犬のブリーダーの仕事内容とは?

 

犬のブリーダーはどのような仕事をしているのでしょうか。ブリーダーは、毎日犬の世話をしながら繁殖を行っています。そのようにして生まれた子犬を販売することで収入を得ていくのです。ブリーダーとして働くためには、犬について詳しい知識を持ち合わせている必要があるといえます。

犬のブリーダーはどのように仕事を行っているのでしょうか。一口にブリーダーといってもさまざまなタイプがあります。今回は犬のブリーダーについて、仕事内容やその流れについて説明します。ブリーダーに興味があるなら要チェックです。

ブリーダーの仕事内容は?

犬のブリーダーの仕事内容とは?

 

ブリーダーはどのような仕事をしているのでしょうか。具体的にみていきましょう。

ペットの繁殖や品種改良を専門に行う仕事

ブリーダーとは、ペットの繁殖や品種改良を専門に行う仕事です。そのため、ブリーダーになるためには犬に関する深い知識が必要になります。動物の交配のしくみや育て方など、さまざまなことについてしっかり学ばなければなりません。ブリーダーになるために絶対に取らなければならない資格というものはないです。しかし、それでも犬についてしっかりとした知識を得るためには、資格取得を1つの目標にしてみるのもよいでしょう。また、ブリーダーは子犬の販売も行うため、そういったビジネス的なスキルも必要になってきます。仕事として行うからには、よい子犬を育てて適正な価格で販売するところまでしっかり行わなければなりません。

交配から出産まで行う

ブリーダーは犬の交配から出産までの全てを行います。命が関わるためとても責任ある仕事です。ペットへの需要は高いため、魅力的なペットを生み出すことが期待されています。血統書付きの犬を専門に扱うブリーダーもいます。いずれの場合も、計画的に交配や出産を進められるようしっかり管理しながら行っていく必要があります。

健康管理・健康維持

ブリーダーは、親となる犬や生まれた子犬の健康を守るという役割も果たさなければなりません。犬の健康を管理し、それを維持するためには犬の健康について正しい知識を身に付けておく必要があるでしょう。思い込みなどで対処すると、取り返しのつかない事態になる可能性も十分にあります。また、ブリーダーの仕事では犬の健康状態そのものが収入にも大きく影響するため、健康について徹底的に配慮することが重要だといえるでしょう。

出生した子犬を販売して収入を得る

ブリーダーの仕事には、子犬を販売して相手に渡すことも含まれます。販売ルートを確保して、子犬を適切に購入者に渡さなければなりません。子犬を販売することによってようやくブリーダーとしての収入を得ることができます。子犬を販売する際はきちんとその子犬について説明を行い、子犬を適切に育ててもらえるように配慮することが重要です。ブリーダーとしての責任をきちんと果たすためには、子犬を引き渡した後のことにまで配慮するのが望ましいといえるでしょう。

ブリーダーの種類や働き方

一口にブリーダーといっても種類や働き方はさまざまです。それぞれについて詳しくみていきましょう。

日常的な世話や繁殖と販売を行う

ブリーダーの基本の仕事は、犬の世話や繁殖、販売です。どんなタイプのブリーダーもこういった仕事を行っています。犬の世話をしながら繁殖を行っていくのは、かなり大変です。犬に関する知識とともに、体力も必要だといえます。ブリーダーは犬の生活の全てを見守ることが求められているので、まとまった休みをとるのは難しいといえるでしょう。ただし、その分やりがいも大きいといえます。

コンテストやショーに参加する

ブリーダーの中には犬をコンテストやショーに参加させる人もいます。この場合、特定の種類を専門にしていることが多く、血統書付きの犬を販売している場合がほとんどです。コンテストやショーでチャンピオン犬などになると血統書にも記載することができ、評価や値段も上がります。

自宅のペットを繁殖させて販売する

ブリーダーというと専門的な仕事のように思えますが、なかには自宅のペットを繁殖させて販売しているという人もいます。ブリーダーとして動物を販売するためには特別な資格が必須というわけではないため、手続きによって許可を取ることができれば誰にでも可能です。そのため、きちんと手順を踏めばブリーダーとして仕事をするのも難しいことではありません。

個人経営が多いブリーダー

ブリーダーは大規模な経営をしているところもあります。しかし、基本的には個人経営で行っている人が多い仕事です。大変な仕事ではありますが、自分自身の努力次第では、たくさんの健康的な犬を多くの人に届けるというやりがいの大きい仕事を実現することが可能です。

小規模で行う場合が多いのはなぜ?

ブリーダーは犬の交配、出産、健康維持などの一連の流れを全て行う必要があります。犬についてきめ細かい対応をするためには、それぞれの工程を細分化せずに行ったほうがよいといえるでしょう。こういった理由から、ブリーダーは小規模で行うことが多いです。少ない犬を丁寧に育てることで、健康的で質の高い犬を販売することにつながっています。小規模で犬を育てるのは大変なことも多いですが、血統書付きやチャンピオン犬などこだわりをもって育てた犬ほど高値で販売することができるため、あえて小規模で繁殖を行っているというブリーダーは多いです。

ペットショップなどの仲介業者を挟まないブリーダーも増えている

最近ではペットショップなどの仲介業者を挟まずに子犬の販売を行うブリーダーも増えてきています。人脈を頼るだけでなく、インターネットを介して子犬を販売することも可能になっています。インターネットなど対面できない販売ルートの場合でも、必ず一度は直接子犬についての説明をしなければならないことになっています。そのため、ブリーダーもお客さんも安心して子犬のやり取りを行うことができるしくみとなっています。インターネットをうまく活用することができれば、ブリーダーとしての人脈などに自信がない場合でもしっかりと販売ルートを確保することができるでしょう。

ブリーダーとは犬を繁殖して販売する仕事のこと

ブリーダーとは犬を繁殖して販売する仕事のこと

 

ブリーダーは犬の世話をしながら繁殖させ、生まれた子犬を販売することで生計を立てていきます。ブリーダーは犬の命にかかわる仕事であるため、責任が大きくて大変なことも多い仕事です。普段の犬の世話だけでも犬に関する深い知識が必要ですし、体力もいります。また、とくに個人でブリーダーの仕事を行う場合は、何かが起きても全て1人で対処しなければなりません。冷静な判断力と犬の命を預かるという自覚が必要だといえるでしょう。

ブリーダーの仕事は大変なことが多い分、やりがいも大きいといえます。元気な子犬が生まれたり、それを買い手がよろこんでくれたりしたときには、ほかには代えられないやりがいを感じられるはずです。このように、ブリーダーの仕事は犬に深く関わりたいという人にとっては、とても意義のある仕事だといえます。簡単な仕事ではないですが、覚悟があるのであればきちんと手続きを行うことでブリーダーの仕事を始めることが可能です。犬が好きだという気持ちを活かして知識を深め、ブリーダーの仕事を始めてみてはいかがでしょうか。

ブリーダーに関する記事一覧

 

 

 

 

ブリーダーについてもっと知りたい、勉強して理解を深めたい、資格を取得して仕事に活かしたい方は、SARAスクール通信講座がおすすめです!


  • よくある質問
  • 個人情報保護方針
  • 特定商取引法に基づく表記
  • 著作権・免責事項について
  • サイトマップ
TOPへ