通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

お肉について

江戸時代からの肉食文化

江戸時代、都会では食生活も豊かになり、猪を「ぼたん」、鹿を「もみじ」、馬を「さくら」との呼び名を用いて肉を食していました。江戸時代末期の黒船来航により、外国人向けの牛肉の調達が始まり、近畿や中国地方の牛が一旦神戸に集められ、集められた牛肉は、外国人の間でも話題になるほど美味しく、コーベビーフと呼ばれていました。次第に江戸にも、牛肉が食べられるお店や西洋料理店ができ、明治初期には、「牛肉は滋養によい」という福沢諭吉の影響もあり、牛鍋が食べられるお店が現れ始めました。日露戦争の際、牛肉の缶詰が兵士に配給され、兵役を終えた後も、その味を懐かしがったことにより牛肉普及は都会だけではなく、全国レベルに広まりました。
明治後半になると、牛肉は高価なものになりつつあり、それをカバーする形で豚肉が庶民の間に普及していきました。牛鍋は、関東大震災をきっかけに、卵をつけて食べるすき焼きへと変わり、さらには牛丼として名前を変えていきました。洋食屋が普及することにより、一般家庭にも洋食が浸透していき、大正末期には、庶民の食卓にもカレーライスやコロッケ、トンカツな
どが並ぶようになりました。昭和12年から昭和20年の日華事変の終戦までの間は、肉食の習慣が中断され、昭和30年頃から再び、肉食が一般化していきます。

近現代の肉食文化

昭和30年頃の経済成長期、食生活の欧米化により、日本人の食肉の消費量は加速しました。昭和40年代後半には、食肉の需要の増加により、牛肉の輸入が開始され、安価の牛肉が輸入されることで日本の畜産の危機に陥りますが、昭和50年代からはグルメ時代となり、国産の高級ブランド牛肉が人気を博しました。今日の日本では、肉の量をたくさん食べることより、質の良いものを好んで食べる傾向にあります。それは、旧石器時代からの肉に依存しない食生活が私たちの根底にはあります。

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ