メンタル・心理カウンセラーに関するコラム

メンタル・心理カウンセラー資格取得の通信教育講座

心理カウンセラーの仕事内容とは?

 

心理カウンセラーの仕事内容とは?

 

心理カウンセラーは、心のスペシャリストとしてたくさんの人の相談に乗ります。とはいえ、具体的にはどのような仕事をしているか知っているでしょうか。なんとなくイメージができても、詳しいことは分からないという人も多いはずです。心理カウンセラーが活躍する場所は意外と多く、さまざまな人の役に立っています。

そこで今回は、心理カウンセラーの仕事内容について詳しく紹介します。心理カウンセラーに興味があるなら、ぜひこの機会に心理カウンセラーの仕事内容について理解しておきましょう。

心理カウンセラーとは?

心理カウンセラーとはどのような仕事をする人のことなのでしょうか。まずは、心理カウンセラーの仕事の概要についておさえましょう。

メンタルについてのスペシャリスト

心理カウンセラーはメンタルについてのスペシャリストです。人間の心の仕組みをしっかりと理解し、どうすればどのような状況になるといったことを細かく勉強しています。そのため、メンタルに問題が起きた場合の対処法についてもアドバイスすることが可能です。

悩みを抱えている人の相談にのる

心理カウンセラーは、悩みをもつ人に適切なアドバイスをおこないます。心の動きの仕組みを詳しく理解しているため、問題に対する解決策を提示することができます。悩みを抱えている人に寄り添いながら、状況を分析することでその人に合った問題解決を目指していきます。

心理カウンセラーの仕事内容

では、心理カウンセラーの具体的な仕事内容としてはどのようなことがあげられるのでしょうか。ここでは、心理カウンセラーの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

あらゆる場面で心をサポートする

心理カウンセラーはあらゆる場面でメンタルの問題をサポートすることができます。人によって生活パターンは多種多様であるため、それぞれ問題が生じている背景は異なります。それを踏まえたうえで、その人に合った解決策を導くのが心理カウンセラーの仕事です。

専門的な知識でふさわしい解決法を一緒に見つける

心理カウンセラーは心理について専門的な知識をもっています。それを活かしてクライアントの心の問題を解決します。単なる悩み相談なら誰でもできますが、心理カウンセラーはその知識をフル活用することでより専門的なアドバイスをおこないます。悩みを抱えているときの注意点などにも配慮することができるため、悩みを適切な手順で解決に導くことが可能です。

勤める場によって仕事内容に差がでてくる

心理カウンセラーが活躍する場所はたくさんあります。そのため、勤める場所によって仕事内容には大きな違いが見られます。たとえば、総合的な民間のカウンセリング機関であれば、生活や仕事に関する幅広い悩みに対応することになるでしょう。また、恋愛カウンセラーや虐待やDVなどの命に関わるカウンセラーとして働いている人もいます。そういった場合は、よりピンポイントな悩みに対して解決策を提示することが多くなるでしょう。就職先を選ぶなら、自分がどのような心理カウンセラーとして働きたいか考慮することが大切です。

心理カウンセラーの活躍の場

心理カウンセラーとして活躍するのは、具体的にはどういった場所があげられるのでしょうか。心理カウンセラーはさまざまな分野で活動しています。ここでは、心理カウンセラーが活躍する場について見てみましょう。

医療機関

心理カウンセラーの中には医療機関で働いている人も多いです。具体的には、病院やメンタルクリニックなどがあげられます。心に問題を抱えて医療機関を訪れた人について話を聞くなどし、問題解決に向けたアドバイスをおこないます。

教育

心理カウンセラーは学校で活躍することも可能です。多くの場合はスクールカウンセラーとして、定期的に学校を訪れることになるでしょう。学校にもさまざまな生徒がいるため、ときには悩みを抱えている子どももいます。そういった子どもの気持ちに寄り添うことで、学校生活を円滑に送れるようにサポートするのが心理カウンセラーの役割です。

司法

心理カウンセラーは司法においても活動することがあります。司法の現場においては、虐待やDVなどにより、心に傷を受けている人もいるのが現状です。そういった人の心の傷に寄り添うことで、円滑に日常生活を送れるように支援する役割が求められています。

一般企業

心理カウンセラーは一般企業で勤務する場合もあります。心理を扱う企業であれば、一般の会社員と同じような働き方をすることもあるでしょう。また、企業専属の心理カウンセラーとして勤務する場合もあります。その場合は、その企業で心の問題をもつ人からの相談を受け、問題解決に向けたアドバイスをすることになります。

福祉

心理カウンセラーは福祉でも活躍することが可能です。たとえば、福祉施設に勤務してそこで活動する人々の悩み相談を受ける場合もあります。それぞれの人が健やかに過ごすことができるよう、アドバイスや励ましをおこなうのが主な仕事です。

心理カウンセラーのやりがい

心理カウンセラーになった場合、どのようなやりがいがあるのでしょうか。心理カウンセラーとして活躍することができれば、多くの人を支えることができます。それによって生じる具体的なやりがいについて例を見てみましょう。

他人の人生をサポートして道しるべとなる

心理カウンセラーは他人の人生をサポートする役割を担います。その人自身が自分では解決しきれない問題にぶつかったときに、一緒にその問題と向き合うのが仕事です。そして、問題を整理することで解決策を提示します。物事に悩み過ぎてしまうと、どうしても周りが見えなくなってしまうものです。そんなときに心理カウンセラーがうまく問題をひも解くことで、その人の道しるべを示すことができます。人の人生にここまで寄り添うことができるのは、心理カウンセラーならではのやりがいだといえるでしょう。

責任感と充実度の高い仕事

心理カウンセラーの仕事には、強い責任があります。人の人生そのものを左右する立場にもなりうるため、常に適切な判断とアドバイスをおこなわなければなりません。その分、相談者自身が問題を解決したり乗り越えたりできたときには、本人と同じくらいよろこびを感じられるはずです。そういった点から考えると、とても充実度の高い仕事だといえます。

心理カウンセラーの仕事内容は多くの人を救っている

心理カウンセラーの仕事内容は多くの人を救っている

 

心理カウンセラーになると、たくさんの人をサポートすることができます。活躍の場は非常に幅広いため、需要もとても高いといえるでしょう。悩みをもつ人に寄り添うことで、その人の人生そのものを支えることができます。心理カウンセラーの仕事は人の人生に大きく関わる分、責任が重いのも事実です。とはいえ、その分、非常に大きなやりがいを感じることができます。心理カウンセラーとしてでなければ味わうことのできないことも多いといえるでしょう。心理カウンセラーになれば、たくさんの人の人生をサポートすることが可能です。仕事としても非常に充実した感覚を得ることができるでしょう。心理カウンセラーになるには、もちろんしっかりと勉強することが必要不可欠です。正しい知識を身につけ、一人前の心理カウンセラーとしての活躍を目指してみてはいかがでしょうか。



メンタル・心理カウンセラーに関する記事一覧

メンタル・心理カウンセラーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
心理カウンセラー基本コース
資格を目指すコース!!
心理カウンセラー
人気講座
心理学資格

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

心理カウンセラープラチナコース
資格を楽に取得!!
簡単資格取得
心理学資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、完全攻略テキスト01、完全攻略テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

心理カウンセラー資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

心理カウンセラー資格講座について

各種ランキング

オススメ通信教育講座一覧
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座