• TOP
  • 通信講座を探す
  • 通信講座一覧
  • ランキング一覧
  • 受講生の声
現在位置
通信教育・通信講座SARAトップ > 心理・カウンセラーの資格取得講座一覧 > 音楽療法資格取得講座 > 音楽療法の仕事をするには

音楽療法に関するコラム

音楽療法資格取得の通信教育講座

音楽療法の仕事をするには?必要な資格や働き方をチェック!

音楽療法の仕事をするには?必要な資格や働き方をチェック!

音楽療法は、近年特に注目されるようになっています。音楽の力で人を癒したり、状況を改善したりすることが可能です。そのような音楽療法を仕事にするには、どのような方法があるのでしょうか。音楽療法を仕事にすることができれば、仕事から大きなやりがいを感じることができるようになるでしょう。

今回は、音楽療法の仕事をするにはどうしたらいいかについて説明します。音楽療法を仕事にしたいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

音楽療法の仕事に携わる方法

音楽療法は、音楽の力でさまざまな人の役に立てる素晴らしい仕事です。音楽療法の仕事に携わるには、どのような方法があるのでしょうか。まず、音楽療法の仕事に携わるためには、音楽についてはもちろん、医療や福祉とともに、心理学に関する幅広い知識が必要であることを理解しておきましょう。そのため、きちんと勉強して知識を身につけることが求められます。音楽療法を仕事にするためには、国家資格は取得する必要はありません。しかしながら、専門的な学校に通って専門知識やスキルを身につける必要があるでしょう。また、通信講座などで民間資格を取得するというのもひとつの方法です。

音楽療法の資格を取得するには?

音楽療法に関する資格を取得するためには、どのような方法があるのでしょうか。音楽療法を仕事にするために資格は必須ではありませんが、できれば資格を取得しておいたほうがよいでしょう。音楽療法を受ける相手にも、資格をもっている人のほうが安心してもらいやすいです。音楽療法の資格を取得する方法は、大きく2つあります。ここでは、音楽療法の資格を取得する方法について確認しましょう。

試験の受験

音楽療法の資格を取得する方法としては、日本音楽療法学会の試験に合格することがあげられます。この試験を受験するためには、受験資格が必要です。具体的には認定校を卒業すること、または臨床経験5年以上、約2年半の講習会受講などがあげられます。これからゼロから音楽療法を仕事にしたいと思っている場合には、少しハードルが高いと感じられる条件かもしれません。すでに音楽療法に近い知識やスキルをもっている人であれば、それを生かすことで日本音楽療法学会の試験合格を目指すこともできるでしょう。

通信講座の受講

音楽療法の資格を取得するには、通信講座を受講するという方法もあります。通信講座には、音楽療法について学べるコースも用意されています。音楽療法について学べる資格としては、「音楽療法インストラクター」や「メンタル心理ミュージックアドバイザー」などがあります。ほかにもいろいろな資格があるので、どのような仕事がしたいのか具体的に考えながら資格を選んでみましょう。通信講座を受講すれば、これらの資格をスムーズに取得することが可能です。現在は音楽療法にはあまりかかわりのない仕事をしている場合でも、通信講座なら働きながら勉強することができます。そのため、誰でも音楽療法の仕事を目指すことが可能です。通信講座による資格取得は、すでに医療や福祉の現場で働いている人も実践するケースがあります。きちんと勉強すれば、しっかりとした知識やスキルを身につけることができるでしょう。

音楽療法の仕事をするには?

音楽療法の仕事をするには、どうすればいいのでしょうか。音楽療法の仕事と一口にいっても、さまざまな仕事があります。音楽療法の知識やスキルを生かして働ける場所にもいくつか種類があります。ここでは、音楽療法を取り入れて仕事をする方法について説明します。働く場所についても紹介するので、自分自身がどのような働き方をしたいか考えながら、音楽療法の仕事について確認してみてください。

職業の呼び方

音楽療法に関わる仕事には、さまざまな種類があります。そのため、それぞれの呼び方もさまざまです。たとえば、音楽療法に関わる職業としては、音楽療法士のほかにも、音楽療法インストラクターやメンタル心理ミュージックアドバイザーなどがあります。加えて、音楽セラピストやミュージックセラピスト、音楽心理士などよばれるものもあります。これらの職業の呼び方は、資格の名称にも左右されます。資格の内容によって網羅できる内容も微妙に異なるので、音楽療法に関わる仕事をしたいと考えるなら、どのような資格が合っているのかよく考えたうえで選んだほうがいいでしょう。

仕事内容

音楽療法を仕事にする場合、さまざまな仕事をすることになります。基本的には、対象者に合った音楽プログラムを考えたり選んだりし、その人の心や体の状態に合わせたケアをおこなうことが求められます。対象者はもちろん、一緒に対象者を支える職員とともにしっかりコミュニケーションを取りながら仕事を進める必要があります。そのため、音楽療法の仕事に就くなら、周囲とうまく協力できるかどうかも重要な適性となります。

音楽療法の仕事をする場としては、医療機関や福祉施設があげられます。病院では患者の苦痛や不安を和らげるための方法として、音楽療法を取り入れているケースがあります。音楽療法を受けることで、患者はスムーズに治療を受けることが可能になります。そのため、音楽療法はとても重要な役割を果たすといえるでしょう。また、音楽療法は介護施設でも多く取り入れられています。介護施設において音楽療法を取り入れると、心身に対してよい刺激を与えることが可能です。さまざまな問題を抱えている施設の利用者に対して音楽療法を実践することにより、その人の問題を解決する手助けができます。音楽療法の知識やスキルを身につければ、そのようにやりがいのある仕事に就くことができます。

音楽療法の資格を取得して仕事にしよう

音楽療法の資格を取得して仕事にしよう

音楽療法を仕事にすることができれば、仕事から大きなやりがいを感じることができるはずです。音楽療法は一見、単なるレクリエーションのようにも思えますが、実際にはさまざまな高い効果をもっています。音楽療法の知識やスキルを身につけることができれば、たくさんの人の心身の状態を改善するための手助けをすることができるでしょう。特に音楽や心理学など音楽療法に関係のある知識をもっている人であれば、音楽療法の知識やスキルを身につけることで活躍の場をさらに広げることもできます。自分の能力を生かしてたくさんの人の役に立つことができるというのは、仕事をする上でとても嬉しいことですよね。

もちろん、音楽療法に関する知識やスキルは簡単に身につけられるものではありません。特にゼロからすべての知識やスキルを身につける場合には、それなりに努力も必要です。また、知識やスキルさえあれば仕事ができるというわけではなく、音楽療法を仕事にするためにはコミュニケーション能力も求められます。特に音楽療法を必要としている人は、周囲の人とのかかわりに困難を抱えている場合も多いです。そのような人とスムーズにコミュニケーションをとるためには、相手の気持ちをしっかり考えられる能力も必要だと言えるでしょう。音楽療法の仕事は責任をもって相手の状況に寄り添える人が向いています。音楽療法に関する知識やスキルをしっかりと身につけて仕事に就き、たくさんの人の役に立つことを目指してみてはいかがでしょうか。

音楽療法を学ぶなら

音楽療法通信講座

SARA の音楽療法資格講座は 2 種類の音楽療法資格に対応した資格取得可能です。
更に、プラチナコースなら講座終了時の課題を提出するだけで試験免除で資格取得が可能です。

資料請求はこちら


音楽療法に関する記事一覧

音楽療法についてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!
音楽セラピスト 基本コース
音楽療法資格を目指すコース!!
音楽療法人気講座
音楽療法資格

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回

受講料 試験対策 59,800円

音楽セラピストプラチナコース
音楽療法資格を楽に取得!!
簡単資格取得
音楽療法資格
卒業時に試験免除で資格が認定されます!

ガイドブック、受講証、受講カード、学習テキスト01、学習テキスト02、練習問題集/解答、模擬試験/解答、添削課題(5回分)、質問用紙、封筒、卒業課題

期間 6ヶ月(最短2ヶ月)  添削 5回 卒業課題+1回

受講料 資格保証 79,800円

音楽セラピスト資格取得講座の資料請求・受講申し込みはこちら

資料請求(無料)

受講お申し込み

音楽療法資格講座について

各種ランキング

saraスクールジャパン
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座
通信教育・通信講座のSARAスクール資格講座