イライラしないために!感情をコントロールする方法とは?

 

イライラしないために!感情をコントロールする方法とは?

 

普段、感情的になりやすいという人は意外と多いものです。しかし、感情をうまくコントロールすることができれば、日常生活をより円滑に過ごすことができるようになるかもしれません。感情をコントロールするためには、いくつかおさえておくべきポイントがあります。

そこで今回は、感情をコントロールするための方法について紹介します。普段、すぐにイライラしてしまうという人は、この機会に感情をコントロールする方法をマスターしましょう。

感情をコントロールするメリット

感情をコントロールできるようになると、どのようなメリットが得られるのでしょうか。まずは、感情をコントロールすることで得られるメリットについて確認しておきましょう。

円滑にコミュニケーションがとれる

感情をコントロールすることができれば、円滑にコミュニケーションをとれるようになります。相手のちょっとした言動に惑わされることがなくなるため、どんな会話をしていてもスムーズに話を進めることができます。仮に相手の言った言葉にイライラしてしまうと、円滑なコミュニケーションをとるのは難しくなるでしょう。感情をコントロールして冷静になることで、人との会話でしっかりとやり取りできるようになります。

良好な人間関係を築ける

感情をコントロールすることができれば、良好な人間関係を築くことができます。苦手だと感じる相手であっても、その気持ちをコントロールすることで親しく会話することが可能です。ビジネスの場などでは苦手な相手とやり取りしなければならない場面も少なくはありません。そういったときでも、感情をコントロールする術を身につけていれば、戸惑うことなく人間関係をよい方向へ導くことができるでしょう。

周囲だけでなく自分自身が落ち着いて過ごすことができる

感情をコントロールすることによる効果は、周りに影響を与えるだけではありません。感情をコントロールするということは、自分自身の心を冷静に保つことでもあります。そのため、自分自身が落ち着いて過ごせるというメリットが生じます。いちいち感情に振り回されることがなくなるので、冷静に身のまわりの物事に取り組むことができるでしょう。

感情をコントロールできない人の特徴

感情をコントロールできない人には、いくつかの特徴が見られます。感情をコントロールするためにはおさえておきたいポイントなので、ここで一度確認してみましょう。

主に怒りのコントロールが出来ない

感情をコントロールできない人というのは、主に怒りをコントロールができません。すぐにイライラしてしまい、怒りを抑えられなくなってしまいます。気持ちを抑えようとしてもすぐに気持ちが高ぶってしまい、物に当たったり口調が荒っぽくなったりします。

ホルモンバランスが乱れている

感情をコントロールできない人は、ホルモンバランスが乱れている可能性があります。ホルモンバランスは心にも大きな影響を与えます。そのため、ホルモンのバランスが崩れているとイライラしたり落ち込んだりしてしまいます。この場合は、単純に自分の意思で感情をコントロールしようと思ってもなかなかその通りにはできません。そのことがさらに感情の起伏に影響を与えてしまうこともあります。

ストレスや悩みを抱えている

感情をコントロールできない人は、ストレスや悩みを抱えていることも多いです。ストレスや悩みについて考えることで、その状況から離れているときでもイライラしたり落ち込んだりしてしまいます。

感情のコントロールができる人の特徴

では、感情をコントロールできる人には、どのような特徴があるのでしょうか。感情をコントロールできる人は、さまざまなポイントを自然に理解できている人です。感情をコントロールできる人の特徴についても見てみましょう。

自分の感情を理解している

感情をコントロールできる人は、自分の感情を的確に理解しています。そのため、自分がいつどのような気持ちなのか性格につかんでいるのです。よって、少しでも気持ちに変化があればすぐに気づくことができ、対処できます。

適度に手を抜くことができる

感情をコントロールできる人は、適度に手を抜くことができる人です。不必要な場面では肩の力を抜いてリラックスしているので、余計なストレスをため込むことがありません。そのため、心に余裕ができていざというときに感情をコントロールすることができています。

自分を客観視できる

感情をコントロールできる人は、自分自身を客観的に見るのが得意です。どんな状況でも自分を第三者の立場から見て、判断を下します。そのため、感情に流されない冷静な判断ができます。感情と実際の思考を分けて考えているのです。

他人を思いやっている

感情をコントロールできる人は、他人を常に思いやっています。自分のことばかり考えていると感情の起伏も激しくなりますが、周りの人の立場も考慮できるようになると、自然と自分の感情の起伏はおさまります。たとえば、相手が遅刻してきたことに腹を立てそうになっても、相手の顔色が悪そうなのに気が付いてそれを心配することができれば、怒りは自然と和らぐはずです。

感情をコントロールする練習方法

どうしても感情をコントロールするのが苦手だという人は、どのような対策ができるのでしょうか。ここでは、感情をコントロールするための練習方法について紹介します。

イライラしても一旦待つ

感情をコントロールできるようになるためには、イライラする場面でも深呼吸して一旦気持ちを落ち着かせましょう。数を数えて気持ちを抑えるようにしてください。怒りの感情のピークは6秒間だといわれています。そのため、6秒以上数えて待つことができれば、怒りの感情は自然と少なくなっていきます。

怒る価値があるのか考える

どうしてもイライラしてしまう場合は、怒れば状況が改善するのかどうか考えましょう。もしも自分が怒ったところで何も変わらないのであれば、イライラするのはとても無意味なことに思えてくるはずです。怒るということは、それなりにエネルギーを使うのでとても疲れます。しかし、意味がないと考えると、余計なことにエネルギーを使うのはもったいなく思えるでしょう。

溜め込まずに日頃から好きなことで発散していく

イライラしないようにするためには、日ごろから好きなことをして感情を発散させることが大切です。普段から感情を外に発散していると、日常的な場面で怒りを感じてもそれはそこまで大きくはならないでしょう。

感情コントロールできない人も訓練すれば気持ちをおさえられる

感情コントロールできない人も訓練すれば気持ちをおさえられる

 

感情をコントロールすることができれば、人間関係やコミュニケーションなどをよりスムーズにさせることが可能です。すぐにイライラしてしまうという人でも、ポイントをおさえて意識すれば、感情をコントロールすることができるようになります。少しずつでも構わないので、感情をコントロールする訓練をおこなっていきましょう。また、ストレスがあったりホルモンバランスが乱れたりしている場合は、まずはゆっくりと休んで体調を整えることが大切です。心と体はつながっているため、それぞれの健康を両方とも意識することが重要だといえます。全身の健康にしっかりと配慮することで、感情をコントロールできるようになりましょう。

メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

 

 

メンタル・心理カウンセラーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!

TOPへ