心理カウンセラーになるには?方法と必要な資格

 

心理カウンセラーになるには?方法と必要な資格

 

心理カウンセラーは、多くの人の心に寄り添って問題を解決するやりがいの大きな仕事です。そのような心理カウンセラーの仕事に就くためには、どのような方法を取ればよいのでしょうか。心理カウンセラーには専門知識が必要であるため、きちんと勉強することが必要不可欠です。実際に働き始めてからも、さまざまなことを学んでいく必要があります。

今回は、心理カウンセラーになるにはどうしたらよいのかについて解説します。具体的な方法とともに、必要な資格についても紹介をおこないます。

心理カウンセラーになるには?

心理カウンセラーになるには、どのような方法があるのでしょうか。まずは、心理カウンセラーになるための道筋について見てみましょう。

専門性を高めることが大切

心理カウンセラーになるためには、専門性を高めることが大切です。心理カウンセラーはメンタルのプロですから、さまざまな知識を持ち合わせている必要があります。勉強を重ねることで、メンタルに対する理解を深めていくことが必要不可欠となります。

大学や大学院で学ぶ

心理学についての専門性を高めるためには、大学や大学院で学ぶのが一般的です。心理カウンセラーの資格の中には大学院で学ぶことを必須条件としているものもあります。心理学は人に直接的な影響を与えるものですから、それなりにしっかりとした正しい知識を身につけておく必要があるのです。

一般企業や学校などに就職

心理学を学んでカウンセラーになるには、一般企業や学校などに勤めるパターンが多いです。それぞれの現場で実際に悩みを抱える人に対して適切なアドバイスをおこないます。

資格をとって医療機関に就職

より専門的な資格を取得している場合は、医療機関に就職することも可能です。医療機関で心理カウンセラーとして働けば、さまざまな悩みをもった人に対して寄り添うことができます。

心理カウンセラーに必要な資格は?

心理カウンセラーになるには、どのような資格が必要なのでしょうか。そもそも資格は必須なのかについても気になるところです。ここでは、心理カウンセラーになるために必要な資格について確認しましょう。

心理カウンセラーは絶対に必要な資格はない

心理カウンセラーになるためには、絶対に取得しなければならない資格というものはありません。場合によっては資格がなくてもカウンセラーとして活動できます。この点については、どのようなカウンセラーになりたいのかによっても異なってくるでしょう。自分自身が目指したいカウンセラー像や分野を明確にし、資格を取得するべきか判断するようにしてください。

多くの民間資格や任意資格がある

心理カウンセラーになるためには資格が必須ではありませんが、多くの場合は民間資格や任意資格があったほうが有利になります。実務においては専門知識が必要不可欠になるため、資格を取得したうえで就職する人がほとんどです。

医療施設では臨床心理士の資格を条件にしているところもある

医療施設では、心理カウンセラーの採用について臨床心理士の資格をもっていることを条件としている場合も多いです。そのため、医療機関で心理カウンセラーとして働きたい場合は、臨床心理士の資格取得を目指したほうがよいでしょう。

心理カウンセラーに関連する資格

心理カウンセラーに関する資格は、さまざまな種類があります。そのため、自分がどのようなカウンセラーになりたいのかをしっかりと考慮したうえで取得する資格を選ぶ必要があります。ここでは、心理カウンセラーの資格について、代表的なものを紹介します。

臨床心理士

臨床心理士の資格は、心理カウンセラーの資格の中でももっとも専門性が高いです。公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会による認定資格であり、取得すれば心理にかかわる専門的な知識をもちあわせていることを証明することができます。臨床心理士の資格試験を受けるためには、協会がしている大学院を修了しているなどの条件を満たしている必要があります。

メンタルケアカウンセラー

メンタルケアカウンセラーは、メンタルケア学術学会・一般財団法人生涯学習開発財団・一般財団法人ヘルスケア産業推進財団が認定をおこなっている民間の資格です。メンタルケアカウンセラーは心理学の入門的な内容を扱っています。そのため、初めて心理学を学ぶ人でもメンタルヘルスに関する基本的な知識を身につけることが可能です。受験は自宅でも可能なので、手始めに受けてみたい資格の一つです。

メンタル心理カウンセラー

メンタル心理カウンセラーは、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定している資格です。教育や医療などさまざまな場面でカウンセリングをおこなうことができる技術を証明できる資格となっています。メンタル心理カウンセラーについても、自宅で受験することが可能です。

その他に必要な要素

心理カウンセラーになるためには、資格の他にどのような要素が必要になるのでしょうか。ここでは、心理カウンセラーに必要な代表的なスキルや能力について見ておきましょう。

カウンセリングスキル

心理カウンセラーは必ずカウンセリングを通して、相談者の様子を把握します。カウンセリングにはさまざまな手法があるため、心理カウンセラーはそれぞれの手法をしっかりと活用できるようでなければなりません。状況や相談者に合ったカウンセリング方法を実施することで、正しくその人の様子を理解することができます。カウンセリングスキルは実践を積むことで磨いていく必要があります。そういった意味では、学校で学んだあとも勉強し続ける勤勉さが必要だといえるでしょう。

コミュニケーション能力

心理カウンセラーには、高いコミュニケーション能力が必要です。カウンセリングにおいては、相手と対話することでその人の抱えている問題を把握します。そのためには、コミュニケーションの取り方がとても重要です。いくら専門知識に長けていても、相手から悩みを引き出す力がなければ、問題を正しく解決することは難しいといえるでしょう。相手に合わせたコミュニケーションを臨機応変に取れるようにしておかなければなりません。

論理的思考

心理カウンセラーは、論理的思考ができなければなりません。相手の問題に対して感情的に反応するのではなく、きちんとした論理に基づいた対応をするのが心理カウンセラーの仕事です。論理的に物事を判断することでこそ、その人が抱える問題を正しい方向へ導くことが可能になります。

心理カウンセラーなるには専門知識が必要!

心理カウンセラーなるには専門知識が必要!

 

心理カウンセラーになりたいなら、まずはしっかりと勉強して心理学に関する専門的な知識を身につけるようにしましょう。正しい知識は確実に相談者の悩みを解決するためにとても重要なものです。場合によっては資格が必要な場合もあるため、自分がどのような心理カウンセラーになりたいのかよく考えてみたほうがよいでしょう。社会人になってから、臨床心理士の資格を取るために大学院へ進学する人も少なくはありません。本当に目指したいという気持ちがあるなら、いつからでも心理カウンセラーへの道を歩むことはできます。心理カウンセラーになるなら、単に専門知識があるだけでなく、相手の気持ちにしっかりと配慮することができる心理カウンセラーを目指しましょう。

メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

 

 

メンタル・心理カウンセラーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ