部へ戻る