通信教育・通信講座のSARAスクールジャパン

講座で学ぶ知識~癒しに適した音楽~

音楽セラピスト 基本コース / プラチナコース

講座で学ぶ知識

癒しに適した音楽

イライラしているとき

イライラした気分を解消するためには、そのイライラと同じ強さを持った音楽が必要です。たとえば、怒ったときに扉をおもいきり“ バタン!” と閉める強さや、陶器のお皿を壁に投げつけるような激しさです。イライラが強ければ強いほど大音響でテンポの速い音楽が必要でしょう。旋律よりも、音の激しい動きとリズムの速さのある音楽は交感神経を刺激して、イライラを軽減するといわれています。また、聴きながら体を揺らしたり、部屋の中をうろうろしたりなど、聴いているときに体を動かすのもイライラを鎮めるのに効果的です。

image07

不安なとき

不安や恐怖の要素は、すぐに解決できないものである場合もあります。「そんなこと今考えたってしかたがない」というようなものは、本当にそう思い、ポジティブに生活ができるのであればよいのですが、不安の要素や解決策と向き合わずにいると、いつの間にかその実体を忘れてしまい、不安の記憶だけが残り、それに捕われるといったこともあります。つまり、不安とは“ 心が解決を求めている状態” といえます。それに対処する音楽は情緒的に明るさを訴えるようなものがよいでしょう。あまり深刻でない音楽、軽く明るい音楽、明快なメロディでリズミカルな音楽、このような要素を持つ音楽がよいと思われます。心が弾むような楽しさの要素を持つ音楽は、心の風通しを良くし不安の解消につながります。合わせて、いろいろなことを思い出し、回想するのもよいでしょう。

image08

受講費用

基本コース

59,800円(税込・送料無料)

プラチナコース

100%資格取得!!

受験料・事務手数料コミコミ!

79,800円(税込・送料無料)

  • 資料請求(無料)
  • 受講お申し込み

音楽療法によってどのようなことが期待できるのでしょうか?先ほどにも少し言いましたが、心や体そして、脳にも刺激を与えることが出来るのです。音楽を聴くことによって気持ちが落ち着き、ついつい口ずさんでしまうことがあります。その口ずさむことで、今まで考えていたことを少しの間でも忘れることが出来、リラックスすることが出来るのです。更に、音楽を聴いていると、リズムに合わせて動いたり手を動かしたりすることがあると思います。そうすることで、特に高齢者は今まで動かなかったのが動くようになります。リハビリの代わりになるのです。脳への刺激と言うのは、全身は脳の細胞と直結しています。なので、どこか一部でも動かすことによって神経を刺激し脳を動かすことになるのです。このように体全てに対して刺激となり色々な効果が見られるのです。どんな人でも音楽を聴く機会は多いと思います。自然と音楽を聴いていると言う人も自然に癒されていると言うことです。私たちの生活の中では、音楽はなくてはならない物です。ですが、人には好きな音楽と嫌いな音楽があると思います。嫌だと思う音楽はなかなか耳には入ってこず、聴きたくないと思う物です。なので、まずは自分の好きな音楽でないと癒しの効果はあまり見られないと思います。
自分の好きな音楽を見つけ、ゆっくりできる場所で音楽を聴きましょう。そうすることで、リラックス効果が増加します。

  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ