メンタル・心理カウンセラーに関するコラム

メンタル・心理カウンセラー資格取得の通信教育講座

人間関係がメンタルにあたえる影響と対策

 

人間関係がメンタルにあたえる影響と対策

 

人間関係は多くの人の心にたくさんの影響を与えています。人間関係以外がよい環境だとしても、人間関係が悪ければ、気持ちには大きなダメージが与えられてしまいます。そういった状況を避けるためには、人間関係とメンタルの関係をしっかりと理解しておくことが大切です。

人間関係とメンタルには、どのような関係があるのでしょうか。また、人間関係によってメンタルがダメージを受けるのを避けるには、どういった対策が必要なのでしょうか。今回は、人間関係とメンタルの関係性についてじっくりと考えてみましょう。

人間関係がメンタルに与える影響とは?

人間関係はメンタルにどのような影響を与えるのでしょうか。ここでは、人間関係がメンタルについて与える影響について、具体的な状況をあげながら紹介します。

仕事が嫌になる要因のひとつが人間関係

仕事に対してストレスを感じる人は多いですが、その理由として多くの人があげるのが人間関係です。同じような労働環境であっても、人間関係の良し悪しによってストレスの具合は大きく変わってしまいます。たとえば、仕事では無理をしてでも人付き合いをしなければなりません。苦手な人であっても、仕事上のやり取りがあればかかわりをもつ必要があります。また、部下、同期、上司といったさまざまな関係性の相手がいるため、それぞれとのかかわり方の違いに疲れてしまう人も多いです。仕事は毎日出かけるものですから、人間関係のストレスは決して見てみぬふりができるものでもありません。

隣人・友人・SNSの付き合いなどもメンタルに影響する

人間関係がメンタルへ影響する場面は、仕事だけではありません。たとえば、家の隣人との関係に苦痛を感じている人もいるでしょう。また、友人との関係にもストレスが発生する場合があります。さらに、最近ではSNSを通じて一度もあったことのない相手との人間関係が生まれるケースもあります。いずれも、無理に相手に合わせることが原因となり、ストレスを感じてしまうことが多いです。とはいえ、相手に合わせなければ「ノリが悪い」と思われてしまう可能性があり、それを恐れるあまり関係性を改善できない人も多くいます。

人間関係でストレスを感じやすい人

人間関係においては、ストレスを感じにくい人もいればストレスを感じやすい人もいます。これらのタイプの人の違いはどのような部分にあるのでしょうか。ここでは、人間関係でストレスを感じやすい人の特徴について見てみましょう。

思いこみが激しい

思い込みが激しい人は、人間関係についてストレスを感じやすいです。たとえば、周囲の人と少し目が合っただけで「自分は何か変なことをしたかもしれない」と思ってしまう人もいます。しかし、実際には特別な意味がない場合がほとんどです。このようなタイプは勝手な思い込みをすることで、自信を無くしてしまって人とのかかわりにストレスを感じてしまうようです。

理想が高い

理想が高い人は、思い通りにならないことがあると強いストレスを感じます。理想と現実の大きなギャップにヤキモキしてしまうのです。ほかの人からすればまったく問題に感じないようなことについても、理想が高い人は頭を悩ませてしまう場面もあります。まずは現実を受け入れ、高すぎる理想を改めることが必要でしょう。無謀な理想を掲げないようにすれば、現実の出来事に対する失望もかなり減ります。

周りの目が気になりすぎる

周りの目を気にし過ぎる人もまた人間関係のストレスを感じやすいです。周りにどのように思われているのか気にし過ぎるあまり、「嫌われていたらどうしよう」といった思いが常に頭の中にあります。そのため、人とかかわるときは常にストレスを感じてしまうのです。自分自身に自信を持つことができれば、周りの目を気にする癖が自然となくなっていくはずです。

自分ではなく相手を変えようとする

自分ではなく、相手を変えようとする人も人間関係においてストレスを感じる場面が多くなります。そもそも、相手の言動をコントロールすることはできないため、相手を変えようとする人は常にイライラしてしまうでしょう。相手を変えたいと思うなら、自分自身の言動から変えなければなりません。そういったことを理解できていない人は相手のことを変えようと必死になり、その分、メンタルにストレスがたまります。

メンタルを強化する方法

物事に対する考え方は、生まれもった素質や小さいころに身に付いた感覚によるところも大きいです。では、大人になってからメンタルを強化するには、どのような方法があるのでしょうか。メンタルが弱いと感じている人であっても、日々の心掛けを変えることでメンタルを強化することが可能です。

客観的に自分を見る

メンタルを強くするためには、まずは自分自身のことを客観的に見るようにしましょう。第三者の目線に立ち、自分自身のことを評価します。すると、自分がそれまでもっていたイメージとは異なる部分が見えてくるはずです。たとえば、自分の姿を映像で撮影して見てみるとよいです。そうすると、自分が思っていた姿とは全く異なる様子が映っているでしょう。もしかすると、自分が思っていたよりも自分は魅力的だと気が付けるかもしれません。そうなれば、自分自身に自信を持つことができ、人間関係においても周りの目ではなく自分の意思を優先できるようになります。

規則正しい生活をする

生活習慣が乱れていると、メンタルにも悪い影響が及ぶことが多いです。寝不足や栄養不足の状態では、気持ちまでネガティブになってしまいます。そういった事態を避けるためには、十分な睡眠や栄養補給を心がけましょう。また、適度な運動も必要です。そして、ゆっくりする時間を大切にして自律神経を整える習慣をもってください。これらを心がけるだけでも、気持ちが落ち着いてメンタルを強化することができます。

人間関係はメンタルに大きな影響を与える

人間関係はメンタルに大きな影響を与える

 

人間関係とメンタルはとても大きなつながりをもっています。生活していくうえでは人間関係を断ち切ることはできません。世の中にはさまざまなタイプの人がいるため、どうしても合わないと感じる人に出会うことは必ずあります。しかも、仕事上の付き合いであれば、そういった人と関わらないようにすることは難しい場合もあるでしょう。そういった場面にもしっかりと対応するためには、人間関係とメンタルの関係性をよく理解しておくことが重要です。そのうえで、メンタルを強化するための対策をとっておきましょう。そうすれば、人間関係にストレスを感じたときでも、メンタルを良好に保つことができます。

メンタルの健康は、健やかに生活していくためにはとても重要なことです。何か異変を感じたら無理をせずにしっかり休むようにしましょう。そして、問題点にもきちんと向き合い、解決策を探ることが重要です。そうすれば、メンタルを強化しつつ人間関係をうまく構築できるようになっていきます。人間関係がうまくいかないときは誰にでもあります。そのため、「自分だけうまくいかない」と思い悩む必要はありません。ゆっくりと休んで状況を見つめ直せば、解決策も少しずつ見えてくるでしょう。無理をし過ぎずメンタルヘルスを大切にしながら、人間関係をうまく保っていけるように対策しましょう。



メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

メンタル・心理カウンセラーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
心理カウンセラー基本コース
資格を目指すコース!!
心理カウンセラー
人気講座
心理学資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

心理カウンセラープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
心理学資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

心理カウンセラー資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

心理カウンセラー資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座