通信教育・通信講座SARAスクールジャパン

講座で学ぶ知識

手紙の基本的な構成

手紙の基本的な構成には、時候の挨拶をする「前文」と要件を書いた「主文」結びの挨拶である「末文」、「後付け」と続きます。書き忘れた内容は「副文」として付け加えます。英文の手紙ではPSにあたります。

・前文
前文は頭語からはじまります。頭語というのは一般的には「拝啓」や「前略」があります。また「頭語」は結びのことば「結語」とセットになっているので、必ずセットで使うようにします。例えば拝啓で
始まった手紙は敬具で結びます。

・頭語と結語
拝啓:敬具、拝呈:拝具、謹啓:敬白、前略:早々、寸啓:不一など
「頭語」の次に来るのが「時候の挨拶」です。「時候の挨拶」には、「すがすがしい季節になりましたがいかがおすごしでしょうか」「すごしやすい気候となりました。みなさまおかわりございませんでし
ょうか」といったように「時候の挨拶」と「安否の挨拶」を組み合わせて使用します。相手に対して「時候の挨拶」と「安否の挨拶」が終わったら、自分の「近況報告」を行います。「わたくしどもも、お蔭さまで平穏に過ごしております」といった流れになります。

・主文
主文は「起語」からはじまります。起語とは「さて」や「ところで」などを指します。挨拶はこの辺にして、本題に入りますという意味です。他にも「このたびは」や「突然ですが」「つきましては」「と
きに」などがあります。「起語」から本題に入り、要件を簡潔に述べます。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ