メンタル・心理カウンセラーに関するコラム

メンタル・心理カウンセラー資格取得の通信教育講座

心理アセスメントとは?手順や方法を解説

 

心理アセスメントとは?手順や方法を解説

 

心理カウンセラーにとって心理アセスメントはとても重要なものです。心理アセスメントとは、どのようなものなのでしょうか。心理アセスメントは、心に問題を抱えている人の悩みを解決するために必要不可欠なものです。心理カウンセラーを目指すなら、心理アセスメントについてしっかりと理解しておいたほうがよいでしょう。

今回は、心理アセスメントについて詳しく解説をおこないます。心理アセスメントの意味だけでなく、手順や方法についても紹介するので、心理カウンセラーを目指している人はぜひ参考にしてみてください。

心理アセスメントとは

心理アセスメントとは、具体的にどういったものなのでしょうか。心理アセスメントは、クライアントの悩みを解決しようとする心理カウンセラーにとってはとても重要な意味をもつものです。まずは、心理アセスメントの概要についておさえておきましょう。

アセスメント=評価や判断

アセスメントとは、評価や判断という意味を示しています。そのため、心理学においてアセスメントという言葉は、カウンセリングや心理療法を用いて悩みを問診するという意味になります。クライアントの情報についてしっかりと情報を集め、それにより問題や解決策を提示するのが主な目的です。

今後の方向性を伝える

心理アセスメントは、今後の方向性を伝えるという役割を果たします。問題を明らかにするだけでなく、解決策をしっかりと提示することが重要です。そのため、情報収集はなるべく深くしっかりとおこなうことが大切になります。クライアントの未来を左右する可能性もあるため、心理アセスメントは慎重におこなわなければなりません。

心理アセスメントの手順

心理アセスメントをおこなうためには、どのような手順を踏む必要があるのでしょうか。ここでは、心理アセスメントの基本的な流れについて確認してみましょう。心理アセスメントでは、まず問診をおこないます。具体的には、クライアントと面談をおこなって相談内容を把握します。そのうえで、行動観察をおこなうこともあり、総合的な状況を判断できるように配慮しています。そして、次は本人だけでなく家族やまわりの友人にも話を聞いて、間接的な情報を集めます。また、心理テストをおこなって客観的に状態をみる場合もあります。こういった手順を経たのちに仮説をたて、所見をクライアントに伝えるという流れになっています。

心理アセスメントの手法と内容

心理アセスメントの具体的な手法としては、いくつかの種類があります。それぞれの違いについておさえておきましょう。

行動観察法

行動観察法は、行動を観察して情報を得る手法です。もっとも基本的な手法であり、実際に本人の行動の様子をみることで具体的な状況を把握するのに役立ちます。具体的にその人の問題点を見つけられる可能性もあるため、とても役に立つ手法です。

面痴去

面痴法は、話しをしながら悩みの要因を引きだす手法です。相手に質問をしながら、悩みの背後や奥底にある要因を探し出します。コミュニケーションの取り方が重要になる心理アセスメントの方法です。相手が話しやすいように質問の仕方を工夫する必要があります。また、話しやすい雰囲気づくりがとても重要だといえるでしょう。

心理テスト法

心理テスト法は、紙や道具を用いることでデータをとる手法です。心理テスト法にはさらにいくつかの分類があります。それぞれ似ている点もありますが、異なる手順を用いることでさまざまな状況を読み解くことができるようになっています。

 *質問紙法

質問紙法は質問が書かれた用紙に記入をおこない、それを査定する方法です。心理テスト法の中ではもっともメジャーな方法だといえるでしょう。

 *投影法

投影法は自分自身が感じたことを自由に回答してもらい、それをもとに本人の様子を判断する方法です。

 *作業法

作業法は単純作業をおこない、その様子を計測することで実施します。その人の作業効率を測ることで、性格や情緒を判定していきます。

心理テストをおこなう目的

心理アセスメントの手法のうち、心理テスト法はどのような理由からおこなわれているのでしょうか。心理テストといわれると占いに近いもののように感じられますが、心理学における心理テストはきちんとした根拠に基づいておこなわれるものです。ここでは、心理アセスメントにおいて心理テストをおこなう理由についてみてみましょう。

知能・能力・性格などの多方面から判断できる

心理テストをおこなうと、多方面からクライアントの素質を判断することができます。知能や能力のほか、正確についても読み解くことが可能です。正確にその人の内面を読み解くことができるため、心理テストは非常に有用なものとして活用されています。ここで分かった内容をもとにして問題の解決を目指すと、より正しい道筋を見つけられる可能性が高くなるでしょう。そのため、心理テストはとても重要な役割を果たします。

深層心理まで知ることができる

心理テストをおこなえば、クライアントの深層心理も明らかにすることが可能です。その人の表面にはあらわれていない部分についてまでしっかり見ることができるため、心理アセスメントにおいてはとても役に立ちます。ただ話を聞いたり行動を見たりするだけでは、場合によっては見落としてしまう部分があるのも事実です。心理テストを用いて深層心理を明らかにすると、どういった思考により言動しているのかについても理解しやすくなります。そうなれば、実際の言動の理由も見えてくるため、より問題を解決しやすい状況にもっていくことができます。

心理アセスメントは心カウンセラーにとってとても重要なもの

心理アセスメントは心カウンセラーにとってとても重要なもの

 

心理カウンセラーを目指すなら、心理アセスメントについてしっかりと理解しておいたほうがよいでしょう。心理アセスメントはクライアントに対して一度おこなえばそれで済むというものではありません。必要があれば何度もおこなうことで、その人の本質を理解していきます。そうすることで、表面にはあらわれていないその人の深層心理までしっかりと理解することができるようになるでしょう。心理アセスメントはその人自身のことをしっかりと理解するためのものです。そのため、心理カウンセラーはしっかりとクライアントに向き合い、親身になって寄り添うことが必要になります。心理アセスメントを丁寧におこなえばクライアントもカウンセラーに対して信頼を寄せることができるようになるため、より具体的な話を引き出せるようになるでしょう。

心理アセスメントにおいては、さまざまな手法があります。行動観察法なら実際にその人の様子をみて言動の特徴をつかむことが可能です。また、面痴法であれば、相手と対話を重ねることでその人の気持ちを引き出すことができます。さらに、心理テスト法であれば、科学的な根拠に基づいてその人の内面を詳しく読み解くことができるようになっています。それぞれの手法をどのように使い分けるかべきかについては、クライアントによっても大きく異なります。心理カウンセラーとして心理アセスメントを実施するなら、それぞれの手法の利点についてしっかりと理解しておきましょう。そして、適切なアドバイスができるように心理アセスメントを実施するようにしてください。



メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

メンタル・心理カウンセラーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
心理カウンセラー基本コース
資格を目指すコース!!
心理カウンセラー
人気講座
心理学資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

心理カウンセラープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
心理学資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

心理カウンセラー資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

心理カウンセラー資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座