メンタルヘルスのセルフケアの方法を知ろう!

 

メンタルヘルスのセルフケアの方法を知ろう!

 

たくさんの人とかかわる中では、ストレスを感じる場面も少なくありません。そのような中でもメンタルヘルスを良好に保つためには、セルフケアがとても重要です。セルフケアはストレスを感じたときだけでなく、定期的に取り入れることがポイントとなります。そうすれば、ストレスによって気がめいってしまう事態を防ぐことも可能です。

メンタルヘルスについてセルフケアするには、具体的にどういったことをすればよいのでしょうか。今回は、メンタルヘルスを良好に保つ方法について見てみましょう。

メンタルヘルスとは?

そもそもメンタルヘルスとは、どのような意味をもつものなのでしょうか。まずは、メンタルヘルスそのものの概要について見てみましょう。

「心の健康」のこと

メンタルヘルスを一言であらわすと、「心の健康」という意味になります。メンタルヘルスケアではストレスや悩みを緩和することを目的としています。そのため、精神疾患ではなくとも、ちょっとした心の疲れに対しても実施することが可能です。

すべての人が健やかに生活できるように精神面をケアする

メンタルヘルスケアは全ての人が健やかに生活するために役立ちます。精神面をケアすることにより、より健康的な毎日を送ることができるようになるはずです。

早い段階のセルフケアが大切

メンタルヘルスケアはこまめにおこなうことが必要です。心に何らかのトラブルを感じたら、早い段階でセルフケアすることにより大事に至るのを防ぐことができます。心の問題は悪化してから改善しようとすると、解決までの道のりが困難になるケースもあります。そのため、セルフケアは非常に重要な役割を果たします。

ストレスを感じるとあらわれる反応

では、メンタルヘルスケアはどのような場面でおこなえばよいのでしょうか。メンタルヘルスケアはストレスを感じたときに必要ですが、具体的には以下のような反応が見られた場合です。このような状態になったら、決して無理はせず、メンタルヘルスケアをおこなうようにしましょう。

だるい

人は心にストレスを抱えると、だるさを感じます。何事にもやる気が起きず、ダラダラしたいという気持ちが強くなるでしょう。家や自分の部屋から出たくないという気持ちがあらわれることもあります。

不安

ストレスがあるときは、強い不安を感じます。そのストレスにどのように対抗したらいいか悩んでいるからです。また、不安な気持ちがより強くなっていくと、憂鬱な気持ちになる場合もあります。いずれも、早めの対処が必要な状態です。

落ち着きがない

ストレスが強くなると、落ち着きがなくなります。ストレスの原因について考えると、そわそわして物事が手につかなくなってしまいます。

メンタルヘルスのセルフケア

メンタルヘルスのセルフケアの方法は、以下のとおりたくさんあります。いろいろと試しながら、自分の好みに合った方法を選ぶようにするとよいでしょう。

リラックス

心にストレスがあるときは、まずはしっかりとリラックスすることが大切です。気持ちを落ち着かせることができれば、それだけでもだいぶ心は安らかになります。リラックスの方法としては、たとえば以下の方法があります。

 *休息や休養

ストレスを感じているときは、休息や休養が大切です。自宅でくつろいでのんびりするようにしましょう。映画や本を見たりしてぼーっと過ごすと、だいぶ気分転換になるはずです。なお、休日であれば、ゆっくりできる温泉などに出かけるのも効果的でしょう。

 *睡眠をとる

ストレスに対抗するためには、睡眠をしっかりとることも重要です。睡眠時間が少ないと、それだけでもネガティブな気持ちがつよくなり、ストレスに対抗する力が弱くなってしまいます。ストレスを感じたら、いつもよりもしっかりと睡眠をとるように心がけましょう。

 *香りや温かい飲み物でゆったり過ごす

心をリラックスさせるには、アロマオイルなどの香りを利用するのもおすすめです。アロマテラピーという方法もあるように、香りには人をリラックスさせる高い効果があります。また、温かい飲み物を飲むというのも効果的です。温かい飲み物を飲むだけで気持ちがホッとした経験をもつ人も多いでしょう。血行もよくなるため、気分をリフレッシュさせる効果も期待できます。

体を動かす

ストレスを感じたときは、体を動かすことも大切です。運動すれば体中に酸素が行きわたりますし、たくさん汗をかいてすっきりとした気分になれます。そうなれば、ストレスに対する考え方も変化する可能性があります。

 *ストレッチ

体を動かす方法として手っ取り早いのは、ストレッチをすることです。ストレッチなら自宅や会社での空き時間でも簡単におこなえます。少し体を伸ばすだけでも、リフレッシュした気分になれるでしょう。

 *トレーニングやウォーキング

よりしっかりと体を動かすためには、トレーニングやウォーキングもおすすめです。体を動かす習慣をもてば、ストレスに対抗する力も養うことができます。

人との交流

ストレスを感じたときは、自分が信頼する相手とたくさん交流するのも効果的です。心地よい関係性の中でのコミュニケーションは、疲れた心を回復させるのに役立ちます。

 *友人とお喋りをする

ストレスがたまっているときは、気心知れた友人とお喋りするだけでも心がすっきりとする場合が多いです。自分を支えてくれる人がいるという事実を肌で感じると、人に頼ってもいいということに気づくことができます。それだけでも、ずいぶんと心が楽になるでしょう。

 *たくさん笑う

ストレスを感じているなら、たくさん笑うことでそれを撃退することができます。楽しい気持ちを思い出すだけでも、ストレスの原因がどうでもいいことのように思えてきます。たくさん笑うことで本来の自分の姿を思い出しましょう。

セルフケアのルーティーン化

メンタルヘルスを良好に保つためには、セルフケアをルーティーン化するのが大切です。セルフケアをルーティーン化する方法について見てみましょう。

定期的にリフレッシュするのがポイント

平気だと思っていても、ストレスは気付かないうちにたまっていきます。そのため、ストレスを感じていなくても、定期的にリフレッシュする習慣をもつことが大切です。運動が好きならトレーニングを定期的におこなったり、友人と会う機会を設けたりなど、工夫するようにしましょう。趣味などの習い事を始めるのもおすすめです。

ちょっとした日記や食事記録をつける

ストレスの状況を知るためには、日記や食事記録をつけるのも効果的です。ストレスを感じたときに日記を読み返せば、原因を突き止めるのにも役立ちます。また、食事の記録を付けておくと、食事量の増減などがわかるため、知らぬ間にストレスがたまっていることにも気が付くことができます。

メンタルヘルスのセルフケアをして健康的に過ごそう

メンタルヘルスのセルフケアをして健康的に過ごそう

 

心の健康を良好に保つためには、メンタルヘルスのセルフケアがとても重要です。知らぬ間にストレスがたまっているケースも多いため、日ごろからメンタルヘルスには気を付けなければなりません。そのためには、普段から心を休ませる習慣をもつことが重要です。そういった習慣をもつことができれば、ストレスを感じてもそれに対抗することができます。メンタルヘルスのセルフケアを定期的におこない、健康的に過ごせるようにしましょう。

メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

 

 

メンタル・心理カウンセラーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

TOPへ