に関するコラム

資格取得の通信教育講座

子供のストレスサインって?解消方法や親ができることを解説

 

子供のストレスサインって?解消方法や親ができることを解説

 

子供はストレスを抱えると、さまざまなかたちで心身にそのサインがあらわれます。しかし、そのことを知らないでいると、親が子供のストレスを見逃してしまい、より大きな問題につながってしまう可能性もあるので要注意です。

子供のストレスサインはどのように見つければよいのでしょうか。また、子供のストレスがあった場合、どういった対処法をすればいいのかも知っておきたいところです。今回は、子供のストレスの解消方法や親ができることについて解説します。

子供のストレスとは?

子供のストレスとは、具体的にどのようなものなのでしょうか。子供のストレスとしっかり向き合うためには、子供のストレスとはどのようなものかしっかりと理解しておくことが重要だといえるでしょう。子供のストレスの基本的なところについて紹介します。

幼少期の子供もストレスを感じやすい

「ストレスは大人が感じるもので、子どもはストレスなんて感じない」と思っている人も多いかもしれません。しかし、特に幼少期の子供はストレスを感じやすいといわれています。子供のうちは日常的な出来事さえ初めての経験ばかりです。そのため、ちょっとしたことで不安や恐怖を感じることも少なくありません。そのため、そういった感情が積み重なるとストレスとなってしまうことも多いのです。子供がストレスをもつのは当然のことなので、大人がしっかりとそれを理解してあげることが大切だといえるでしょう。

ストレスは心身の変化となってあらわれる

子供のストレスは心身の変化としてあらわれることが多いです。子供がいつもと違ったことをしたり、何かおかしいと感じられたりした場合、子供のストレスのサインである可能性もあります。そのため、子供の様子に異変を感じたら、何かストレスになっていることがないか確認してあげるとよいでしょう。

ストレスの原因

子供のストレスの原因は、さまざまなところにあります。たとえば、子供にとっては親が大きなストレスとなってしまうことも多いので要注意です。厳しくし過ぎたり子供を強制しすぎたりすると、子供はそれをつらいと感じることが増えてしまいます。また、幼稚園や保育園などに行き始めると、さまざまな人間関係をもつことによってストレスを抱えるケースもあります。子供のストレスの原因を探るには固定観念は捨てて、子供の身になって考えてあげることが重要です。

幼児がみせるストレスサイン

では、子供がみせるストレスのサインとは具体的にどのようなものがあるのでしょうか。ここでは、子供がみせるストレスのサインについて、具体例を紹介します。

体のサイン

子供がみせるストレスのサインとしては、体にあらわれるものも多いです。たとえば、腹痛を訴えるケースも多いです。どこか行きたくない場所に出かけるときになると、急にお腹が痛くなる子供は少なくありません。また、かゆみを感じることもあります。さらに、ストレスを感じると食欲不振になってしまい、食事がのどを通らなくなる場合もあります。無理に食事を食べさせようとするのではなく、子供の気持ちを理解してストレスを軽減することを第一に考えたほうがよいでしょう。

心のサイン

子供がストレスを感じると、感情としてそのサインがあらわれることもあります。たとえば、笑わなくなったりボーッとしたりするようになり、感情がおもてに出なくなるケースがあります。また、反対によく泣くようになる場合もあります。心のサインについては、普段の子供の様子と比べて大きな変化があったときは気を付けたほうがよいでしょう。

行動のサイン

子供のストレスのサインは、行動としてあらわれることも多いです。たとえば、口数が少なくなることもあります。また、ひどく甘えるようになり、親から離れなくなる場合も少なくないようです。さらには、反抗的になったり暴力的になったりするなど、行動が激しくなるケースもあります。ほかにも、以前に比べておねしょをよくするようになるといった変化も見られます。行動のサインは比較的わかりやすいですが、気を付けていないとストレスが原因であると気付けないこともあります。そのため、他のサインと同じように、しっかりと子供の様子を把握してとらえてあげることが必要です。

子供のストレス解消法

子供にストレスがある場合、それをどのように解消させればいいのでしょうか。ここでは、子供のストレスの基本的な解消法について説明します。

好きなことをさせてあげる

子供がストレスを抱えている場合は、基本的に好きなことをさせてあげるのがいちばんです。自分がやりたくないと思っていることを忘れ、自分らしくいられる時間を作ってあげましょう。

体を動かすことに集中させる

ストレスを軽減するには、体を動かすのも効果的です。そのため、屋外で遊ぶ時間を積極的に設けてあげるのも効果的だといえるでしょう。子供らしくのびのびと過ごせるようにさせてあげることが大切です。

親の対応方法

子供がストレスを抱えている場合、親はどのような対応をしたらいいのでしょうか。ストレスを抱えている子供は自分で問題を解決できずに悩んでいるケースも多いです。そのため、親がしっかりと子供のストレスを解決するためのサポートをしてあげることが重要だといえるでしょう。親ができる子供のストレスの対応方法について説明します。

ストレスの原因を見つける

まずは、子供のストレスの原因を見つけてあげることが大切です。たとえば、家族の中に問題があるような場合は、それを改善する方法をしっかり考えましょう。たとえば、夫婦喧嘩が多くてそれが子供にとって悪影響となっているケースもあります。また、親が弟や妹へ構い過ぎているために嫉妬が起き、ストレスとしてあらわれていることもあるようです。

スキンシップを増やす

子供のストレスをやわらげるには、親としっかりスキンシップをとることも大切です。子供と触れ合う機会をしっかりと設けて、子供とのコミュニケーションを重視しましょう。それだけでも子供の心はだいぶ落ち着いてくるはずです。

会話を増やす

子供のストレスを軽減するには、会話を増やすことも大切です。ただし、ストレスについて無理に理由を聞き出すことがないように気を付ける必要があります。子供のストレスが悪化しないよう、様子を見ながら接するようにしてください。

子供にストレスがあるなら解消法を実践して

子供にストレスがあるなら解消法を実践して

 

子供がストレスを抱えている場合、親が気付いてしっかりと対応することが大切です。子供は自分で問題を解決できないためにストレスを抱えているので、最低限の親のサポートは子供のために大きな意味をもちます。もちろん、適度なストレスは成長に必要なものともいえます。とはいえ、あまりにも大きなストレスを抱えてしまうと、ほかの問題につながってしまうケースもあるので要注意です。子供がストレスを抱えてしまったら、少しずつ様子を見て親ができることをしてあげるようにしましょう。その場合も子供のことを尊重し、できるだけ自分で解決したと思えるような状況にしてあげることも大切です。子供のストレスと親も上手に付き合うことで、健やかな成長を目指すことができます。子供のストレスに気が付いたら、しっかりとした対応方法を実践しましょう。

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座